スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとうございました。

29791004_1800402956927772_6339465272478238011_n.jpg

29791964_1800403023594432_7987586010232861238_n.jpg

29598364_1800402973594437_8707162748481589053_n.jpg


この前の投稿で、
春は別れなんてことを打ったけども、

その打った日にも
娘らのラインには「もしかして」みたいな文字もあったり、

その「もしかして」は
4月1日に確定となって、

おそらくは、
この乙訓吹奏楽界に
激震をもたらしたのではないかと。

もう10年以上も
娘らの通っていた中学の数学教師として勤務し、

その中学吹奏楽部を
乙訓一の強いチームに育てた顧問の先生が
異動すると。


そんだけ長いこと
同じところにいるとゆうのは
なかなかないことやし、

ここ数年間ずっと
「もう動くんやないか??」とゆう噂は流れていて、

いまの高3が中2で吹部にいた時も
「もしかしたら来年の定演は
シンジの指揮ちゃうかも知れんらしい、
そんなん嫌やー」
とかゆうてたくらいやし、

ゆうたら、
やっとそれがほんまになったゆうとこで。


miyanさんが
その先生と初めて会ったのは、

いまの大4が小学校6年の時、
PTAの副会長をやってて、

PTAの秋のイベントに
中学吹部の演奏をお願いする、
その打ち合わせの小学校校長室。

miyanさんが楽団に在籍し、
家でもホルンの練習をしているmiyanさんを
いつも見ていた小6娘は、
中学では吹部でホルンを吹くと決めていて、

打ち合わせ後、
先生に
「ウチの娘が吹部でホルンを吹きたいと言ってます」
とかなんとかゆうてみたら、

「ホルンは難しい楽器なんで」

とかゆわれて、
それがすごく冷たく感じて、

「あーアタシこの先生嫌い」って
秒で思ったとゆう、

それが
その先生の第一印象。


上の娘も下の娘も中学吹部に入り、
ホルン吹きとして、
計6年間、
その先生にお世話になった。

クラブ参観に行って、
合奏を見る。

ひとつひとつの言葉がキツイ。

親の前だろうと関係なしに、
「君はもう吹かんでええ」とか
普通にゆうたはる。

娘らに、
「あんなキツイ合奏、
よーアンタ出てられるよな」とか
家で何度もゆうたなと思う。

実際、
娘らも
「ホルン出て行け!!」とか、
「ペーペー吹くな!!」とか、
キツイことはたくさんゆわれたとゆう。


でも、
娘らもそうやけど、

たぶん、
先生が関わった部員全員が、
先生のことを大好きだ。

どんなにキツイ言葉を投げられても、
それを上回る何かがあったんだろう。

何かがあったからこそ、

大4が中2でアンコン、
高3も中2で吹コン、

関西大会までいくことができたんだろうなと思う。


高3なんて、
その吹コンの練習の時、
ほんまにしんどかったもんな。

家でも何度も泣いてたもんな。

スマホに残ってた
コンクールの写真。

あんだけしんどいゆうて泣いてた子が、
立派に本番を終えた時の、
満面の笑顔の写真。

三枚目に載せてる写真は、
関西の前に先生からもろたとゆう
部員一人一人に宛てたメッセージ。

高3があの時、
ツライ想いで練習に出ていたこと、

そんなんもちゃんと
分かってはったんやろな。

厳しいだけじゃない、

その中にある
あたたかい何かを、
娘らもみんなも知っていて、

だから、
大好きやったんやろなと。


異動を知った娘らは昨日、
離任式に出るために中学へ行かはった。

離任式後に
お別れ演奏があったと。

曲目は「卒業写真」。

定演の最後に、
3年生を送るために演奏する曲。

miyanさんも
娘らがそれで送られる時、
号泣したやつ。

昨日はそれで、
先生が送られたと。


最初の出会いから
ええ印象ではなくて、

参観もそうやし、
保護者会の役員をした時も、

miyanさんは結局ずっと、
好きにはなれない先生だったけど、

でも娘らには、
素晴らしい先生だった。

きっと、
親には教えられない、
たくさんのことを教えてくれたんだろうなと。


いまでも娘らのココロには、
吹部3年間の思い出が
キラキラと残っています。

おかげさまで娘らは、
少々のことではへこたれない、
ちゃんと頑張れる子に成長しています。

娘らの先生であってくれて、

ありがとうございました。


ただショックなのは、
異動先が宿敵の中学、

宿敵の吹部であると。

乙訓吹奏楽界、
今年からの夏の動向が、

吹奏楽コンクール、
中学の部が楽しみだ。


スポンサーサイト

晴れ姿。

15894505_1625273081107428_797984650319123770_n.jpg

15940357_1625269754441094_7489838238214970498_n.jpg

15895014_1625269734441096_8547277503250520968_n.jpg


この子が三歳の時、
おかんがかけてくれた学資保険があって、

それ、
ハタチの三月に満期になるやつで、

それかけたって
おかんから聞いた時、

「いま三歳のこの子がハタチになるって
 どんな先やねん!!」
ゆうて笑ってて、

でもそれが
今年の三月に満期になるんやと。

こないだ店でおかんとそんな話してて、

20年か・・

アッとゆう間やったようで
いやいや
ゆうていろいろあったんやろし
やっぱ長かってんて、

でもやっぱ
アッとゆう間やったんかなぁ・・。


三年前くらいやな、
いきなり「成人式はコウメと行くねん!!」とかゆうてて、

「や、
 成人式に彼氏と行くとか
 そーゆう選択肢はないんかい」ってゆうたら、

「なんで成人式に彼氏と行かなあかんのん!!」。

その宣言通り、
中学吹部時代から
いまでもずっと仲良しのコウメとか、
吹部仲良しグループで
今日はずっと一緒にいるんやと。

もうそろそろ・・
女友達ばっかやなくってさ・・

彼氏欲しいとか
そんなん思ってもええんじゃなかろうか・・。


着物は
お義母さんが買ってくらはった。

帯は
miyanさんが成人式の時に
おとんが買ってくれたやつ。

あん時バブルやったからな・・
100万くらいしたやつ・・。

着物を選ぶ時、
「かーちゃんの帯に合うやつ選ぶから」ゆうてくれて、

「あれ使ってくれるんかぁ・・
 好みもあるやろにありがとうなぁ・・」ゆうて
おかんが感激して泣いてた。

167cmの大柄によく似合う色柄、
帯も映えてキレイっしょ??

