一体なんだったんだ、4days。

2月2日、
おっちゃんの葬儀が終わって、

まだ日も高い、
なんか甘いもんでも食べて帰ろかとかゆうてたら
おとんもおかんも弟も行くとゆう。

二台の車でファミレスに行って、
わいわいとパフェやらなんやらを食べました。

さすがに疲れていたmiyanさん、
早く帰ってソッコー風呂に入って落ち着きたいと思っていました。

そやけど
とーちゃんと娘さんたち、
買い物行きたいとかゆうんやな。

「かーちゃんは勘弁してー」ゆうて
miyanさんだけ弟に駅まで送ってもらって
先に家に帰りました。

風呂に入って、
ボーッとして、

ボーッとして・・
ボーッとして・・

「あの子ら何やっとんねん、
 明日は学校やんに」

なっかなか帰ってこない3人。

「西武とか行ったー♪」。
やーっと帰ってきて、
ゴロゴロしだす娘さんたち。

ほどなくです。
中1が
「かーちゃん・・
 なんかしんどい・・」。

熱を測ってみたら38度。

「インフル!?」。

次週に研修旅行(シンガポール)を控えてる高2、
その週に実演を控えてるmiyanさん、
「ぎゃーーーーーー!!」。

「いや!!
 単に疲れてるだけかも知れん!!
 とりあ寝ろ!!」
「マスクマスクマスク!!」。

インフルの予防接種は11月に済ませておる。
そやけど受けててもかかることはあるし・・。

しんどい・・と中1がゆう回数に比例して
熱はどんどん上がってゆく。

熱が出たのが20時過ぎ。
明日の朝ならインフルの判定も出るだろう。
医者連れて行かな。

戦々恐々の我が家でした。


2月3日朝、
かかりつけの小児科へ。
体温を測りました。

39.9度。
miyanさんもお医者の奥さんもギョッとしてた。

インフルの恐れがある時は別室で順番を待つんやな。
そこでも「しんどい・・」と唸っている中1。

「寝てても起きてても座っててもしんどいねん・・」。
そりゃそうやろ、
そんだけ熱あったら。

名前を呼ばれて診察室へ。

「クラスにインフルエンザの子いた??」
「いないです・・」

「お姉ちゃんとかご家族は??」
「ピンピンしてます」

「そっかぁ・・
 ま、
 検査しようね」

鼻の奥に綿棒入れる検査、
半泣きの中1。

結果が出るまで
また別室。
名前呼ばれて再び診察室。

「インフルエンザは陰性です」。

へ!?
インフルと決めかかってたmiyanさんは驚いて、
「じゃ何の熱なんでしょう・・」。

「喉もそんなに腫れてもないし、
 んー・・
 ちょっと横になってくれるか??」。
おなか押さえたり身体中を診はるお医者。

「そこ痛いです・・」
首を持ち上げた時に痛がる中1。

ハッとした表情のお医者は言いました。
「首の痛みとゆうのは髄膜炎の症状なんです、
 検査をしてもらってください、
 紹介状書きますからね」。

うそん・・。
なんかオオゴトになってもうたなぁ・・。

「じゅんなちゃん、
 これからサイセイカイでな、
 腕から血ー取ったり、
 腰から髄液ゆうの取ったり、
 痛い検査せなあかんけどな、
 怖い病気やったらすぐ治さなあかんし頑張るんやで」。

赤ちゃんの時から中1を診てくれてるお医者は
優しく中1にそう言いました。

紹介状と会計を待つ間、
あまりにしんどそうなのでと処置室のベッドに寝かされる中1。

「うなたんどうなんの??」
「サイセイカイにこれから行くんやで、
 検査してもらわななー」。

とーちゃんはちょうど仕事がゆっくりしてる時、
家から車で迎えに来てもらい、
そのまま山の手にある大病院へ。

順番を取ってくれてはったみたいで、
すぐ診察室へ。

若い小児科のセンセ、
かかりつけのお医者と同じところを再度診て、

「やはり髄膜炎の恐れがあります。
 このまま検査入院をして頂きます。
 日数はちょっと分かりませんが・・」

「じゅんなちゃん、
 頑張ろうな」

ベッドで寝ながら頷く中1。

と、
センセ。

「あ!!
 じゅんなちゃん!!
 念のために聞いとくで!!
 妊娠はしてないよな!?」。

「してないです!!」。

笑えないジョークw


大病院の中を車椅子の中1を連れ回して
血液検査・CT・点滴。
だーいぶ待って入院の手続き。

「おなか空いてないか??」
「空いてない・・」

「食べたいもんあるか??」
「・・じゃがりこ」

なぜw

二人部屋の病室、
けど誰も他に入ってないから個室状態。

ほどなくしてナースさんから髄液検査の説明があって、
お医者も来て、
病室の外に出されるmiyanさん。

怖いやろな・・。
頭痛起こらんかったらええけどな・・。

腰に針を刺して髄液を取る検査です。
miyanさんも10年前に原田病とゆう病で入院した時
やったことがあります。

骨髄を取るわけではないので、
針を刺す痛みはそんなでもないのです。

ただ、
髄液とゆうのは頭の中で脳を浮かばせてる液、
髄液を取ることで液の量が減り脳が下がる、
そのことでもっすごい頭痛が起こることがあるのです。

miyanさんは退院前日にその検査をして、
退院時には頭を上げると木づちで殴られるような激しい頭痛、

うつむいてたり寝てたら大丈夫なんやけど、
なんしか頭を上げて前を向くことができない、

これでは日常生活がでけん・・とゆうことで、
二週間ダンナの実家で寝たきりにさせてもらったとゆう経験があるのです。

「そやけどあの子若いしな・・
 大丈夫かも知れんしな・・」

だってその検査せなどないもこないもならんねんもん、
しゃーないわな・・。

病室の中が気になって、
泣いたりしてへんやろかと心配で、
病室前をウロウロウロウロするmiyanさん。

検査が終わって病室へ。

「そない痛くなかったでー、
 腰押さえてはる手の方が痛かったー」

よかったよかった。

「とりあ2・3時間は絶対頭上げたらあかんで、
 あの頭痛はほんまツライんやからな」
「わかったー」。

髄液量を回復させるためには
何時間でもできるだけ安静にしとかないと。


「ちょっと寝てええ??」
「ちょっとちゃうくて寝たらええ」
ウトウトする中1。

ちょっとして「熱い・・」ゆうて目覚めた中1。
顔もまっかっか。

おでこを触ったら燃えるよう。
怖くなったmiyanさん、
ナースさんを呼びました。

体温計、
41度!!

