高1DAYS。

月影の次の記事は、
こーゆうことになりますでしょうかねぇ・・。


終わりました、
高1の吹奏楽コンクール。

なんかまぁ・・
昨年までに比べ至極アッサリと・・。


まずはコンクールを語る前に、
7月後半からの高1のグッタリDAYのことを
語らないといけないでしょう。

高校野球予選大会の応援。

高1の高校は、
中学野球部監督の推薦を経て、
どんな受験を受けて入学してきはるんかは知らんけど、

なんしか、
高校野球全国大会に出るための選手を養成するコースがあるほど、
それに力を入れている高校です。

7月後半ゆうたら、
吹部にとってはコンクール練習キリキリの
大事な大事な時期でございます。

miyanさんが高校現役吹部の時、
野球部顧問から応援の要請があったようです。

当時の吹部顧問は、

「アホか!!
 予選大会もろくに勝ち上がれへん弱小野球部の応援なんかに
 行っとる場合か!!
 うちは大事な大事なコンクール控えとる!!
 無理!!」

と口汚くゆうたかどうかは知らんが、
あっさり断ったとゆう昔話。

しかし、
高1の高校ではそんなわけにはいきません。
たとえコンクール前の大事な大事な時期でも、

学校上げて応援してるわけですから、
これが高1の高校の大きなセールスポイントであるわけですから、

顧問が断れるわけがないのでしょう。

吹部はもちろん、
OB・保護者・チアリーダー、
準決勝からは全校生徒、

わ○さスタジアムに駆けつけた大応援団。

吹部は準々決勝準決勝決勝と行ったんかな。

朝5時半出発の日もあって、
とーちゃんが学校まで送って行ったり。

高1、
テレビによー映ってましたわ。

吹部でお揃い、
紺の高校名入りTシャツと帽子、
日光サンサンのあっつい中で立って吹奏。

miyanさん、
仕事が休みやった日、
生まれて初めてスポーツ番組を
最初から最後まで全部見ましたw

しかし、
帰ってきたらどんだけ疲れた疲れたゆわれて
機嫌悪いんか思ってたら、

いやいや、
応援は楽しかったようで、
決勝に勝って甲子園に行けるのが
すごい嬉しいらしく、

いちおこの辺では
高校野球の伝統常勝高ではあるけど、
それでも三年間一度も甲子園に行かずに
卒業する子もいるらしい中、
高1ですぐなんてラッキーやんかーゆうて喜んではみたんやけど、

けどやっぱり、
帰宅後はグッタリではあるわけだ。

何故なら、
試合終了後の搬出やら済ませ、
わ○さスタジアムから高校へ戻り、
それからコンクールの練習をして
遅くに帰ってくるから。

そりゃ・・
練習せんわけにはいかんわなぁ・・。

こんなこと、
高校生やからできることや思うけど、
高校生でも日々グッタリ、
帰ったらソッコー風呂に入ってメシ食べて、

「寝るわ・・」

大好きな嵐さんのDVDを見る余裕もなく、
PCを触る余裕もなく。

けど、
この間はまだよかった。

それが終わったらすぐ、
吹奏楽コンクール地区大会のお手伝いの日々。

顧問が高吹連の理事長であるためなのか、
前半日程のお手伝いを例年やってるそうで。

彼女は誘導係。

その中の一日は
母校の中学の誘導ができたそうで
嬉しかったみたいやが、

どこの吹部も
コンクールの練習に丸一日費やしている中、
彼女の吹部は夜まで楽器も吹けず。

ご褒美なのかなんなのか、
コンクール終了後のホールで
リハーサルをさせてもらえるらしいが、

そんな、
他の高校と比べ物にならない少ない練習時間、

帰宅は23時、

さすがにとーちゃんがホールまで迎えに行ってたけど、
朝6時半出発の23時帰宅ですわ。

miyanさんも、
グーグー寝てるわけにはいかないじゃないか、
一緒に起きて、
朝メシと弁当準備して、
「行ってら」ゆうてから寝る。

ま、
寝てるんやけどw

少ない練習時間に加え、
他の部分での体力消耗。

どんどん機嫌も悪くなり、
もうしゃべるのもしんどいゆう状態。

朝起きて、
出る準備も全て終わってから、

「かーちゃん・・
 5分だけ寝かせて・・」

どんだけ疲れてるんや・・

こんなんで!!
コンクール勝てるわけがないやないか!!