今朝8時に
ずっと世話になってる美容院に
着付けとヘアメイクをしてもらいに行って、

美容師さん、
実はmiyanさんのママ友やねんけど、

すごい娘らをかわいがってくれてるから、
めっちゃ丁寧にしてくらはったんやろな。
髪もかわいいかわいい。

あ、
ショールもmiyanさんが使ったやつ。

おかん。
こーゆうのん、
孫用にキレイに置いててくれてたんやなー。


11月に
着物買った店で前撮りは済ませてて、
家族写真も撮ったでね、
今日はこんな写真だけでええねん。

写真代な・・
リーズナブルなアルバムつけて10万やぞ・・

ガールズのママ、
覚えときな・・。


式典・・
もう終わってるよな・・。

式場前で懐かしの友と会ったりして、
キャーキャーゆうてるんやろな
きっと。

夕方からは京都のホテルで
中学の同窓会的なパーティーなんやと。

着るワンピ買うからゆうて、
miyanさん
こないだ梅田に連れてかれましたわ。

ワンピとパンプスは買ったけど、
アクセは節約、
ニッセンで買ったmiyanさんのパールつけてけ
ゆうてね。


高1が
「ええなー楽しそうやなー」
ゆうて羨ましがってて、

「そやけどきっとアンタもアッとゆう間やわ」
ってな。


それが実は、
この子の誕生日は明日でさ、
やし実はまだ19やのな。

うん。
明日がちゃんとハタチ。

miyanさんな、
この子が小さい時からの夢があってん。

ハタチの誕生日に「おめでとう」ゆうて
ビールで乾杯するゆう夢。

それがさ、
いまmiyanさん、
顔のことで禁酒中でさ、

ちょっとくらいいいかなとか思ったけど、
15日が演奏会で
司会もやるわけやん??

これ以上腫らしでもしたら
エライことなんよな・・。

ほんまな!!
めっちゃ!!
乾杯を楽しみにしてたけど!!

しゃーなし・・
我慢しようと思って。

だってさ、
ちっこいことやん。

あふれるほどの愛情を受けて、
すくすく健康に立派に育って、

悪気はないんやけど
とっきどき何気なしにキツイことゆうて
怒られたりとかはあるけど、

ばーちゃんの誕生日には
誰にゆわれんでもおめでとうメールを送って、

親に心配かけるようなこと
いま全くなくて、

将来のこともちゃんと考えてて、
ゼミに通ったりして一生懸命やし、

ほんまな、
ええ娘さんに育ってくれてさ、

この日を
こんな幸せに迎えることができてさ、

やし、
乾杯でけんことくらい、
ちっこいちっこいことやんな。


これな、
FBとかミクシのつぶやきでいいかなって
軽く打ち始めてんけど、
やっぱ時間かけてでもココに記そうと思ったのな。

彼女にも、
miyanさんにも、
人生の節目の出来事やしなーって。

ブロガーやけんw




追記

帰ってきたよ。

15977295_1625273154440754_6413610487709877310_n.jpg

15894945_1625273184440751_3616564970837013369_n.jpg

娘が撮った
きなことの自撮り。

かわいすぎ!!(きなこが)

成人お祝いメールをくださいました方、
ありがとうございました!!




祝う。

備忘録的に。


9月、
3年生部員、
吹部を引退。
受験体制に入る。

が、
ウチの中3も含め、
どの子もまだまだボーッとしてたんやない??

以降の土日、
友達と連れ立って学校見学へ数校。

彼女は最初から公立志望やったけど、
お姉ちゃんのように「どうしてもココに行きたい」と思う私立が見つかれば
そこに行けばええとゆう親のスタンス。
京都にはええ私立が多くある。

勉強は好きではなかったけど、
将来のことを考えるのは好きな彼女。

彼女の夢はいまも変わりないので、
その道を進めばいいと応援する。

けど、
高校から
その専門科に進むのはどうかと話し合った。

結果、
公立私立含め
普通科を受験することに決める。
高校生活で新たな可能性を見つけることもあるやろし。
塾の先生もその方がいいと賛成。

私立専願にも心動いた彼女やったけど、
最後は第一志望は公立、
私立併願で臨むことに決める。

もともと空気を読みすぎる彼女、
私立の学費を気にしているようで、

お姉ちゃんもアタシも私立とか大変やろなー
みたいなことを考えてたようで、

大変は大変やろけど、
学費補助だってちゃんともらうし、
そこは考えんでええと
とーちゃんは何度も言ったけど、
「行きたい私立がないから公立」。

併願に決めたはええが、
希望校を決めるのに
公立は三つの高校を二転三転、
私立も差別化がないと悩み、

12月、
塾の先生、
クラス担任と話し合いながら、
彼女は自分で志望校を決めてきた。

塾と学校での三者懇談。
「公立私立とも学力的にお似合い」とゆうてもらう。

ただし彼女は
公立受験に推薦をつけないことを選んだ。

彼女は立派に吹部顧問から
推薦をもらうことができた。
3年生部員の中で数少ない
吹コン関西大会出場経験を持つ子。

推薦をもらえば活動報告書をつけてもらえて、
2月中旬の公立前期試験を
三教科と面接で受験すれば
そこで決められる可能性も大きい。

でも彼女は
推薦をつけないことを選んだ。
高校では吹部には入らないと決めてたから。

推薦をつけてもろたら、
絶対吹部に入らんないかん。

miyanさんも、
高校では自由に
いろんなことを経験したらええと思っている。

推薦をつけなければ、
合格枠の少ない前期は受けてもほぼ受かることはない、
それでも結局は中期で受かればええことやしなーと。

顧問は、
高校では吹部に入らないとゆう彼女のことを
とっても残念に思っていたようだ。

(京都の公立試験は
推薦をもらえた少数の子たちが有利な前期、
大勢の子が普通に受験する中期、
定時制や専門科の後期がある)


年が明けて。

受験を控え、
体調管理とインフルエンザ対策はぬかりなく。

プラス、
頭痛外来の受診。

頭痛持ちで、
ひどい時には学校にも行けず寝たきりになる中3。

連れてったらなーと思いつつ、
なんとなく市販の鎮痛剤でごまかせてたのと、

miyanさんの「行こや」とゆうタイミングが
中3のタイミングと合わなかったのとで
なんとなく日だけが過ぎてしまい、

でもとうとう中3から言い出した。
「受験の日に頭痛来たら嫌やし
 ほんま連れてって」。

よっしゃよっしゃ!!
行こ行こ行こ!!