「解熱剤はまだあと1時間飲めないんです、
 布団を剥がして涼しくして様子を見てくださいね」

よかった・・、
なんの病気でも家で41度なんか出されたら
miyanさん怖くて気ー狂うわ・・。

ただのインフルは怖くない。
怖いのはインフル脳症。

あと一時間頑張れ・・。

一時間後の解熱剤が効いて、
「楽なってきたでー♪」

それでも38度は確実ありそうやぞ。

「じゃがりこ食べる!!」
寝転んだままベッドでポリポリ。

お行儀悪くていいんです。
できるだけ頭は上げさせないように。

食欲がない中1は中1ではないのでw
ちょっと安心したmiyanさんでした。

miyanさん、
ダンナに託して夕勤に行きました。

めっちゃ心配やったけど、
自分が動けるなら行かないと。

たったの2時間くらいのことやし、
心臓辺りにつけてる機械が
異常があればナースステーションに知らせてくれるらしいし。

入院の連絡を受けて飛んできたおかんは、
中1を一時間くらい見て、
グチャグチャの我が家を片付けに行ってくれた。

夕勤終わってタクに飛び乗って再び病院へ。
お義母さんが来てくれてた。

洋子ちゃんをちょっと前に亡くしたお義母さん、
心配で気が狂いそうやってゆうてた。

この日の入院食。
20140224.jpg

そうか・・
今日は節分やったんやな・・
それどころちゃうかったなぁ・・。

中1、
せっかくの特別メニューも
ちょっとしか食べられませんでした。

高熱でフウフウゆうてたのもあるし、
じゃがりこで腹が膨れてしまったのだとw

とーちゃんはお義母さんを駅まで送り、
そのまま高2とおかんを家まで迎えに行って病院へ。

「なんで入院とかー!!」
高2もめっちゃビックリしてて。

ちょっとしゃべって、
おかんを送りついでにメシを食べに行こうと。

腹減ったなぁ・・。

「かーちゃんも行ってええか??
 怖くないか??
 しんどないか??」
「大丈夫やでー、
 LINEしてるしテレビもあるし」

「メシ食ったら俺来るしな、
 夜中までおるから」
「え・・
 とーちゃんなんや・・」
「俺やったらあかんのか!!」

一同爆笑w

「ごめんな、
 かーちゃんは明日朝一で来るからな」
「ほーい」。

悪いな、
かーちゃんが倒れたらどないもこないもならんから
家で早く寝かせてな。

とーちゃんは4時くらいまで病室にいたらしい。
病状は落ち着いてたけど、
トイレに行くのをめっちゃ怖がってたから、
そのためだけにおったみたいなとこやったらしい。

そりゃ怖いわな、
なんか出てきそうやもんな、
病棟の夜中のトイレってw


2月4日。
9時に家を出て病院へ。
「朝ごはんおいしかった♪」。

おでこ触ったら熱はだいぶ下がってる。
「さっき測ってもろたら37度7分やったで♪」

解熱剤も昨晩から飲んでないと。
よかったよかった!!

お医者が来ました。

「血液検査も髄液検査もCTも異常なしでした。
 先ほど再度インフルエンザの検査もしましたが陰性でした。
 他にこれと言った原因が見つからないので、
 んー・・
 おかあさんがおっしゃってた疲れとか女の子的なこととか
 なんかいろいろ重なってこうなったのかなぁ・・と」。

「へ!?」
ハニワ顔のmiyanさん。

なんもなくて・・
41度とか出るんかい・・。

なんかめっちゃ「???」ですが・・。

ま!!
変な病気でないのはよかった!!