それでも、
こんな時にブーブー文句ゆうたってどうしようもないし、
彼女の気分を荒立てるだけ。

ホールで軽く食べたからゆうて
なんも食べずに寝るのは分かってても、
おにぎりとか作っておいたり、

その分朝は食べるだろ思って、
ごはんとおかずと果物は
キッチリ出してやるようにして、

ただ、
いま倒れることだけはないようにと、
小6含め家族全員で気を使ってた日々やった。


んで、
彼女のコンクール当日、
8月7日。

朝4時半起床の5時半出発。
とーちゃんが学校まで送って行った。

miyanさんは年寄りやから
そのままずっと起きとくなんて無理やし、
3時間くらい寝て、
彼女の本番の前の休憩時間に
十分間に合うようにホールへ。

二個前の高校が海男やってて、
あれはホルンがエライことになってる曲やから、
「ひえー!!勇気あるなぁ・・」思って聴いてて、

一個前の高校は三角帽子やって、
あー懐かしい懐かしい思って、

ってか、
ホルンがめちゃめちゃ鳴ってて上手くて
やっぱり「ひえー!!」思って、

彼女の高校の出番。

暗闇の中の転換が終わってライトがついて、
1stの位置の彼女を探す。

反響板に近づけようとのことなのか、
トランペットの後ろ、
最後列にホルン4人。

の割には
全く響いてこーへんねんけど・・。

元々、
そないホルンの出番のある曲ちゃうし、
こんなもんなんかなぁ思いつつ、

例年のように、
目から汗が出るわけでもなく、

彼女の音を探して、
ただ淡々と聴いてた。

なんとなく、
もうこんな日々早く終わらせたってゆう気持ちも
あったからなんかなぁ。

演奏は、
可もなく不可もなくって感じ。

難しいリズムのとこも
上手いことまとめてはるなーとは思ったけど、
ソリストが少し残念だったり、

ま、
ダメ金取れたら十分だよね的な。

本番が終わったら、
外での写真撮影。

吹部全員で並んでる中の彼女の顔。

それは、
三年間この時を見てきたmiyanさんにとって
異質のものやった。

全くキラキラしてない。

例年のやり切った感の、
あのキラキラ感が全くない。

全体写真が終わってパート写真、
寄ってきたOBを囲んでる彼女。

笑顔が半笑い。

この時miyanさんは
話しかけたりしないことに決めてるから、
そっと眺めてるだけやったし、
彼女が何を思ってるかハッキリはせんかったけど、

疲れもあるだろうし、
しゃべるのもしんどい中でも愚痴ってた母校中学吹部との違い、

違うのは当たり前なのは彼女も分かってる、
でも納得できないあんなことこんなこと、

そんなんが彼女のやり切った感を
なくしてしまってるんだろうなと。


金銀銅の発表と、
関西大会に出場できる府代表の発表が
それから1時間後にあるとゆう。

せっかくやし聞いて帰ろうと思って。

演奏会場の上の階のホール、
中には出場者のみ、
それ以外はロビーの大きな液晶画面に映し出される
ホール内の模様を見る。

miyanさんも
取り巻きの後ろの方から覗き見る。

まずは今日のプログラム、
金銀銅の発表。

金賞常連校が二校続いて、
今年も金。

ホール内から大きな歓声が聞こえた。

それから、
海男の高校シルバー。
三角帽子もシルバー。

次の発表、
彼女の高校。

「ゴールド、金賞です」と発表があると信じてた。

が、
「シルバー、銀賞です」。

関西までは行けなくても、
金賞常連校やった彼女の高校。

液晶画面を取り囲む人たちからは
どよめきが起き、
ホール内はシーンとしてた。

「落ちた・・」

miyanさんは
一瞬足の力が抜けた。


代表校の発表。
今年は常連校がことごとく落ち、
それにも人たちがどよめいた。

選ばれた高校の一つに、
中学吹部時代の親友ホルン吹きがいる。

よかったなぁ、
ひな。


会場を後にして地下鉄に乗って、
烏丸でクリスピードーナツを買って出て、
ふと横を見たら服屋で、

彼女がいま一番喜ぶのは服だよな
って思って店に入って、
半額になってた彼女好みのワンピースを買って、

外を歩く、
電車に乗る時は必ずICを聴いてるmiyanさんやけど、
その時はICの存在も忘れてた。

この無理なスケジュールを組んだ学校が悪い!!

それでも例年金賞校やった。
ゆうことは、

高1の彼女が責任重大な1st吹かなあかんほど下手くそな
2・3年が悪い!!

ホルンには2年がいないけど、
下手な3年が1st吹いても
カバーしてやれるぐらいの腕を持ってない
2・3年が悪い!!

「アタシが1st吹いてもええんかなぁ・・
 先輩どう思ってるやろなぁ・・
 先生も酷やわぁ・・
 しんどいなぁこーゆうの・・」

悩んでた彼女への報いがこれかい!!