医者は、
受験の日程が迫ってることも含めながら、
血液検査や予防薬と鎮痛剤の処方など
親身になって考えてくれた。

頭痛薬がほんとに効いた。
もっと早く連れて行ってやるべきだったと大反省。

受験が始まるまで
あと何日・・。

カウントダウンを始める中3。


そして。

2月10日11日、
私立受験日。

10日。

電車乗ってバス乗って、
学校まで遠いしゆうのは分かるが、
だからって5時半起床はやり過ぎでは。

でも彼女は起きた5時半に。

普段はほんまアカンのですわ、
遅刻ギッリギリしか起きれへん。

ギッリギリやのにドレッサーの前から離れられず、
朝メシも食わずに飛び出して行くヒト。

けどな、
コンクールとか定演とか、
大事な日だけはちゃんと起きる。
それもアホみたいに早く。

この日も5時半に起きて準備して、
余裕持って出てったのは7時半くらいやったかな。

miyanさんの仕事。
受験関係の日は全て、
休みを入れてた。

miyanさんの仕事は
「行ってらっしゃい」
「おかえり」
が言えない時間帯、

ゆうてやりたいのですよ、
miyanさんは。

この日の「おかえり」は

20160210_161059.jpg

20160210_163241.jpg

miyanさん作アップルパイと共に。

問題難しかったー・・
って。

過去問から全然出んかったー・・
って。

でも、
そんなんゆうた後すぐに

「何このニオイ!!
 アップルパイ!?
 食べる!!」

「んまーっ!!」

おいしい顔を見たいから作ってんかー。

おいしい顔できるゆうことは
きっと受かってるって。

11日は面接。

10日も11日も
晩メシどうしたんやろな。
なんかお疲れさん的メニューにしたんやろか。

11日はお友達と息抜きに
京都へ遊びに行きやったような気もするな。

14日、
私立合格発表。
郵送にて。

書類到着、
まだかまだかまだかまだか!!
中3とmiyanさん、
早くから起きて待ってるのによ!!

昼前に届いたよ、
分厚い封筒が。

すぐに出てきた合格証書。

よかったな。
とりあアンタ高校生にはなれる。

とりあゆう言い方はよくないかも知れんけど、
併願の受験生にとって
私立に通ってるのか通ってないのかゆうのは大きな違い。

そこに行く気はなくても、
もしかの時に
自分を受け入れてくれるところがあるとゆう安心感な。

藍染なmiyanさん、
明星実演を目の前にしてキリキリ状態。
二人で喜ぶだけ喜んで桶屋へ。

晩メシは、
中3の好きなものをいろいろと、
ケーキ屋のロールケーキを買って帰ったな。


二日後の16日、
公立前期試験。

推薦をつけなかった中3にとっては
合格の見込みがほとんどない試験。

やけども、
「練習で受けたらええやんな」ゆうのと、
「ウッカリ合格するかも知れんやん」ゆうとこで受験。

帰って出来具合を聞く。
「私立のほうが難しかった」。

ここで引っかかってくれたら、
来月の中期まで待たず、
この子も楽できるんやけどな・・。

22日、
合格発表。

不合格。

まぁな。
落ちて当然やねん。
通りたかったら推薦つけたらよかってん。
それせーへんかってんから
落ちて当然やねんホンマな。

そうは言っても、
落ち込む中3を見ては
「受けささんかったら良かったかな・・」。

周りを見れば、
私立専願で決まった子、
前期で合格した子ばっかりだと。

中期組・・
少ないねん・・
と。

「中期で受かるんかなぁアタシ・・」

「学校も塾もOK出したゆうことは、
 トラブルさえなければ、
 普通に受験さえできたら受かるゆうことや」

そないゆうてやるしかでけんしやな。


3月7日。
公立中期試験。

前期の時に
バスの乗り場も、
大体の乗車時間も分かったしな、
もう5時半起床なんてことはせず、
普通に起きて余裕で出て行きやった。

前期落ちてツラかったけども、
やっぱ練習しといて良かったやんな。

夕方、
「終わったー!!」ゆうて
晴れ晴れした顔で帰ってきた。

すぐに服着替えて、
出る準備して。

クタクタやろにな、
京都行きたいねんって前日ゆうてて、

「ずっと欲しい思ってた服探したいし!!
 パーっとした気分で京都歩きたいねん!!
 かーちゃん付き合って!!」

ほなら
バイト上がりのお姉ちゃん(大1)とメシ食うかー

「食べる!!」。

前夜に大1とも段取りつけて、
受験終わりのその日、
京都に到着したら日も暮れてて。

新京極の奥でクレープ、
OPAで服買ったって、
大1と集合してパスタごはん。

12670823_1524195164548554_276980869795674105_n.jpg

「ほんまお疲れ!!」な
京都の夜やった。


翌日から中3は吹部に復帰。
29日の定演の練習のため。

半年吹いてへんかったからやな、
いっきなり口内炎が痛い痛い言い出して。

顧問には
「やっとホルンの音が聞こえるようになった」ってゆわれた
とかなんとか。


15日。
卒業式。

1898078_1524195141215223_7317090657458484586_n.jpg

中学に到着したら
友からメール。
「前のほう座ってるし良かったらおいで」。

前のほうって!!
最前列かい!!

この友とは
中3が小1の時からの付き合いで、

小2で小学校本部役員
共に副会長

miyanさんが中学本部役員副会長の時は
友が地区委員長に挙手してくれて
めっちゃ助けてくれた。

息子はウチの大1と同級生で大学同じで
めっちゃ男前、
嫁にもうたってくれゆうててw

そこの娘は
ウチの中3が受けた公立に
前期で合格してる。

「じゅんなさんとなつきは
 これからも一緒の気ーしかしてへんしな」

そやったらええけどなぁ・・。

卒業生な、
幼稚園から一緒の子もよーけいるわ。

ちびっこやったのになぁ、
もう中学校卒業やもんな。

みんな立派になったよなぁ・・。

なんて考えてはいたけれど、
涙はほとんど出んくてな。

目は目の前に並んでいる卒業生の後ろ姿、
耳は吹部の演奏。

あー、
入学式もこうやったな。

大1の中学入学式卒業式もこうやったな。

あー、
そやな、
もう中学来て吹部の演奏聴くことないんやな。

いやいやちゃうやん、
もう中学来ること自体なくなるんやん。

ちょっと寂しくなったな。

でもな、
中3のほんまの卒業式は
今日やないからさ。


お祝いディナーは中3の希望により
手巻き寿司。

1915944_1524195127881891_7646440109664774897_n.jpg

卒アルを見せてもろた。
クラス全員が書いてくれた寄せ書きページで大爆笑。

12241485_1524195107881893_3880893091011368470_n.jpg

優一朗、
君のセンスは素晴らしい。
クリソツw


16日。
公立中期合格発表。

高校で9時に掲示が始まるゆうて
それを見に出て行った。

卒業式とこの日だけは
スマホを持参してっていいとのこと、
発表見たら
すぐに電話しなさいと。

もう高校着いた頃やなぁ
9時やなぁ
掲示始まったなぁ

まだかいまだかい!!