「このまま熱が下がれば
 明日には退院して頂けますんでー」
「ありがとうございますー」。

お医者が病室から出て行って・・

「一体なんやったんや!!」
「そんなんうなたんが一番聞きたいゆうねん!!」。

そりゃそうだw

お医者の報告をおかんとお義母さんに連絡。

おかんは
「なんやうなぼんらしいなぁw」。

ほんまほんまw

その日は13時まで病院にいて、
元気になりつつある中1の横にいて、

帰って、
高2の晩メシの支度はどうしたのかなぁ・・
なんか買って帰ったのかなぁ・・

16時に夕勤に行って18時15分まで、
んでタク乗って再び病院。

中1はほぼ平熱。
けどやっぱり髄液検査による頭痛が出てきてしまって、
起き上がると痛い痛いとゆう。

トイレに行くのも頭を点滴の台に添わせて
うつむいて歩かせる。

かわいそうやけど、
これは日にち薬でしかないんだよな。

早く髄液量が増えて治りますように・・。

23時に最後のトイレに行かせて、
miyanさんは帰りました。

ちょっとでもしんどなったらすぐナースコールするんやで
って何度もゆうたけど、
もう大丈夫ですわー、
ナースさんも一時間に一度来てくれるらしいしね。


2月5日、
朝勤上がってそのまま病院。

中1の顔を見るなり
「大丈夫やったか!?」

「全然大丈夫ですけど何か??」

だよねw

お医者から退院の準備をしてくださいとゆわれる。
もらった診断書に書かれてる病名は「ウイルス感染症」。

なんやあやふやな病名やのう・・
ほんま中1らしいわw

慌ただしく荷物をまとめて、
診察の日を決めて、
頭痛の鎮痛剤をもらって。

晴れ晴れしい退院の日なんだから
中1のお出かけ服を持ってきてやればよかったと後悔しつつも
忘れたもん仕方ない、

けど中1は
「帰ってソッコー風呂入るんやから
 そんなんどうでもええわー」ゆうて
パジャマのままで帰り支度。

エレベーターを待ってると
ナースさんがいっぱいお見送りに来てくれた。
「お世話になりました!!」。

このまま昼メシでも食べて帰ろうぜーとゆうも、
「うなたん何日風呂入ってない思ってるんさ!!」とゆう抗議と、
やっぱ頭痛がしんどいみたいやったんでやめました。


帰りの車の中のmiyanさん、
どれだけホッとしてたか分かりません。

なんかよー分からん出来事ではあったけど、
なんでもええわ、
中1が元気に戻ったなら。

8日の実演も
なんの心配もなく迎えることができる。

や、
もし変な病気やったとしても、
とーちゃんか誰か大人に付き添ってもらって、

リハはもうええ、
往復の時間含む3時間くらいだけ抜けて出て、
実演はしなきゃと思ってたよ。

穴空けるわけにはいかないもん。

生死に係わる事態やったらそうもいかなかったけど、
この状況やったらなんとかなるかなって。

けど大丈夫だもん。
ほんとにほんとによかった・・。

ジタバタしても大事なことにはちゃんと間に合うmiyanさんって
きっと何かに守られてるんだろうなって
めっちゃ思ってました。

こうなると、
最初にかかったあのお医者は
誤診しはったのか??とゆう話になりますが、

二泊三日の入院費用3万もいらんかったんちゃうん!?
とゆう話になりますが、

いいんです、
万が一の可能性を考えてゆうてくらはったことやもん。

もし「家で様子見てください」とか軽くゆわれてたら、
あの41度の事態をmiyanさんはどう乗り越えたらよかったのか・・

引きつけでも起こされたら・・
それが原因で脳症にでもなってしまったら・・

それを思うと怖くて仕方ないです。

ありがとうです、
ほーじょーセンセイ・・。


それから数日、
やっぱり頭痛はツラかったみたいで、

退院祝いにごはん食べに行きたい!!ってゆうから連れてったのに、
椅子で横になりながらしか食べれなかって、

「やっぱ今度にしたらよかったやないか!!」って怒られては
「だってぇ・・おいしいもん食べたかってんもん・・」って、

お前はどんだけ食い意地張ってんねん
まるでかーちゃんやないか

ってゆう
とーちゃんが次に怒られたりw

学校も2日休んで、
けど横になってたら何の痛みもないので
うるさくて元気でw

けどめっちゃ寝てたなー。
入院って疲れるんだよって
そっと寝かしといてやりました。

実演の8日は
「かーちゃん頑張れー♪」って
玄関まで来て送り出してくれるくらいに回復してて、

9日はお友達とひらパーへ。
入院中からずっとご懸念だったのね。

「ゆいと約束してるん!!
 9日までには治さなあかんねん!!」

髄液量が回復するのにいいらしいと聞くや、
美味しくないOS1も必死で飲む中1でしたw


そんな感じで、
二回の葬式と中1の入院で
フワフワしてた実演直前でした。

ほんとにほんとに
実演ができてよかったです。

やし!!
歌詞間違えたのも許してくれるよね♪w





















P・S

miyanさん、
実演翌日からいきなり風邪を引きました。

咳がひどくてツラかった・・。

「しかし翌日いきなりってどうよ、
 さすがのmiyanさんにも疲れが出たんだな」
とか考えてたけど、
先日のリハでリーダーがゆうてました。

「そーいえば実演の日にリハってた時、
 ロビーでめっちゃ咳込んでたヒトおったで」。

それか!!w


1月後半~2月はじめ。

ツイタではいろいろ呟いてたけど
まとめておこっかなー。

実演まで
ちょっと大変だったいろいろ。

レポでゆうてたやつ、
記事立てしますねー。


miyanさんの周りに二人、
病と戦ってるヒトがいました。

ダンナの叔母とmiyanさんの叔父。

同じガンでした。

どちらも「もうアカンかも」と近々のヒトがゆってて、
そやけどやっぱさ、
「いやいやそんなんゆうてもまだ大丈夫ちゃうの??」って
思いたいから思うようにしてて。

けど。
こないだね。
二人とも死んじゃった。


1月25日、
藍染さんリハ。

実演直前の大事なリハを終えて、
帰って寝て朝方。

電話が鳴って目が覚めました。
電話を取ったダンナが「分かった」って言いました。

miyanさんは「代わって!!」って受話器を取ったら、
お義母さんが
「5時半やったわ・・
 みゆきちゃん・・」。

「すぐに行くから待っててな!!」。

お義母さんの一番仲良しだった妹の洋子ちゃんが亡くなりました。

幸薄い女の人生を生きてきたヒトでした。
娘と息子がいるけど、
二人には会おうとはせず、
たった一人で必死に生きてきたヒト。

大阪市内でスナックをやっててね、
miyanさんも一回行ったことあるなー。

キレイに着飾った洋子ちゃん、
夜の蝶でした。

三年前にお義父さんが亡くなって、
ココロも身体も病んでしまったお義母さんのために、
お義母さんのウチで二人で生活をするために、
洋子ちゃんは店をたたみました。

「ちょうどよかってん!!
 もう店も売上全然あかんしなー、
 ちょうどたたもう思ってたんやでー」。

洋子ちゃんはガハガハ笑って、
miyanさんを安心させてくれました。

二人は本当に仲良しでした。
お義母さんが元気を取り戻したのは
洋子ちゃんのおかげでした。

お義母さんが元気になって、
今度は洋子ちゃんが入院しました。

「あの子、
 あんな商売してたやろ、
 お酒の飲み過ぎが今頃身体に出ただけやねん、
 大したことないんやでー」。

お義母さんはそう言ってて、
miyanさんもそれを信じてた。

それから、
いつ遊びに行っても
洋子ちゃんはずっと座ってるか寝てるかの状態でした。

けどいっつも笑ってたし、
きっとヒマやからウトウトしたはるんやろなーとか
軽く考えてて。

年末近く、
お義母さんのもう一人の妹から電話がありました。

「みゆきちゃん!!
 急いでサイセイカイ行って!!
 洋子が危篤やねん!!」

危篤!?
なんで!?

「知らんかったんかいな!!
 洋子、
 ガンでもう危ないねんで!!」。

すぐ電話を切ってお義母さんに電話したら、
お義母さん激怒。

「あの子!!
 危篤とか何アホなことゆうてんねんな!!」。

ちょっとでも具合が悪くなると
すぐ診てもらうことにしてるだけで、
その日もそんな感じだっただけ。
危篤だなんてとんでもなかったらしい。

電話をかけてきたお義母さんのもう一人の妹、
ま、
このヒトもダンナの叔母なんだけど、

昔っからちょっとズレてるとゆうか・・
ちょっと前に心臓の手術してから
さらにズレだしたとゆうか・・。

けど、
洋子ちゃんがガンなのは本当で、
それも末期で、
もう危ないとゆうことも本当でした。

ダンナは知ってた。
けどmiyanさんには黙ってたと。

「みゆきちゃんに心配かけたくないからゆわんといて」。

洋子ちゃんがそう言ってたからなんだって。

大晦日から2日まで、
毎年お義母さんちにお泊りします。

毎年恒例の
娘さんたちとお義母さんと洋子ちゃんでやってるトランプ大会、
「洋子がちょっとしんどいねん」とゆうお義母さんの一言で
今年はありませんでした。

けど起きてる時の洋子ちゃんはいっつも笑ってた。

2日のお昼過ぎ、
帰り支度をするmiyanさんに洋子ちゃんが言いました。

「最後にみゆきちゃんに元気な顔見せれてよかったわー」。

miyanさんは怒りました。
「何ゆうてんの!?
 最後って何!?
 またすぐ遊びに来るし!!
 来年はトランプ大会せなあかんやんか!!
 何ゆうてるんな洋子ちゃんは!!
 洋子ちゃんのアホ!!」。

