鬼の霍乱。

miyanさんが直近熱を出したのは、
もうすぐ高校生が2歳の時、
家族もろともがインフルでぶっ倒れた時。

直近やけど、
13年前だす。

それ以来、
発熱とゆうものを経験したことがない
このタフな身体。

そのmiyanさんが、
先週金曜夜に発熱。

これは一体どうしたことか。

まさに
鬼の霍乱(かくらん)。

※ふだんきわめて健康な人が珍しく病気になることのたとえ。
(大辞泉より)


金曜朝、
普通に起きたと思う。

普通に二度寝したのかな。

ちょっとその辺は覚えてないんやけど、
昼過ぎくらいからのことは
ハッキリ覚えてて、

なんしか、
晩メシのカレーを作ってる間から、
なんとなく身体がダルイ。

それが
なんとなくでどんどんなくなってきて、

腰から下が鉛。
腰から上も鉛。

息を吸っても吸っても
身体に入っていかないとゆうか、

なのに、
身体が毒素を出そうとするのか、
深い溜め息ばっかり出る。

しんどいぜ・・。
これはなんだ!!

熱を測ってみる。
平熱。


15時45分には仕事に出なあかんくて、
熱があったらどもこもない、
園長先生やセンセたちに迷惑かけても休まなきゃ。

保育園とゆう場所だ。

小児科の先生に、
熱が出てたら移すって聞いた。

逆に、
熱がないなら移すこともないと。

そんなんで休んで
迷惑かけるわけにはいかんし・・。

「行ってくるわなぁ・・」
小6に力なく言って家を出る。

外は冷たい雨。

チャリ乗ってけば
3分で着くのになぁ・・。

タラタラ歩いて保育園へ。


幸いなことに、
その日の担当は
おりこうさんのぱんだ組さん。

絵本を読んだり、
ブロックで遊んだり。

いつもやったら
ゆったり子どもたちと向き合うのに、
その時のmiyanさんの頭の中は
「しんどいしんどい」。

ベテランセンセにお願いして
熱を測らせてもらう。

微熱でもあったらすぐに帰らな、
この子らに移すわけにはいかん。

体温計を脇に挟んでる間も、
さきちゃんりょうちゃんが代わる代わる
「えほんよんでー」って来はる。

ベテランセンセは心配してくらはってて、
「miyanセンセ
 いま読めないから
 こっちおいでー」

ありがたかった。

平熱。

よかった・・。
あと1時間半
我慢したら帰れる。

とりあえずは・・。


ベテランセンセに
これ以上心配させたらあかんし、
「インフル??」とゆう可能性も頭をかすめつつ、
他に思い当たる節もあったし、
「きっとそっちさ」と
できるだけ笑顔で1時間半を過ごし、

「お先に失礼しますー
 また後ほどー」と園を出る。

タラタラ歩いて家到着。

深い溜め息をつきながら着替える。
深い溜め息をつきながら化粧を直す。

途中何度も
「欠席しようか・・」と考えたけど、
そんなわけにはいかんよなぁ・・。

熱を測る。
平熱。

保育園のセンセ方の送別会。

「一緒に行こうね」と、
miyanさんと一緒じゃないと心細い風の
同じフリーのセンセに頼られてしまってる。

駅までタラタラ10数分。

冷たい雨が憎らしかった。


出る直前に飲んだ鎮痛剤が効いたのか、
気分もしゃきっとしたのか、
食欲は全然やけど、
少しは楽な感じでセンセの皆さんと過ごす。

ただ・・

なっがいなっがい一人一人の
別れの挨拶の時間はつらかった・・。


21時に閉会、
miyanさんはすぐにでも
家にたどり着きたかった。

センセと冷たい雨の中
駅まで歩いて、
電車に乗って、
駅からは車で送ってもらった。


到着。

「ただいま」の一言だけ言って、
風呂に入る。

あったまりたかった。

けど、
身体を洗いだして
入ったことを後悔した。

上がって、
そのまま布団へ直行。

しんどい・・
だるい・・
眠れない・・

あ、
寒い。

布団にくるまってるのに
ガタガタ身体が震える。

思い出した。

そうだ、
これが熱の出始めだ。

そのままウトウトしたのかな。

目が覚めて熱を測る。

38度。

「やっと出たか」と
ホッとした自分がいた。

けど、
「明日・・
 楽しみにしてたのになぁ・・」。


土曜朝の目覚めはスッキリ!!