10分後くらいかな
電話が鳴って。

おめでとうさん。
入りたいとこに入れてもらえて良かったな。

4月からは、
アンタが憧れてた制服着た
ピッカピカの高校生やな。

アハハ!!
なつきとこれからも一緒かい!!
腐れ縁かい!!

(や、
 なつきはカシコクラスに入らはるん確実やから
 あんま絡みないやろけどな)


まぁな、
落ちるわけない思ってたしな、
昨日のうちに買い物しててんな。

よーし!!
ひっさしぶりにケーキ焼きまっせ!!

祝いゆうたら自作ケーキやったんや、
ちょっと前はな。

12670899_1524195087881895_7086637252912189080_n.jpg

1914712_1524195027881901_823805603398532874_n.jpg

12321388_1524195007881903_811733679607728092_n.jpg

や・・
ぶっちゃけゆうとな・・

受験シーズン開幕から、
お疲れメニューやら祝いメニューやら、
外食もよーしたし、
前夜の手巻き寿司も材料費4000円以上したしやな・・

ケーキは絶対要るやん??
買ったら今日も4000円やん・・

作ったら1500円まででデッカイのん作れるしな・・

節約だわ・・。

お義母さんに合格の電話して、
ケーキ焼いたからおいでゆうたら喜んで来てくれて、
晩メシ後にみんなで
おめでとう言いながら食べたよ。

晩メシ??

前夜の手巻きの残りだ悪いかw


17日。
入学予定者説明会&制服採寸&物品購入。

12524124_1524195067881897_7376426646825491775_n.jpg

これ翌日やって知らんかったから
この日に肺の経過検診の予約入れてたんよmiyanさん。
翌週に変更できたからよかったけどね。

高校にいる間、
たくさんの仲良しと出会って
嬉しそうやった中3。

新しい生活。
前途洋々やな。


18日夜。
吹部練習から帰って、
まさかの中3発熱!!

この頃の中学では
学級閉鎖がバンバン出るほどのインフル蔓延祭絶賛開催中で、
卒業式の吹部演奏も
実は穴だらけだったそうな。

「これ確定やろ・・」と思った通り、
翌朝
医者でインフルB判定。

受験が全て終わり、
定演まではまだ間もある
この時期の発症。

アンタ何げ
グッタイミングなんちゃうのコレ。

ただし、
22日の高校登校日は欠席せなあかんし、
入学前テストが受けられへんのは痛い。

そやけどな、
クラス分けなんて
テスト受けんでも大体決まってるんやろしな。

予防接種受けてたからか
そない高い熱は出ず、
トロトロ眠り続けてたりはしてても
そないしんどいわけでもなさげやったし、
「アンタええ骨休みになったやないの」的な。

25日にやっと練習復帰。
「譜面さらえてへんしヤバイ!!」とかゆうてたけど、

ええやんな
定演出ることさえできたらさ。

ほんまグッタイミングやった思うで、
かーちゃんは。


28日夜。
サンドイッチ作り。

12923213_1525074024460668_3638649251300566321_n.jpg

中3と大1の昼メシ用。

コンクールと定演前夜のお勤めも
これが最後やなと感慨深く。


29日。

朝7時過ぎに中3が、
8時半に大1が、
サンドイッチ持って笑顔で出て行った。

本日18時半より、
中学吹部定期演奏会。

中3と、
OB賛助で大1が
miyanさんの楽器でステージに乗る。

3部の合同演奏で、
ホルンパートの列に二人が並ぶ。

こんなこと、
もうこれで最後になるだろう。

ホルン吹きのmiyanさんの背中を見て、
決して勧めもしていないのに
自分の希望で吹奏楽を選び、
ホルンを選び、
同じ道を続いてきてくれた二人の娘の勇姿を、

嬉しく誇らしく思いながら
目に焼き付けようと思う。


中3にとっては
今日が本当の卒業式だ。

蛍の光の代わりに
1年2年部員が演奏する卒業写真。

卒業証書の代わりに
ステージで顧問から贈られる一輪の花。

彼女のことやから、
客席のいろんなところから
「じゅんなーーー!!」って歓声が
きっとたくさん飛ぶんだろうなと思う。

彼女は泣いているのか。
笑っているのか。

顧問や部員たちに背を向けてステージを降り、
花道をステージ後方に向けて歩きだす。

いざ別れの時。

miyanさんは
あと数時間後に見るだろう場面を想像しては、

実は昨夜から、
感動の涙が止まらなくて困っている。


明日お会いします皆さん。

miyanさんの目、
腫れ腫れかも知れないよ。


その1。

我が家の中2のお話ね。

ご無沙汰!!w


熱い夏が終わり、
三年生が引退し、
ウチの中2は運搬係のチーフになりましたよ。

高3の同じ時期は
5役とゆう部長副部長のカタマリに属し、
サブコンダクターとゆう1年が憧れる役職に任命され、
そのまま引退まで突っ走った高3でした。

いやいや、
運搬めっちゃ大事やないのー!!
縁の下のめっちゃ力持ちやないのー!!

いつぞやは運搬の計画表みたいなんを持って帰ってきて、
「分からん・・おねえちゃん教えて・・」とかゆうて
二人でワイワイやってましたよ。

クラブ辞めたい・・
辞めたるうううう!!