洋子ちゃんはいつものようにガハガハと笑いました。

1月26日朝5時半の悲しい電話。
高2と中1を起こして、
洋子ちゃんが亡くなったことを告げました。

自分の孫のようにかわいがってくれた洋子ちゃんの死に、
二人はただ呆然とするだけでした。

7時過ぎ、
病院到着。

永遠に眠ってしまった洋子ちゃん、
笑顔でした。
お化粧をしてもらって
とってもキレイでした。

26日お通夜、
27日告別式。

連絡を絶っていた洋子ちゃんの娘が
息子と娘を連れてきました。

見送ったのは親族9人だけだったけど、
洋子ちゃんは十分幸せだっただろうと思います。

洋子ちゃん、
ありがとうね、
大事なリハをちゃんとやらせてくれて。

ノースタルジックが終わるのも待っててくれて、
ほんとにありがとうね。

けどね、
お義母さんがゆってたよ。
こんなに早よ逝ってまうなんて思ってもなかったって。

洋子ちゃんも
お義母さんのことが気がかりだろうね。

大丈夫だよ、
今度は私が
ちゃんとお義母さんのこと見てるからね。


miyanさんの叔父、
まさのぶおっちゃんが亡くなったのは翌週、
1月31日のことでした。

おとんの兄貴。
中学を出てからずっと、
ギター作りに男のロマンを掛けてたヒトでした。

小さい頃、
家が近かったのもあり、

おっちゃんの一人息子、
ゆうたらイトコ、
おないなのね、

幼稚園も一緒、
よく遊びに行ってたよ。

その頃はまだおウチに工場(こうば)があって、
いろんな機械があって、
触ろうとしたらおばちゃんに
「ダメよーみゆきちゃん」って怒られたりしてたなー。

おかんやイトコから聞くところによると、
おっちゃんはほんとに破天荒な生き方をしてたらしく、

おばちゃんと
生まれたての病弱な息子を残して、
夢追っかけてフランスに行って何年も帰ってこなかったり、
テロやらのある国に行っては家族に心配かけたり、

それでも、
おばちゃんの愛と理解の上で
おっちゃんは夢を現実のものにし、
国内外でたくさんのヒトに愛されるギターを作るヒトにならはった。

miyanさんはおっちゃんのことを
そんなすごいヒトやなんて思ってもなくて、

盆正月に親戚一同集まった時、
酒飲んではmiyanさんたち子どもらを前に人生論を展開する
しゃべり好きなおっちゃんとしか思ってなくて、

けど、
そんなおっちゃんがすごいヒトって分かったのは
高校1年の時。

楽器屋さんをやってはる先輩がいたのね。
なんかの話で
「私の叔父がギター作ってるんですー」とかゆうたのね。

「なんてゆうヒト??」
「まつむらまさのぶってゆうんです」

「まつむらギター!?
 叔父ちゃんなん!?
 マジかー!!」

先輩がひっくり返る勢いで驚いてはった。

miyanさんたち親戚以外で
おっちゃんのこと知ってるヒトがいるんや!!って
miyanさんもめっちゃビックリしました。

あとは、
リーダーね。

まつむらギターの名前知ってて、
やっぱり「へー」ってゆってた。

リーダーはね、
おっちゃんと会ったことがあるんだよ。

過去記事調べたら2008年のことでしたわ。

おっちゃんがギターフェスティバルってゆうイベントを
茨木で開催したのね。

おっきなイベントでね、
それリーダーにゆうたら「行く」ってゆうし、
チケット買ってもらって、
大阪サウスからわざわざ北摂まで。

コンサートやらギターの試奏やら、
リーダーは目がキラキラしてたけど、
miyanさんは・・ヒマでしたw

その頃はほんとに精力的に
国内外を飛び回ってたおっちゃんやったけど、
何年か後に手術したっておかんがゆうてて、
次に会った時はガッツリ痩せてて。

それから何年も、
miyanさんはおっちゃんに会うことはありませんでした。

毎年正月に親戚一同で集まってはいたんだけど、
おかんに
「アンタいらんから
 うなぼん連れてく♪」とかゆわれて、
ハイそうですか的なとこでw

おっちゃんがもう危ないっておかんから聞いたのは
去年の12月のことでした。
病名もその時聞きました。

おとんもおかんも
それまで知らなかったことでした。

「自分が弱ってるところを見せたくない」とゆう理由で、
実の弟であるおとんにさえ言うなと
おばちゃんは口止めをされていたのだと。

見舞いにも来ないでくれとゆうおばちゃんを
おとんは怒ったのだと。

「もしこのまま生きてる兄貴に会えへんかったら
 ワシみちこさんを恨むで」。

おとんは年末までに
摂津にある工場まで
おっちゃんに会いに行きました。

その時はまだ入院もせず、
痛みに耐えながらでも
ギターを作り続けていたそうです。

1月30日。

「みちこさんから電話があった、
 まさのぶさんほんまにもう危ないらしい、
 アンタも病院行った方がええ」。

おかんから電話がありました。
やっとmiyanさんにも会う許可が下りました。

夕勤から帰ったところでした。
娘らにメシ食べさせたらすぐ病院に行くつもりで
イトコに連絡を取りました。

けどそうこうしてるうちに夜も更けてしまい、
「おばちゃんも疲れてるやろし、
明日昼まで仕事してから行くわ」と
イトコにメールしました。

けど、
miyanさんは間に合いませんでした。

おかんから
「7時15分亡くなった」
とゆうメールをもらったのは翌朝、
仕事場に着いた時でした。

ちょうど事務所はmiyanさん一人だけだったので、
すぐおかんに電話をして指示を仰ぎました。

「仕事ちゃんとして、
 家のこともちゃんとしてから
 おっちゃんのウチおいで」。

デスクに座ってはいても、
仕事なんて手がつくはずもないmiyanさんでした。

1月31日仮通夜。
久しぶりに行ったおっちゃんの家。
白い布を顔にかけられて眠ってるおっちゃん。

布をめくって、
「おっちゃんごめんな、
 間に合わへんかったな」とゆうと、

そんなんかまへんねんで
ありがとうな

おっちゃんが言ってくれてる気がしました。

おっちゃんの寝てる部屋の壁には
miyanさんが小さい頃から飾られていた、

おっちゃんが夢を抱き
フランスまで追いかけて行ったヒト、
おっちゃんをたった一人の弟子としたヒト、
おっちゃんが死ぬまで師匠と仰いだヒト、

ロベール・ブーシェの写真が
今も変わらず飾ってありました。

2月1日通夜、
2月2日告別式。

miyanさんは斎場で受付をしました。
次から次へと参列の方がみえました。

生前のおっちゃんを慕い、
おっちゃんのギターを愛している方々が
全国からたくさんたくさんみえました。

人間が大好きなおっちゃんに相応しい、
とっても盛大な葬儀でした。

イトコは立派に喪主を務めました。
時々泣き崩れそうになるおばちゃんを
隣で優しく支えていました。

焼香の〆はおとんでした。
二人の兄貴を亡くし、
末っ子のおとんは一人になりました。

けど、
妹弟を先に亡くしている長女のお義母さんにすれば、
これが世の常なんだと思います。

告別式ではギターの演奏がありました。
ブーシェ作の一番新しいギターと
おっちゃん作の一番古いギターとの共演。

奏者のお二人さま、
おっちゃんのためにおいでくださって、
おっちゃんのために演奏してくださって、
ほんとに有難いこと。

柩には、
おっちゃんのことや
おっちゃんのことが書かれている
たくさんの方が掲載してくらはってたブログを印刷したものを
入れてあげました。

ツイッターでもたくさんの方が
おっちゃんの死を悼んでくれてはりました。

自分が死んでも、
自分の作ったものは
これからもずっと愛され続ける。

素敵だなって思います。

おっちゃん、
ありがとうなー。

実演とかぶらさんようにしてくれて。

miyanさんの音楽を応援してくれてたもんなー。

演奏会も来てくれたことあったし、
ギターフェスティバルの時も
「頑張りやー」ゆうてくれたもんなー。

頑張るからなー。


二週間の間に
二人の近しいヒトを亡くしました。

たくさん泣いたな。

けど実は、
この直後にも
大変なことが待ち受けていたのです。

それにつきましては後日。

一体なんだったんだー4days♪ by バービーボーイズ




ビートルズ実演をレポる。

藍染さん、
なんやかや気忙しい日々を過ごしておりました。

miyanさんのことについては
また後日記事にしようと思うけど、
リーダーも仕事やらいろいろあったらしく、
なんとなく実演の準備が完璧ではない感じでした。

今回は新レパを3曲も入れることにしてて。
それも心配な部分ではありました。

けど、
心も身体も元気に実演ができる!!
それだけで十分幸せ!!

リーダーの指負傷事件の時もそう思ったけど、
今回もそんな気持ちで迎えた2月8日の朝でした。


前夜からの雪も朝には雨になって、
家を出る時には小雨。

よかったー。
大雪で電車止まったりせんで。

ちょっと遅刻でリハスタに着いたら
先にリーダーが準備始めてて。

さぁさぁ!!
当日リハですよ!!

気合十分で開始!!

なんやけど・・
リーダーがとっ捕まってしもたー。

「とっ捕まる」とゆうのはmiyanさん用語でゆうと、
「同じところで何度も間違って
 なかなか立ち直れないこと」。

それも一箇所やないんやなー。

挙句、
「くっそー!!俺はなんでこない弾けへんねん!!」ゆうて怒りだしてさ。

まぁ・・
こんなことはいつものことなので、
miyanさんはいつものように軽く右から左へ受け流すんやがw

挙句、
「練習アカンかったら本番ええねん俺♪」とかって
自分で勝手に決着つけやったw

「ええやんええやん、
 なんとかなるってー♪」とか
miyanさんもゆうたりして、

けど、
「吹奏楽の世界では
 練習ででけんことが本番できるはずないんやけどな♪」
とかゆうたりして、

リーダーの顔にサッと
ちびまる子ちゃんの縦線が入ったんを見逃さんかった
りしてw


17時半、
リハ終了。
「本番お願いしまーす♪」。

リハスタを出て地下鉄に乗って四ツ橋ビートルズへ。

お店に入ってマスターにご挨拶して、

カウンターに座ってはる男性一人、
そりゃそうだよね対バンさんだよね、
「藍染ノスタルジーです!!
 よろしくお願いします!!」。

藍染YouTubeとか見てくれてはったみたいで、
お礼ゆうたり恐縮したり。

続々と対バンさんのメンバーさんが来はって、
ドラマーさんも
「YouTube見ましたよー、
 あの実録ゆうのんおもしろかったです!!」。

アレ見ちゃった・・。
なんかめっちゃ申し訳ないw

なんしか対バンさん、
初めてお会いしたのに
藍染さんにめっちゃ期待してくれてはって、
楽しみにしてますー♪ってゆうてくらはって。

プレッシャーやけど頑張るのだ!!