昨日あんだけしんどくて、
熱があったなんて信じられないほど
身体も軽い。

ほんま一体、
なんだったんだ・・。

「かーちゃん行ける??」

「ごめんなぁ、
 何の熱か分からんしなぁ・・
 もしインフルやったら、
 ばら撒くん確実やしなぁ・・」

気分が乗ったら行こかなゆうてた
オトナのヒトを起こして、
「頼む、
 一緒に行ったってくれ」。

楽しみにしてたけど、
行けるなら行きたいけど行ったらあかんし、
これから化粧してバタバタして出て行くのは
さすがにしんどいな・・。

高校の入学説明会。

ちょっとお洒落して、
みんなで行って、
帰りに京都駅地下で昼ごはん食べよ♪

何食べよっかな♪

晴れ晴れと向かう、
ムスメの入学が決まった高校。

楽しみにしてたのにな。


二人を見送ってから、
少しボーっとして、

髪もボサボサのままワッと束ねて、
パジャマの上にジャージ着て病院へ。

インフルの検査。
なっがい綿棒で鼻からノド元グリグリ。

10分くらい待合室で待って、
もっかい呼ばれて、

「陰性なんですけどね、
 熱が出て12時間経ってませんよね、
 ちょっと微妙ですね」。

しくった・・
昼前に来たらハッキリしたかもやんに・・

結局、
発熱の原因は分からんのか・・。

しゃーないな、
明日の高校練と楽団は休もう。

もしインフルやったら、
熱が下がった日の次の日とその次の日までは
学校行ったらあかんって
小児科の先生ゆうてたし、

特に、
本番直前の高校なんて行って
ばら撒いたらエライことや。

それから一日、
食べることも忘れて
ひたすら寝てた。

晩メシは
残りのカレーで済ませたようだし、

食洗器が動いてる音で一瞬目覚めて、
「あー、
 オトナのヒトが片付けてくれたんやなぁ」と
ふっと思ったのだけは覚えている。


日曜朝。
目覚めた。

あかん!!
頭痛!!

これはいつもの痛み。

おでこの上に
重いブロックがずっと乗っかってて、
さらにギューギュー押されてる痛み。

移すからとかゆうてる場合ではなく、
結局身体があかんかった。

ま、
潔く諦めれるゆうたらそうやけど、
痛いのはツライやんけ・・。

バナナ食べて、
鎮痛剤を飲んで寝る。

おかんが来た。

心配してくれるんは嬉しいが、
若干・・
いや、
相当うるさい・・。

が、
洗濯から何から
家のことをやってくれるのは
めちゃめちゃありがたい。

おかんが買ってきてくれたパンを
むしゃむしゃ食べて、
もっかい鎮痛剤を飲んで寝る。

夕方、
やっと痛みが去った。

もったいない週末を過ごしてしまったなぁ・・と
後悔しながらも、

鬼の霍乱さ、

もうこんなこと
そうそうないはずさ。


元気しゃっきり起きて、
元気なmiyanセンセで朝勤務に向かった月曜朝。

金曜中に解熱してたと願って、
土曜と日曜開けてるし、
もしインフルやったとしても
きっともう移さないはず。

心配なのは、
金曜にしんどいしんどいと思いながら
お相手してたぱんだ組の皆さん。

小児科の先生、
「熱がなかったら」とかゆうてても
なんか毒素は出てたかも・・。

今朝もぱんだ組さん担当。

皆さん元気やった。

インフルの潜伏期間は長いゆうんで、
全く心配ないわけではないけど・・。


ほんまにほんまに
一体なんだったんでしょねぇ。

インフルもねぇ・・
Aは予防接種受けてるしねぇ・・

今年のワクチンはハズレやったらしいけどね。

いくらBゆうてもねぇ・・
最高38度くらいで済むもんかねぇ・・。

もうすぐ高校生は
こないだBやらはったけど、
普通に39度超えたしねぇ・・。

なんとなく思うに、
花粉の仕業やったんちゃうかなぁとか・・。

熱が出ることもあるんだってね。

先週、
すっごいしんどかったなぁ花粉の症状。

それかなぁ・・。






ま、
いっかー。

色眼鏡でもゆうたけどー、

なかったことにしよ♪


明日夜は新旧本部役員懇親会。

朝夕仕事行って帰ってまた出て、

本部仕事最後の最後!!

ウマイもん食って、
ウマイ酒飲んでくるさw


定演終了。 | Home | 3月っていろいろあんのね的つらつら97。

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する