日々叫んでた中2も
なんやかやで目的意識に目覚めたのか、
時々朝練はサボタージュしはるけれども、
辞めたいなんてことは一言もゆわず、
秋の本番シーズンに向けて邁進しておりました。

その練習と並行して、
京都府アンサンブルコンテスト出場のための練習。

まだ出れるかどうかは分かりませんよ。
木管隊とか打楽器隊とかと部内予選で戦って勝てば出れるん。

中2が属してるのは金管十重奏。
それも奇しくも高3が吹いて関西大会までいった曲。

それも頑張って欲しいですよ。
あかんかってもええやん。
定演の練習を必死で頑張れ。


そんな日々のことでござんす。
10月11日(火)、
中2が学校から早退してきました。

「37度8分やから帰れとかゆわれたけどさ!!
 全然しんどくないんやで!!
 今日クラブしたかったんになんでやねん!!」。

帰宅後はそんなゆうてブーたれてた中2やったけど、
時間を追うごとにしんどくなってきたみたい、
熱もどんどん上がり、
夜には39度を越えたりするんだわ。

朝になったら病院連れてかな・・。

嫌な時期に熱とか出すなよな・・
心配やんな・・

心配??

なんの??

藍染さんの実演ですわな!!
19日の日曜ですわな吹田ジャズゴス!!

早よ元気に戻ってやあああ!!

とーちゃん仕事、
子守りおらんってなったら
miyanさん家から出れんくなるやないの!!

ま、
大丈夫っしょ。

今日火曜やしな、
実演日曜やしな、
それまでに治るってきっと。


翌朝、
熱を計ると39度8分。
とーちゃんが病院に連れてってくれた。
「扁桃腺の熱やゆうてはりましたよ」。

喉痛いとかゆうてへんかったし、
咳も出てへんのになぁ。

ついに40度を超えたのさ。
でも割と元気なんよね。

「しんどいー死ぬーしんどいー!!
 ほんまなんやねんしんどいゆうねん!!」。
布団で叫んどるw

解熱剤が効くとほんとに元気になる。
リビングで座ってスマホ触ってテレビ見て笑ってる。
それでも8度台やったりするんやけどね。

でもその「熱が下がる時間」がすごいしんどいみたいで
かわいそかった。
フウフウ言いながら「しんどい・・しんどい・・」って。
miyanさんは背中さすって「頑張れ・・」ってゆうしかなくて。

無理からに熱下げるんやもんね、
きっと身体にすごい負担かけるんやろな。

けど熱下げなもっとしんどいやん??
ずっと叫んでるわけやなくてさ、
赤い顔してツラそうに寝てる時間も多いのよ。

寝れるならええけど
「しんどくて寝れへん・・」ゆうて訴えることも多かったし。

お医者も「8度超えたら解熱剤を飲ませてあげてくださいね」
ってゆうてはったし。

40度超え→解熱剤飲んでしんどい→8度台に下がってうるさい→40度超え→解熱z
エンドレスな水木金。

木金は中学の文化祭やったのね。
木曜には2年の合唱があってんけど、
そら無理ですわ欠席ですわ。

前夜に担任から電話あってんけど、
中2が欠席予定なんをすごい残念がってて、
翌朝学校に電話したら教頭が出て、
「えーーー残念ですう!!」と。

楽しみにしてたんちゃうんって聞いたら
「別にいー」。

合唱やし・・
ソロやるわけやなし・・
別に一人おらんくても・・w

毎年やってた吹部の演奏がなかったのが幸い。
翌週の式典に出るから今年はなくってね。

そやけどほんま早よ復活せんな。
アンタ土日は本番やで。

土曜は中2が卒業した小学校でのお祭り。
毎年中学吹部が呼ばれて小学生の前で演奏するんね。

これ、
初めての2年1年だけの本番、
そしてこの小学校を卒業した子にとっては凱旋。

娘らが小学生時代もPTA本部副会長さんだったmiyanさん、
このお祭りに中学吹部を呼ぶため
毎年頑張ってはった役員さんと同じように、
担当に立候補して打ち合わせやら頑張ったのよmiyanさん。
それだけ愛着があるってゆうか。

で、
2年1年だけの本番よ??
最後なのよ!?
ウチの中2が出るん!!

もいっこゆうと・・
小学校の体育館で演奏するんやけどね、
もちろん小学生の保護者もいるんやけど、
観に来た吹部の保護者もいる。

吹部の保護者も凱旋、
おっきな顔ができるとゆう特典もありw

なんしか!!
miyanさん!!
めーっちゃ楽しみにしてたのよ!!

しかし・・
土曜の朝も40度超え・・
顧問に欠席の電話を入れました・・。

前夜にも電話させてもろてんよね。
楽器紹介で主旋吹くゆうてたし、
これめっちゃ迷惑かける思って。

結局中2の穴は
急遽出てくれた3年の先輩が埋めてくれたらしい。

ありがとね・・
ますちゃん・・。

「かーちゃん・・
 ふれあいめっちゃ楽しみにしてたのに・・
 残念や・・残念や・・」。

そしたら中2、
なんてゆうた思います??