駆けつけ一杯のビールを飲み終わって、
ゴソゴソ準備を始めて、
対バンさんのリハが終わって、
さぁ、
藍染さんのリハだよー。

とりあ全曲、
1コーラスずつやりましょかねー。

対バンさんと
対バンさんのお客様、
客席に座って笑顔でガッツリ見たはんの。

1曲終わるごとに拍手くらはんの。

「リハですやん!!
 リハから緊張させんでくらさいよー!!」
とかゆうて笑って。

あ、
けどこれって結構いっつもやなー。
月影なんてもっとヒドイw

藍染さんのお客様お一人がご到着♪

「わーい!!」って嬉しがりながらリハ続行、
けど「もういいんじゃね??」と
マスターに「本番よろしくお願いしまーす!!」ってゆうて
サラッと終了。

もうジタバタしたって仕方ないぜーw


到着しはったお客様とお話しながら
本番前のドキドキ時間を過ごす。

さぁ20時だよ!!
本番始めるぜ!!

とQさんの録画ボタンを押して、

あれ??
変な英語が出るよ??

何度やっても変な英語が出るよ??

リーダーが新しいSDHDカードに差し替えて来たのね。
不良品だったみたい・・。

もっと早く気がついてれば買ってきたりできたんだけど、
だってもう本番時刻だもの仕方ない。

お客様女子に私のスマホで撮ってってお願いしたけど、
三脚もないのにずっと構えてられるわけない。

とりあ音だけは撮ろうと
ICをカウンターに置いて録音状態にして、

さ!!
動画はもういい!!
お待たせしてます!!
始めましょう!!

とゆうわけで、
藍染ノスタルジー第四十三実演、
開演です!!


(ダイジェストを藍染YouTubeに上げてます。
 何が出るかワクワクして頂きたいので
 曲名はちょっとの間抜いときますw)



Qさんがおかしいとバタバタしてて、
そのことで心臓がドキドキしたままの実演突入。

息が上がって苦しい・・。

そんなのもあってかなくてか、
やっぱり歌詞を間違えた。

実はこの曲、
今まで一度も本番で間違えずに歌えたことがないのです。
今回こそはって思ってたのに最後の最後で・・。
チクショウ!!

それでも観客席の皆様は
ダンスをすごい喜んでくらはったし、
まぁ良しとしましょうかw


ココは怒る、
ココは諦め、
ココは泣く、
恋と嘘のニュアンスの違い、

いろいろ考えて練習したつもりです。

本番の表情を見て頂ければ分かって頂けると思うのですが・・

や、
声だけでも分かるようにしないといけないんだけどな・・。

これ終わった直後、
お客様に「飲んでくださいよー」ってゆうたら
「じゃ水割り♪」とかゆうてくらはっておもろかったー。

③(新レパ1)
音程は少々外してもいいや、
だって歌い手さん自体そんな上手いわけでないし
それよかかわいく歌おうと。

かわいい奥さんのテイで。

でも怒ってますからね、
不安なんですからね、
そこはちゃんと出さなきゃって。

リーダーが作ってきたアレンジがすごいかわいくて、
初めて聴いた時「いいねぇ!!」って言いました。

生録を聴いたら「上手い!!」って声が入ってて。

きっと対バンさんのギターの女性。
リーダーのギターを褒めてくれたんだーって
嬉しかったな♪


色っぽいところは色っぽく。
寂しいところは寂しく。
ただ景色を歌ってるところは語る。

「あんさん歌いすぎですねん、
 ココは語ってくらさいよー」
とゆうお歌教室のじーちゃん先生の教えを守ろうと。

語ることによって生まれるメリハリ。
大事大事。

息発声を一部分でやりました。
歌い手さんもそうしてたし、
この曲のポイントはココなんだろうと。
色っぽさ倍増ですもんね。

息発声はムズイ。
できた♪と思ったけど、
生録聴いてるとよく分かんないなー。
修行が足らんのだなー。

一箇所、
pに落としてからのクレシェンド使い。

んー・・
もうちょっと大げさにやんないと分かんないな。

あとねぇ・・
色っぽさねぇ・・

miyanさんに元々備わってないからなぁ・・w

⑤(新レパ2)
歌詞にある「一番」を強調したかった。
あんまでけんかったみたい。

Bメロは
幸せな感じで口角を上げて歌ったつもりです。
声質の違いを分かってくださってたら嬉しいな。

振り付け!!
知らんかった!!
あんなんしてはったなんて!!
YouTube見て初めて知った!!

これは・・これは・・

藍染さんですもの!!
やらなあかんやないのさ!!w

動画が撮れなかったの、
ほんまに残念・・。

ま、
またすぐ演って、
今度こそ動画で残しましょうw

けどこれはね、
miyanさんよりリーダーが凄かった!!
2コーラス目のAメロのテク!!

あれね、
miyanさん、
一回「止めて」ってゆうたんよね。
小節の頭が分かりづらいからって。

ほんならリーダーも
「これは次に置いといて今回は素直に弾くわ」とかゆうてて。

けどリハ録聴いたら
すごい良かったのね。

「テクを見せつけておやんなさい。
 失敗してもええからやっちまえ!!」
ってゆうて。

結果、
成功したじゃん♪
リハでとっ捕まってた部分もクリア♪

なんかが降りてきたんかなw

この曲が成功して、
miyanさん、
めーっちゃホッとしてたんだよ。

ってゆうか、
こーゆう一か八かの実演やってるとこで
素人さ満載だわw


前に演った時よかキーを落としてもらいました。
だって全般声張り上げて歌う歌詞じゃないもん。

せつないの。
ほんまにせつないの。

でも本当は幸せなの。
愛してる人に愛してるって言えるんだから。

そこを出さなきゃって。

だから終盤からは笑いました。

オリジナルの歌い方とは違うかもやけど、
miyanさんの解釈で歌わせて頂きました。

「ねぇ」にもうちょっと気持ち入れられたら
もっと良くなったのになぁ。

Aメロ3回目のリーダーのテク、
昔初めて見た時
「指何本あんねん!!」ってゆうた覚えがあります。

お客様が教えてくらはってんけど、
この部分でもどなたかが「すげー・・」ってゆうてはったと。

ふーん。

クヤシイw


もーこれはええねん!!
勢い!!

だってこの歌を上手くゆうたって・・
どう歌えば上手く聞こえるの??ってとこで。

かっこよく歌うしかないよねーって
かっこよく弾けることにしました。

ただテンポがね、
リハでリーダーが結構ゆっくり弾くもんで、
「これはノリノリにせなやし早くして」って何度もゆうたなー。

挙句「本番中ゆうてくれ」ってゆわれましたw

藍染さん、
ええ感じに壊れ始めてきました。

楽しい!!

○アンコール(新レパ3)
いつものように強制的にアンコールを戴きましたw

これ演ろうと決まった時、
miyanさん楽勝で歌えると思ってたのね。
若い頃カラオケ行って何百回と歌ってたもの。

最初のリハで歌って、
帰りにリハ録を聴いたのね。

なにこれ・・
miyanさんの歌、
全然良くない・・。

音程が外れてるわけでもないし、
リズムにもテンポにも乗ってるんやけど、
とっかかりがないとゆうか、
スルーっと聴けてしまって終わり、
特徴もなんもない、
みたいな。

で、
歌い手さんのYouTubeをすぐ見ました。
原因がすぐに分かりました。

やっぱ語りとメリハリですわ。

勉強して次のリハ、
帰りにリハ録。

断然良くなってるなって思いました。

ああ・・
じーちゃん先生ありがとう・・。

原曲にある一発が欲しくて、
リーダーのアレンジに「これ加えて」ってお願いしたり。

リーダーも
「まずはちゃんと真似をすることやな」ってゆうてたなー。

Aメロ終わり、
miyanさんがちょっとクレシェンドかけて盛り上げる。
リーダーのその一発が入る。
そしてBメロに入るまでの一瞬の間。

このやり取りが楽しくてたまらなかったよ。

やっぱ昭和歌謡はいい!!
歌っててめっちゃ楽しい!!