「どんまい♪」。

コンクールでも定演でもないしね、
中2にとってはそないオオゴトでもなかったみたい。

もうもうもう!!
早よ熱下げろやアホが!!w


しかし・・
いよいよ土曜になってしまったわけだ。
藍染さんの実演は翌日日曜だ。

ありがたいことに土曜も日曜も
とーちゃんは家で仕事するとゆうので、
とりあ子守りはおるわけやし、
実演に出ることはできる。

できるが、
心配やんね。
実演も気ーそぞろ確実。

リハと実演だけして
サッと帰ってくるんかmiyanさんは・・。

今日もボランティアに行くって実行委員会の方に伝えてる。
どうしたらええもんか・・。

お薬がなくなる。
お医者に電話したら「連れてきてください」と。

今度はmiyanさんがフラフラの中2を連れて
徒歩3分のお医者へ。

熱を計る。
40度2分。
ナースさんギョッ。

診察室。
「熱が四日間40度越えたりして、
 お薬もちゃんと飲ませてるんですけど
 全然下がらないんです」。

血液検査は異常なし。
そこでmiyanさんは
ちょっと前に友達から聞いた一言を思い出してゆってみた。
「マイコプラズマって病気もあるんですよね」。

「その可能性もありますね。
 お薬変えますので
 月曜になっても熱が下がらなければまた来てくださいね」。

お薬もらって家に帰る。
帰って速攻食べれるものを食べさせて薬を飲ませる。

火曜からほとんど食べれてない中2。

今度はお薬効いてくれよなぁ・・。


どうしようか迷ってたmiyanさんやけど、
とーちゃんが家におるし吹田に向かうことにした。

ボランティア終わって電話すると
中2は爆睡中だと。

寝れてるゆうのはええことやな・・。

気にはなりながらも
予約してた桶屋で二時間練習。
なんかあったらすぐ電話があるだろう。
ずっとスマホを気にしながら。

桶屋を出てからも電話してみた。
今度は中2が出た。
「大丈夫やでー♪
 熱そんなないって!!」。

「とーちゃんおるやんな??
 30分だけ飲んで帰ってもかまへん??」
「かまへんよ!!」。

お言葉に甘えて
ちょっとだけ飲み屋で飲んでw

帰宅。
「どや!?」。
「ずっと解熱剤飲んでないのに8度まで下がったし♪」。

それまで4時間置きにキッチリ解熱剤を飲んでたのに
前夜からずっと飲んでないのだと。

お薬効いてるんじゃね!?

翌朝、
19日、
実演当日。

眠り込んでる中2のおでこを触ってみて「おおお!?」。
熱下がってる!!

これもう大丈夫や!!と喜びながら出る準備をして、
起きてきた中2に熱を計らせる。

「かーちゃん!!
 6度8分!!」。

おおおおおお!!
ギリで間に合うのかアンタは!!
間に合ってくれたのかアンタは!!

そうだろうそうだろう!!
アンタはそうゆう子や!!

よーかーったーーー!!


それでも、
「また熱が上がってしんどなったら
 すぐとーちゃんにゆうんやで。
 なんかあったらかーちゃん、
 できるだけ早く帰ってくるから」
と中2に言い渡し、
とーちゃんには「頼むで」と言い渡し、
miyanさんは決戦の場、
吹田へと向かったのでした。

JRの駅前広場から吹奏楽が聴こえてくる。
中学吹部の演奏中でした。

今日の本番も出れへんかったなぁ・・と残念に思いながらも、
熱が下がってほんまよかった!!と
めちゃめちゃホッとしてたmiyanさんでした。

もうきっと大丈夫だろうなとは思ってたけど、
リハ中にトイレから電話してみた。

「もう大丈夫やでー♪
 全然平熱やでー♪
 かーちゃんライブがんばー♪」。

よし・・
よし・・
これで・・
これで!!
実演に集中できる!!

そして・・
そして??

打ち上げができるぞーい!!w


翌日の月曜も念のため休ませました。
火曜の朝練から学校に復活。

1週間、
学校を休んでしまった中2。

学校に着いた瞬間に
出会う子出会う子に「じゅんなーーーーー♪」と
ハグされまくったらしいw


で。

結局なんやったんかとゆうと、
実は扁桃腺の熱やなかったんやなーってとこで、
けどそれはしゃーないやん??
別にお医者を恨んだりはしてないよ。

マイコプラズマやったんかどうかも分からんよ??
変えはった抗生剤が合ったゆうことでしょね。

何が言いたかったんかとゆうと、
「ほんまやめてくれ実演前にこんなドキドキさせるん!!」
ってことで、

だって、
2月のビートルズ実演直前も入院しよったんやで中2。

そやけど結局ちゃんと間に合うんよね、
miyanさんの大事な日がちゃんと迎えられるように。

最後の最後に言いたいことゆうたら、

あの子はええ子や!!

ん??

そうなんか??w


その2は高3についてのお話を。
月末近くかなー。

これまた・・
問題アリなようで・・
ナイような・・。

めんどくさいお話でござんすよw


一体なんだったんだ、4days。

2月2日、
おっちゃんの葬儀が終わって、

まだ日も高い、
なんか甘いもんでも食べて帰ろかとかゆうてたら
おとんもおかんも弟も行くとゆう。

二台の車でファミレスに行って、
わいわいとパフェやらなんやらを食べました。

さすがに疲れていたmiyanさん、
早く帰ってソッコー風呂に入って落ち着きたいと思っていました。

そやけど
とーちゃんと娘さんたち、
買い物行きたいとかゆうんやな。

「かーちゃんは勘弁してー」ゆうて
miyanさんだけ弟に駅まで送ってもらって
先に家に帰りました。

風呂に入って、
ボーッとして、

ボーッとして・・
ボーッとして・・

「あの子ら何やっとんねん、
 明日は学校やんに」

なっかなか帰ってこない3人。

「西武とか行ったー♪」。
やーっと帰ってきて、
ゴロゴロしだす娘さんたち。

ほどなくです。
中1が
「かーちゃん・・
 なんかしんどい・・」。

熱を測ってみたら38度。

「インフル!?」。

次週に研修旅行(シンガポール)を控えてる高2、
その週に実演を控えてるmiyanさん、
「ぎゃーーーーーー!!」。

「いや!!
 単に疲れてるだけかも知れん!!
 とりあ寝ろ!!」
「マスクマスクマスク!!」。

インフルの予防接種は11月に済ませておる。
そやけど受けててもかかることはあるし・・。

しんどい・・と中1がゆう回数に比例して
熱はどんどん上がってゆく。

熱が出たのが20時過ぎ。
明日の朝ならインフルの判定も出るだろう。
医者連れて行かな。

戦々恐々の我が家でした。


2月3日朝、
かかりつけの小児科へ。
体温を測りました。

39.9度。
miyanさんもお医者の奥さんもギョッとしてた。

インフルの恐れがある時は別室で順番を待つんやな。
そこでも「しんどい・・」と唸っている中1。

「寝てても起きてても座っててもしんどいねん・・」。
そりゃそうやろ、
そんだけ熱あったら。

名前を呼ばれて診察室へ。

「クラスにインフルエンザの子いた??」
「いないです・・」

「お姉ちゃんとかご家族は??」
「ピンピンしてます」

「そっかぁ・・
 ま、
 検査しようね」

鼻の奥に綿棒入れる検査、
半泣きの中1。

結果が出るまで
また別室。
名前呼ばれて再び診察室。

「インフルエンザは陰性です」。

へ!?
インフルと決めかかってたmiyanさんは驚いて、
「じゃ何の熱なんでしょう・・」。

「喉もそんなに腫れてもないし、
 んー・・
 ちょっと横になってくれるか??」。
おなか押さえたり身体中を診はるお医者。

「そこ痛いです・・」
首を持ち上げた時に痛がる中1。

ハッとした表情のお医者は言いました。
「首の痛みとゆうのは髄膜炎の症状なんです、
 検査をしてもらってください、
 紹介状書きますからね」。

うそん・・。
なんかオオゴトになってもうたなぁ・・。

「じゅんなちゃん、
 これからサイセイカイでな、
 腕から血ー取ったり、
 腰から髄液ゆうの取ったり、
 痛い検査せなあかんけどな、
 怖い病気やったらすぐ治さなあかんし頑張るんやで」。

赤ちゃんの時から中1を診てくれてるお医者は
優しく中1にそう言いました。

紹介状と会計を待つ間、
あまりにしんどそうなのでと処置室のベッドに寝かされる中1。

「うなたんどうなんの??」
「サイセイカイにこれから行くんやで、
 検査してもらわななー」。

とーちゃんはちょうど仕事がゆっくりしてる時、
家から車で迎えに来てもらい、
そのまま山の手にある大病院へ。

順番を取ってくれてはったみたいで、
すぐ診察室へ。

若い小児科のセンセ、
かかりつけのお医者と同じところを再度診て、

「やはり髄膜炎の恐れがあります。
 このまま検査入院をして頂きます。
 日数はちょっと分かりませんが・・」

「じゅんなちゃん、
 頑張ろうな」

ベッドで寝ながら頷く中1。

と、
センセ。

「あ!!
 じゅんなちゃん!!
 念のために聞いとくで!!
 妊娠はしてないよな!?」。

「してないです!!」。

笑えないジョークw


大病院の中を車椅子の中1を連れ回して
血液検査・CT・点滴。
だーいぶ待って入院の手続き。

「おなか空いてないか??」
「空いてない・・」

「食べたいもんあるか??」
「・・じゃがりこ」

なぜw

二人部屋の病室、
けど誰も他に入ってないから個室状態。

ほどなくしてナースさんから髄液検査の説明があって、
お医者も来て、
病室の外に出されるmiyanさん。

怖いやろな・・。
頭痛起こらんかったらええけどな・・。

腰に針を刺して髄液を取る検査です。
miyanさんも10年前に原田病とゆう病で入院した時
やったことがあります。

骨髄を取るわけではないので、
針を刺す痛みはそんなでもないのです。

ただ、
髄液とゆうのは頭の中で脳を浮かばせてる液、
髄液を取ることで液の量が減り脳が下がる、
そのことでもっすごい頭痛が起こることがあるのです。

miyanさんは退院前日にその検査をして、
退院時には頭を上げると木づちで殴られるような激しい頭痛、

うつむいてたり寝てたら大丈夫なんやけど、
なんしか頭を上げて前を向くことができない、

これでは日常生活がでけん・・とゆうことで、
二週間ダンナの実家で寝たきりにさせてもらったとゆう経験があるのです。

「そやけどあの子若いしな・・
 大丈夫かも知れんしな・・」

だってその検査せなどないもこないもならんねんもん、
しゃーないわな・・。

病室の中が気になって、
泣いたりしてへんやろかと心配で、
病室前をウロウロウロウロするmiyanさん。

検査が終わって病室へ。

「そない痛くなかったでー、
 腰押さえてはる手の方が痛かったー」

よかったよかった。

「とりあ2・3時間は絶対頭上げたらあかんで、
 あの頭痛はほんまツライんやからな」
「わかったー」。

髄液量を回復させるためには
何時間でもできるだけ安静にしとかないと。


「ちょっと寝てええ??」
「ちょっとちゃうくて寝たらええ」
ウトウトする中1。

ちょっとして「熱い・・」ゆうて目覚めた中1。
顔もまっかっか。

おでこを触ったら燃えるよう。
怖くなったmiyanさん、
ナースさんを呼びました。

体温計、
41度!!

「解熱剤はまだあと1時間飲めないんです、
 布団を剥がして涼しくして様子を見てくださいね」

よかった・・、
なんの病気でも家で41度なんか出されたら
miyanさん怖くて気ー狂うわ・・。

ただのインフルは怖くない。
怖いのはインフル脳症。

あと一時間頑張れ・・。

一時間後の解熱剤が効いて、
「楽なってきたでー♪」

それでも38度は確実ありそうやぞ。

「じゃがりこ食べる!!」
寝転んだままベッドでポリポリ。

お行儀悪くていいんです。
できるだけ頭は上げさせないように。

食欲がない中1は中1ではないのでw
ちょっと安心したmiyanさんでした。

miyanさん、
ダンナに託して夕勤に行きました。

めっちゃ心配やったけど、
自分が動けるなら行かないと。

たったの2時間くらいのことやし、
心臓辺りにつけてる機械が
異常があればナースステーションに知らせてくれるらしいし。

入院の連絡を受けて飛んできたおかんは、
中1を一時間くらい見て、
グチャグチャの我が家を片付けに行ってくれた。

夕勤終わってタクに飛び乗って再び病院へ。
お義母さんが来てくれてた。

洋子ちゃんをちょっと前に亡くしたお義母さん、
心配で気が狂いそうやってゆうてた。

この日の入院食。
20140224.jpg

そうか・・
今日は節分やったんやな・・
それどころちゃうかったなぁ・・。

中1、
せっかくの特別メニューも
ちょっとしか食べられませんでした。

高熱でフウフウゆうてたのもあるし、
じゃがりこで腹が膨れてしまったのだとw

とーちゃんはお義母さんを駅まで送り、
そのまま高2とおかんを家まで迎えに行って病院へ。

「なんで入院とかー!!」
高2もめっちゃビックリしてて。

ちょっとしゃべって、
おかんを送りついでにメシを食べに行こうと。

腹減ったなぁ・・。

「かーちゃんも行ってええか??
 怖くないか??
 しんどないか??」
「大丈夫やでー、
 LINEしてるしテレビもあるし」

「メシ食ったら俺来るしな、
 夜中までおるから」
「え・・
 とーちゃんなんや・・」
「俺やったらあかんのか!!」

一同爆笑w

「ごめんな、
 かーちゃんは明日朝一で来るからな」
「ほーい」。

悪いな、
かーちゃんが倒れたらどないもこないもならんから
家で早く寝かせてな。

とーちゃんは4時くらいまで病室にいたらしい。
病状は落ち着いてたけど、
トイレに行くのをめっちゃ怖がってたから、
そのためだけにおったみたいなとこやったらしい。

そりゃ怖いわな、
なんか出てきそうやもんな、
病棟の夜中のトイレってw


2月4日。
9時に家を出て病院へ。
「朝ごはんおいしかった♪」。

おでこ触ったら熱はだいぶ下がってる。
「さっき測ってもろたら37度7分やったで♪」

解熱剤も昨晩から飲んでないと。
よかったよかった!!