やめらんねーなw

っておもろがってたら、
一箇所ガツっと音程外しちゃった。

ええねん、
リーダーも壊れてた。

生録聴いて、
「ウチらかっけーじゃん・・」って思ったよ。


全8曲。

終わり!!

たくさんの拍手を戴いて!!
無事に!!
実演できて!!
ちゃんと終わった!!


終始、
観客席の皆様はとっても良いお客様で、
聴くところは聴く、
曲終わりは大きな拍手、
リーダーがMCに詰まると助け船を出すw

あったかい皆様でした!!

声を掛けてくださったりしたのは対バンさん。

自分たちの出番前で落ち着かなかっただろうに、
盛り上げようとしてくださったんだろうな。

藍染さん、
月影は余裕なくて、
2バンド目さん見れないもんな。

ほんまにほんまに有難かったです。

対バンさんのお客様もみんな良い方々ばっかりで、
「よかったよー!!」って
皆さんゆうてくらはりました。

藍染さんのお客様はもっと
「よかったー!!」ってゆうてくらはりました。

うん。
ほんまにね、
この日の実演はめっちゃよかった。

新レパをおもろがってくらはって嬉しかったのもあるし、
リーダーのテクが成功したのもあるし、
お客様に乗せられてガンガン攻めていけたのもあるし。

藍染さんのお客様の4名様、
これ・・
めっちゃレアですよw

ビートルズのママがね、
ずっとニコニコしながら観てくらはってた。
小躍りしながらのお手拍子もいっぱいしてくれてはったしね。

去年もそうだったよ。

ママの顔見ながらmiyanさん、
いっぱい勇気もらったー。

また絶対ビートルズで演るんだい!!


ご来場くださいました藍染さんのお客様、
遠いところ誠にありがとうございました!!

付き合いとかそんなんなしに、
藍染さんを観たくて観に来てくださったこと、
ほんまにほんまに嬉しく有り難く思ってます。

機転利かせてスマホで録音してくれたユーホ女子、
ほんまにありがとー!!

その生録の送付をしてくださった先輩も
ほんまにありがとうございましたー!!

ICよか藍染さんらしーええ音です。
電話の方がええ音ってどゆこと??w

ガツガツ単品上げさせて頂きますからねー。

仲良くしてくださって、
盛り上げてくださった対バンさんと対バンさんのお客様、
誠にありがとうございました!!

またご縁がありますように!!

ビートルズのマスターとママ。
ごめんね・・藍染さん集客力なくて・・。

けど
「そんなん全然ええんやでー」ってゆうてくらはって、
「また演ってなー」ってゆうてくらはって。

大好きだ!!

みんなみんな大好きだ!!


楽しかったなー。
この勢いで月影まで持っていきたいなー。

いやいや!!
まずは3月のセトリ決めだ!!

セトリが決まってないゆうことは・・
全く準備できてないってことで・・・。

ひー!!

でも、
「ひー!!」でさえ楽しんでるんだから、
藍染さんって世話ねーよなw

















P・S
ダイジェスト版はコチラ。
http://www.youtube.com/user/aizomenostalgie

単品上げは来週にでも。
まずはセトリ・・色眼鏡の告知・・。

ひー!!w



弾丸!!東京旅!!(後編)

うー・・
早く昨夜のレポが打ちたい・・。

しかし時系列で打たないと忘れる・・。

頑張るうう!!


はてさて、
フードコートで眠り込んでしまったmiyanさん、
一回寝たら二時間三時間が普通のmiyanさん、
珍しいことに15分くらいでシャキッと目覚めました。

ま、
布団やなくてテーブルやもんねぇ。

あースッキリ!!
さぁ!!
これからどうするべ!!

「そや!!
 スカイバス乗るゆうんはどうや??」。

一人旅の時に乗りました。
二階建てバスで東京巡りができるやつ。
結構楽しかったのを思い出しました。

もう他にないもんなぁ・・
けど娘さんら興味ないかなぁとか思ったけど、
スマホをいじってた高2が「乗る乗る♪」と。

スマホで調べてみたら16時40分発のがある。
急いだら間に合う。

まだ空席があるのか問い合わせてみたら
「ございます」とのこと。

まだ寝てる中1を「スカイバス乗るぞ!!」と起こし!!
大急ぎで店を出て小走りで上野駅!!
東京駅からも小走りで丸の内のスカイバス乗り場へ!!

一回行っただけやし迷ったらアウトやなって思ったけど、
miyanさん、
一人で迷いながらでもたどり着いた場所はちゃんと覚えてるんだな。

誰かに連れてってもらった場所は覚えられないけどw

迷わず着いた!!と嬉しがりながら乗り場受付でチケットを買って、
発車10分前にハーハー言いながらスカイバスの二階へ。

・・・誰もおらん・・。

そやわな、
こんな真冬に全開放型のバスに乗るアホおらんわな・・。

と思ったら女性二人組が後から乗ってきはって、
計5人とガイドさん1名だけでスカイバス発車。

今風の若者の格好をしてる娘さんたち、
ミニスカートにショートパンツ、
「さむー!!」。

やけど、
なんかすごいテンション高くて大騒ぎしてて楽しそう。

皇居とか官庁街とかのコースもあるけど、
それmiyanさん前に乗ったから、
この日は東京タワー・レインボーブリッジコースで。

珍しいらしい東京タワーの真下を走って、

DSC_1650.jpg

首都高、
屋根もなんもない二階に乗ってるとまるでジェットコースター、
ガイドさんの盛り上げ方も上手かった、
「きゃーーーーー♪」と娘さんたち大はしゃぎ。

レインボーブリッジも、
乗用車では決して見れない景色をどうぞ♪とガイドさん。

写真を撮ろうとしたらmiyanさんのスマホがいきなりフリーズ・・。

DSC_1652.jpg
なんとか間に合ったけど
だいぶ遠くに・・w

工事中の東京オリンピック会場とか、
もんじゃ焼の発祥地だとゆう月島とか、
夕方の人まばらな築地とか、
そんなのを通って丸の内へ戻る約1時間の旅でした。

終始ワーワー大騒ぎの写真撮りまくりの娘さんたち、
「めっちゃ楽しかったー!!」と。

帰宅した時二人して
「スカイバスが一番楽しかった」とゆってたぐらいなので
そーとー楽しかったのでしょう。

よかったよかった。


で、
日も暮れ始めました。
18時前の丸の内。

やっとお友達と連絡の取れた高2、
渋谷で集合するとゆう。

miyanさんと中1はどうしましょ。

渋谷は横アリの時に連れてったんだよな。
マルキュー入って「ふーん・・」で終わったんだよな。

「歌舞伎町でも行ってみるか??
 んで晩メシ食うか」
「んだんだ♪」。

山手線に乗って、
高2が先に渋谷で降りて、
二人は新宿へ。

東口から出て、

DSC_1656.jpg

「これがテレビでよく見る歌舞伎町のゲートだ!!」
「おーすげーーーー!!」。

よし見たな!!
じゃーもう良い、
メシだメシだ腹減った!!w

二人で決めてました。
「もんじゃ焼を食べるぞ!!」。

関西人はお好みやろ、
もんじゃなんかウマイわけないと思ってたけど、
せっかくやから食ってみようぜと
スカイバスのガイドさんが「もんじゃ」とゆう名前を出した瞬間に決めてたのね。

ちょうどゲートのすぐ近くにお好み焼ともんじゃ焼の店を発見、
サクっと入る。

注文して、
もんじゃのタネが来て、
そうなんかー自分で焼くんかーと
手順の書いたメモを見ながら
二人楽しげにジュージュー。

DSC_1655.jpg
下手くそなのは仕方ないじゃん、
関西人なんやからw

ウマイわけないと思ってたけど、
めっちゃウマかった・・。

結局ソースの味なんだろうけどねw

ちょっと向こうのテーブルでは
どうもお好み焼を焼いてはるみたいで。

東京では自分で焼くの??
大阪はどこも焼いてくれるよねぇ??