お医者が来ました。

「血液検査も髄液検査もCTも異常なしでした。
 先ほど再度インフルエンザの検査もしましたが陰性でした。
 他にこれと言った原因が見つからないので、
 んー・・
 おかあさんがおっしゃってた疲れとか女の子的なこととか
 なんかいろいろ重なってこうなったのかなぁ・・と」。

「へ!?」
ハニワ顔のmiyanさん。

なんもなくて・・
41度とか出るんかい・・。

なんかめっちゃ「???」ですが・・。

ま!!
変な病気でないのはよかった!!

「このまま熱が下がれば
 明日には退院して頂けますんでー」
「ありがとうございますー」。

お医者が病室から出て行って・・

「一体なんやったんや!!」
「そんなんうなたんが一番聞きたいゆうねん!!」。

そりゃそうだw

お医者の報告をおかんとお義母さんに連絡。

おかんは
「なんやうなぼんらしいなぁw」。

ほんまほんまw

その日は13時まで病院にいて、
元気になりつつある中1の横にいて、

帰って、
高2の晩メシの支度はどうしたのかなぁ・・
なんか買って帰ったのかなぁ・・

16時に夕勤に行って18時15分まで、
んでタク乗って再び病院。

中1はほぼ平熱。
けどやっぱり髄液検査による頭痛が出てきてしまって、
起き上がると痛い痛いとゆう。

トイレに行くのも頭を点滴の台に添わせて
うつむいて歩かせる。

かわいそうやけど、
これは日にち薬でしかないんだよな。

早く髄液量が増えて治りますように・・。

23時に最後のトイレに行かせて、
miyanさんは帰りました。

ちょっとでもしんどなったらすぐナースコールするんやで
って何度もゆうたけど、
もう大丈夫ですわー、
ナースさんも一時間に一度来てくれるらしいしね。


2月5日、
朝勤上がってそのまま病院。

中1の顔を見るなり
「大丈夫やったか!?」

「全然大丈夫ですけど何か??」

だよねw

お医者から退院の準備をしてくださいとゆわれる。
もらった診断書に書かれてる病名は「ウイルス感染症」。

なんやあやふやな病名やのう・・
ほんま中1らしいわw

慌ただしく荷物をまとめて、
診察の日を決めて、
頭痛の鎮痛剤をもらって。

晴れ晴れしい退院の日なんだから
中1のお出かけ服を持ってきてやればよかったと後悔しつつも
忘れたもん仕方ない、

けど中1は
「帰ってソッコー風呂入るんやから
 そんなんどうでもええわー」ゆうて
パジャマのままで帰り支度。

エレベーターを待ってると
ナースさんがいっぱいお見送りに来てくれた。
「お世話になりました!!」。

このまま昼メシでも食べて帰ろうぜーとゆうも、
「うなたん何日風呂入ってない思ってるんさ!!」とゆう抗議と、
やっぱ頭痛がしんどいみたいやったんでやめました。


帰りの車の中のmiyanさん、
どれだけホッとしてたか分かりません。

なんかよー分からん出来事ではあったけど、
なんでもええわ、
中1が元気に戻ったなら。

8日の実演も
なんの心配もなく迎えることができる。

や、
もし変な病気やったとしても、
とーちゃんか誰か大人に付き添ってもらって、

リハはもうええ、
往復の時間含む3時間くらいだけ抜けて出て、
実演はしなきゃと思ってたよ。

穴空けるわけにはいかないもん。

生死に係わる事態やったらそうもいかなかったけど、
この状況やったらなんとかなるかなって。

けど大丈夫だもん。
ほんとにほんとによかった・・。

ジタバタしても大事なことにはちゃんと間に合うmiyanさんって
きっと何かに守られてるんだろうなって
めっちゃ思ってました。

こうなると、
最初にかかったあのお医者は
誤診しはったのか??とゆう話になりますが、

二泊三日の入院費用3万もいらんかったんちゃうん!?
とゆう話になりますが、

いいんです、
万が一の可能性を考えてゆうてくらはったことやもん。

もし「家で様子見てください」とか軽くゆわれてたら、
あの41度の事態をmiyanさんはどう乗り越えたらよかったのか・・

引きつけでも起こされたら・・
それが原因で脳症にでもなってしまったら・・

それを思うと怖くて仕方ないです。

ありがとうです、
ほーじょーセンセイ・・。


それから数日、
やっぱり頭痛はツラかったみたいで、

退院祝いにごはん食べに行きたい!!ってゆうから連れてったのに、
椅子で横になりながらしか食べれなかって、

「やっぱ今度にしたらよかったやないか!!」って怒られては
「だってぇ・・おいしいもん食べたかってんもん・・」って、

お前はどんだけ食い意地張ってんねん
まるでかーちゃんやないか

ってゆう
とーちゃんが次に怒られたりw

学校も2日休んで、
けど横になってたら何の痛みもないので
うるさくて元気でw

けどめっちゃ寝てたなー。
入院って疲れるんだよって
そっと寝かしといてやりました。

実演の8日は
「かーちゃん頑張れー♪」って
玄関まで来て送り出してくれるくらいに回復してて、

9日はお友達とひらパーへ。
入院中からずっとご懸念だったのね。

「ゆいと約束してるん!!
 9日までには治さなあかんねん!!」

髄液量が回復するのにいいらしいと聞くや、
美味しくないOS1も必死で飲む中1でしたw


そんな感じで、
二回の葬式と中1の入院で
フワフワしてた実演直前でした。

ほんとにほんとに
実演ができてよかったです。

やし!!
歌詞間違えたのも許してくれるよね♪w





















P・S

miyanさん、
実演翌日からいきなり風邪を引きました。

咳がひどくてツラかった・・。

「しかし翌日いきなりってどうよ、
 さすがのmiyanさんにも疲れが出たんだな」
とか考えてたけど、
先日のリハでリーダーがゆうてました。

「そーいえば実演の日にリハってた時、
 ロビーでめっちゃ咳込んでたヒトおったで」。

それか!!w


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。