焼き方のメモもテーブルにあったし。

変なのーw


おなかも満足。
さぁ店を出て歌舞伎町探索だ!!と
二人でゲートをくぐりましたが・・

10歩歩いた瞬間に「これは教育に悪い」。
「戻るぞ」とターンw

ジャニのなんかを見てる高2と東京駅で集合する時間まで
あと2時間半もある。

「スイーツでも食いに行くか??」
「んだんだ!!」。

こーゆうやり取りを高2としても、
「えーそんないらん」とかゆうに決まってる。

食いしん坊の中1とだから成立するのであるw

パンケーキを食べようと決定。
時間もあるんやし原宿のエッグスシングスまで行こうかとも話したけど、
も・・そこまでしんどいな・・ってことで、
スマホで調べた新宿ルミネのハワイアンなお店に行くことに。

ちょっと地下街を迷ってたどり着いて、
こんふぉーたぶるなソファー席、
パンケーキをウマウマと。

DSC_1658.jpg

サクッと食べ終わって腹いっぱい・・
となると疲れもドッと出てきまして・・。

「これからどうする??」
「もう疲れたなぁ・・」

二人してダラダラとスマホをいじったり、
ボーッとしたり。

「ほんなら・・
 まだ集合時間までだいぶあるけど、
 東京駅戻って土産でも買ってテキトウに時間潰すか」
「んだんだ」。


関西人の二人、
東京駅に戻るには山手線としか考えが及ばなかったけど、
路線図を見たら中央線の快速に乗れば早いとゆうことが判明。

中央線で座って楽々移動♪

東京駅に着いて土産屋をウロウロ。

中1は仲良しのお友達用に東京バナナを買って、
miyanさんも何個か買って、

さぁ、
ほんとにすることがなくなりました。

集合時間まであと1時間。

「疲れたしどっかで座ってよか・・」
「んだんだ・・」。

ちょうどベンチが並んでる広いスペースを発見、
二人並んで座って「はあああ・・」。

別れがたいのかイチャイチャしてるカップル数組。
「うざいのぉ・・」
「んだんだ!!」。

おかんに電話したり、
負けずに二人でイチャイチャしたりw
なんとなく時間を潰し、
「まだ早いけどそろそろ行くかいね!!」。
「んだんだ!!」。

集合場所は八重洲口のマクド前。
「お姉ちゃん無事に来るかなぁ・・」。

まぁなぁ・・
東京慣れてるゆうても
会うまではちょっと心配やなぁ・・。

とか思いながら歩いてたら目の前に高2が!!

集合時間までまだ20分とかあって、
集合場所にもまだたどり着いてないのに、
なんとも不思議な家族の縁w

「ごはん食べる時間なかったー。
 マクド食べてええ??」。

食べたらええわいなー。

中1も一緒にマクドへ。
miyanさんは一服場所を探して八重洲口から外に出て。

DSC_1659.jpg

あとちょっとしたらバスに乗って帰るよ。
また来るぜ東京!!


二人がマクドから出てきて、
夜行バスの乗り場へ
果てしなくスマートに案内する高2について行って、
バスに乗り込むのも高2のスマートな案内に従って。

行きのバスはトイレがあったけど、
帰りのんはないんだよなー。

高2は
「すぐ寝てまうし何回かトイレ休憩あるし大丈夫やって!!」ってゆうけど、
miyanさんと中1は不安だ・・。

なので、
miyanさんはもんじゃ以降
酒は飲まないことにしてましたw

と、
京都が終点じゃないんだな、
京都で降りそこなったら次は梅田、
梅田過ぎたら次は天王寺だ。

緊張して寝れないじゃないか・・。

バスは西に向け発車。

まぁ・・
トイレ休憩の度に起きてトイレ行こ。

って思いながら目を閉じて・・

目が覚めたら京都の一つ手前のトイレ休憩でしたw

娘さんたちも爆睡してたようだ。


朝方5時半、
無事に京都に着いて「さっむー!!」。

東京は(スカイバス以外)どこもかしこも暑かった。
朝方ゆうんもあるやろけど、
三人ブルブル震えながらJRに乗り、
駅から歩いて帰宅。

すぐ風呂を沸かして、
学校に行く二人が順番に入って。

21日はちゃんと学校行くって約束の上での東京行きでしたさかい。

「今はしんどいけど、
 やっぱ東京楽しかった!!」。

うんうん、
よかったよかった。

けど次は・・

かーちゃん一人で行くんやからな!!
アダルトコース巡りだ!!w





















P・S
miyanさんは20日の0時、
夜行バスの中で誕生日を迎えました。

演奏会やら東京行きやらで実際忘れててw
でも20日の一日の間でお祝いメールを五人の方から戴きました。

覚えててくれた皆さん、
ありがとう!!

メールでハッピーバースデイのお歌を歌ってくれた心の妹、
ありがとう!!

また来年もよろしくね♪w




弾丸!!東京旅!!(前編)

あれは・・12月の中頃くらいかなぁ・・。
高2が1月20日のジャニのなんかの東京公演を観るために
19日の東京行き夜行バスを探している時のことであります。

スマホをいじりながら
「わーお!!めっちゃ安い!!」。

「なぁなぁかーちゃん!!
 夜行めっちゃ安いでー!!
 往復で8000円!!」

「あっそ。
 それがどうしたんな」

「だってこんなんありえへんで!!
 やっすー!!」

ふーん・・。

それを聞いてた中1がゆうのです。
「安いんかぁ・・
 ええなぁ・・お姉ちゃん・・
 お姉ちゃんばっか東京いっぱい行っててええなぁ・・」。

miyanさんは中1の
「お姉ちゃんばっか」ってゆう言葉に弱いのです。

「二人で行ったら??」

「ええけど・・
 お姉ちゃんがコンサート観てる間
 うなぼんどうするん??」

「かーちゃんも行かなあかんゆうことやな。
 ほんなら無理や。
 演奏会翌日や倒れてるわ」

「うなたんも行きたい・・
 テスト終わってるし・・
 クラブもヒマな時やし・・
 お姉ちゃんばっかズルい・・
 新幹線でとか贅沢ゆわへんし・・
 夜行バスも乗ってみたいし・・
 うなたんも行きたい・・」

だから・・
miyanさんはそれに弱いんだってば・・。

・・・

・・・

・・・

「分かったよ・・
 とうちゃんに電話して聞いてみい・・
 うなぼんは学校休まなあかんのもちゃんと言わなあかんぞ」
(高2は学校が中学受験やから自宅学習)

すぐさまとうちゃんに電話する中1。
「かーちゃんが一緒やったらええって♪」。

「お姉ちゃん・・
 夜行3枚取りなさい・・」

「やっほーい♪」
「うなぼんヤッタネ!!」。

演奏会翌日のmiyanさん、
果たしてそんな体力が残っているのだろうか・・。

そやけどまぁ・・
東京・・
行ってもええよなw


かくして1月19日。
夜21時半に家を出発。
JR京都駅八条口から22時半に出るバスに乗車。

DSC_1623.jpg

バスの係のヒトに慣れた顔で3枚のチケットを渡す高2。
何度もジャニを観に夜行で東京へ行ってる高2です。
変なとこで大人w

miyanさんと中1は初夜行バスです。
ドキドキ・・。

ササッとエアー枕を膨らませイヤホンを耳に刺し、
毛布を身体に掛け最後にアイマスク装着、
サクッと寝る体制を取る高2。

その手際の良さに尊敬の眼差しのmiyanさんと中1w

バスが動き出したよ。
これから8時間くらいしたら東京かぁ。

miyanさんも寝よ♪

ゆうても興奮してるのかすぐには寝れなくて、
景色を見ようにもカーテンはびっしり閉められてるから見れなくて、
なんとなく音楽聴きながらスマホいじって。

どの席にもカーテンがついてて、
個室風に閉め切れるようになってるのね。

miyanさんの隣が高2で、
その隣が中1。

miyanさんが眠り込んでる間に変な客が娘さんたちに悪させんやろか
とかちょっと不安になったりしたけど、
miyanさんも疲れてる、
サクッと寝てしまいました。

目が覚めたのが東京の一つ手前のサービスエリアに停まった時。
それまで気持ちよく寝てたらしい中1と外に出て腰を伸ばして。

「かーちゃん!!
 もうすぐ東京やな!!」

うんうん。
楽しみやな。


7時前に新宿西口に到着。
寒いけど清々しい。

DSC_1628.jpg

「こっちこっちー」。
果てしなくスマートに道案内をする高2。

その先は24時間営業のマクド。
いつも近くのネカフェか
このマクドで歯を磨いたり化粧をするらしい。

朝マックを食べて、
化粧やらいろいろしながら「これからどうするー??」。

ノープランでしたからw

んー・・

「スカイツリーとか行ってみる??
 かーちゃん特に興味ないけど」。

スカイツリーのサイト見てみたら
当日券の販売が8時からだと。

「他にどこも開いてないしなぁ」
「んだんだ」。


月曜の朝です。
ラッシュアワーの時間帯にユラユラ歩く関西弁の女子三人、
電車を乗り継いでスカイツリーへ。

DSC_1631.jpg

興味ないよなぁとか言いながら、
実物を見たら見たでテンション上がる二人。

平日の朝一、
チケット売場もエスカレーターも一切待ちなしでスルスルーっと。

「おー!!」。

DSC_1634.jpg

残念ながら富士山は見えなかったけど、
皇居やら国会議事堂やらを見つけてはしゃぐ二人。

二人??
あと一人は??

実は中1、
高所恐怖症だったのですね。

着いた瞬間から
「うなたんアカンかも・・」とかブツブツゆうてて、
エレベーター内も「ひえー!!」やって、
展望台に到着すると同時に
まる子ちゃんみたく縦線がいっぱい入ってる状態。

もちろん外の景色など一切見れず、
壁側にへばりついてソロソロ歩くしかできない中1。

「キレイやでー見てみーや♪」
「無理!!」

「ほらあれディズニーやで見てみーや♪」
「無理!!」

おもろがるmiyanさんと高2w

だって、
「上がるんやめるか??」ゆうても
「いや!!行く!!」ゆうたんは中1だ。

もちろん、

DSC_1635.jpg

こんなことができてしまうのはmiyanさんと高2、
中1は「アホやーアホやー!!」と言いまくってましたw


中1には地獄だったスカイツリーを後にして、

「次は浅草行こうかね」
「んだんだ」。

思い付きだw

ちょうど浅草直行のバスが待ってたので乗って5分くらい。

DSC_1637.jpg

「これが仲見世なわけだな」
「ほほう!!」
「人形焼!!おせんべい!!あれも食べたいこれも食べたい!!」

中1の顔の縦線は一瞬にしてなくなりましたw

仲見世を食べ歩きしながらユラユラと見物。

そういえば今年初詣行ってなかったなぁと本堂でお参り、
おみくじなんか引いてみる。

miyanさんは末吉、
高2は大吉、

中1は凶・・
「うーわーーーーーーー!!」。

二人は爆笑。

中1ってこーゆうキャラなんだよなw


仲見世を「腹いっぱい♪」とゆう形で堪能して、
「次はアメ横でも行ってみるか」
「んだんだ」。

スカイツリーへ行くのに来た上野駅に電車で戻って。

アメ横は一昨年の年末に一人旅した時に来たので、
今度はmiyanさんがスマートに道案内。

DSC_1638.jpg

「服は見んぞ!!」
「んだんだ!!」。

去年、
二人がジャニjrのコンサートを観るゆうて横アリまで、
miyanさんも付き添いで行った時、
うっかり原宿へ当時小6を連れてったのが大失敗、
服大好きな小6が原宿から出ようとせず、
他に行きたいところどこにも行けなくなったとゆう経験あり。

中1も「今日は服は見ない!!」と決めていたようで。

「記念にプリ撮る♪」ゆうてゲーセンに入ってった高2と中1。

miyanさん・・ヒマ・・。

あっ!!
テレビで見た飲み屋だ!!

ビール・・ビール・・。

しかし悲しいかな、
仲見世で食べ過ぎてビールも腹に入らない。

仕方なしプリ待ちブラブラ・・。

プリ後の二人が嬉しそうに出てきて、
また何となくブラブラ・・。

屋台が並んでるゾーン、
トルコ屋台のフォリナーなお兄ちゃん。

「タベテッテヨー!!
 ムシシナイデヨー!!
 チビマルコチャン!!」

自分のことをゆわれてるとハッキリ認識した中1が
「うっ・・ヒドイ・・」。

やっぱり爆笑するmiyanさんと高2、
「前髪パッツンのヒトはみんな
 まる子なんやできっと」w

ほんまにね、
ウチの中1って
なんかいっつもおもろいことがついてくるヒトなんですよw


「アメ横もうええなぁ、
 他行こか」
「んだんだ」。

とかゆうても・・
行きたいとこが思い浮かばんなぁ・・。

信号の向こうにフードコート的な店を発見、
「座って考えよか」
「んだんだ」。

miyanさんの腰は限界でした。
そーいえば昨日は演奏会で、
楽器吹く以外はずっと走り回ってたんだよな。

いてー・・。

けどとりあ!!
一服させてくれ!!

「かーちゃん電話してくるからココでなんか飲んどけ」とか、
隠れて一服に行く時のいつものゴマカシの一言をゆうて1000円渡して、
二人が店に入ったのを見届けて、

miyanさんは隣のコンビニでコーヒー

や・・
やっぱビールだよね・・と
ロング缶を買って、

なんとなくすぐ横の階段を登ってみたら公園らしきところで、
目にパッと喫煙場所が飛び込んできて、
「うわーーーお!!
 パラダイスううう!!」
と急ぎ足でそこへ行ってビールを開けて一服。

腰が痛いのも忘れて、
その間ボーッと。

そして気がついたのでした。
「ココが上野公園なのね」w


フードコートに戻って、
今度は本当にコーヒーを買って、
二人のテーブルを見つけて椅子に座って、

さぁどうしようねぇ・・。

miyanさんはクタクタだ。
二人も歩き通しで疲れてる。

「ちょっと休憩しようぜ・・」
「んだんだ・・」。

高2は友達と連絡するのにスマホをいじりだして、
miyanさんと中1はテーブルに突っ伏して
「疲れたー疲れたー」。

アカン・・眠い・・。
このままちょっと寝てしまおうかな・・。

そうだよなぁ・・
夜行で寝るんも疲れるもんなぁ・・。

遠のく意識・・。
グゥ・・。













さて皆さん!!

京女三人、
この後一体どうなるのか!?

このまま眠り込んだまま
東京旅は終わってしまうのか!?

それは!?

それは!!

明日のビートルズ実演の後にねw