言葉も内容も良くないのは分かってるし、

遠いから仕事あるからめんどいからゆうて、
保護者会にも一度も行ってないmiyanさんがゆうことではないことも
ちゃんと分かってたし、

けど、
その時のmiyanさんの頭の動きは
制御不能やった。


帰ってボーっとして、
あかん寝よう思って横になって、

でもきっと、
あの中にいた彼女は
金は取れへんって分かってたんやろな、

だからこその
あの半笑いやったんやろな、

そんなことを考えてるうちに
グッスリ眠ってた。


起きて晩メシ作り終えて、
小6が帰ってきて。

「お姉ちゃんどうやった??」
「銀に落ちたわ」

「えーーー!!
 お姉ちゃんかわいそうに・・」


連日の23時帰宅から解放された高1、
19時前に帰宅。

「お疲れ」
「うん疲れた」

「残念やったな」
「銀じゃあかんやろーーー!!」

「食欲ないから
 ごはんまだいらんし、
 かーちゃん愚痴聞いて!!」

それから1時間はずっと
彼女と話してた。

人間関係のこと、

「ええなぁ上手くてってさぁ!!
 お姉ちゃん中学でめっちゃ頑張ってんもん!!
 頑張ってもないのに羨ましがってるだけで
 練習も全然せーへんねんであの子!!」

「先生、
 ごめんなって泣いてたけどさぁ!!
 関西の日に合宿入れてる時点でおかしいよなぁ!!」

「来年は絶対返り咲かなあかん!!」

一時期、
吹部やめたいやめたいゆうてた高1。

ほんまやめるわゆうかも知れん思ってたけど、

「ホルン2年おらんから、
 9月のマーコン(マーチングコンテスト)終わったら
 お姉ちゃんパートリーダー確定らしいねん。
 みんなしごいてええかなぁ」

「しごいたらええ、
 けどその分、
 アンタこそめっちゃ練習せなあかんし、
 みんなとうまいことやっていかなあかんのやで」

「頑張るわ!!
 中学のみんなに負けてられへんもん!!」


みんなでカレーを食べた後、
miyanさんは台所にいて、
ふと見れば携帯を持ったまま高1爆睡。

身体ベトベトで気持ち悪いやろに・・
とは思ったけど、

「樹○さん、
 布団行って寝なさい」

ええやん、
今日くらいはさ。


翌朝miyanさんは早出の仕事で、
全員爆睡の中仕事行って、
いつものように帰って寝て、

寝てても物音は感じてて、

あー
高1シャワー浴びてるなぁ・・

起きたらメイク終了の高1。

「昨日のワンピ着て行きたいけどー、
 ボーリングやしー、
 こないだ買ってくれたフレアパンツにするわ♪」

990円やけどもw

やっと辿りついた彼女のオフ、
吹部友達と遊びに行くゆうんは聞いてて。

「靴下持ったか??」
「あっ!!忘れてた!!」

今日くらいゆっくり身体休めたらええのに思ったけど、
それは年寄りの考え。

170cm近い身長、
モデル体型の彼女、
白トップス&サーモンピンクのフレアパンツ、

いっぱしのお姉さんに変身して、
ヒラヒラと出かけて行きました。


そして、
今日からは普通に練習の日々。

やけども、
土曜にサマコンがあるらしい。

「二日でポップス仕上げるらしわ」

9月にマーコン・・。

顧問の考え方、
ほんま分からんわ!!

ま、
観に行くけどもw





P・S
もしテレビのチャンネルが高校野球で、
それが5日目の第一試合やったりしたら、
北海道代表じゃない方の応援席、
吹部の紹介でもあったなら、
ホルンを持った一番デカイ子を探してやってくらさい。

それが、
miyanさんの自慢のムスメ。

幼児番組を頼りにされてるママたち、
ごめんなさいねm(_ _)m



お盆DEATHね。 | Home | 第二十八実演、月影4レポ。(長文につき5回くらいに分け読み推奨)

コメント

五日目の第一試合ですね!
起きられるかな・・・(^-^;(笑)
応援したいので(ミーハー(笑))前日に「明日よ~」とつぶやいてください(笑)
miyanさんの日記にはいつも泣かされます。
miyanさんの優しさと、それに対する羨ましさがあるんだと思います、私の母親と全然違うから。
いつでも家族に応援してもらえてるお嬢さんたちが、とてもうらやましいです(^_^)v
とりあえず、五日目w

2012/08/09 (Thu) 19:34 | ぶなこ #- | URL | 編集
期間中、雨があれば順延ねw

>ぶなこちゃん
早々のコメントありがとう!!

そやねん・・
また高1出て行くん朝方やから
二度寝するやんかぁ・・

起きれるかなぁ・・(;゚Д゚)

泣いてくれてありがとうね。
けど
自分が親になってみると
我が子は絶対自慢なんだと思うんだー。

昔からブログとかあったら
ぶなこちゃんのことも
「いい子なの」って載せてはる思うな(´▽`)

応援ね
バレー部やったりしたら
絶対知らんぷりだよw

つぶやくのね!!
みくちはちょっと恥ずかしいから
こっそりツイッターで・・(;´∀`)

ってか
ぶなこちゃんの体調が心配だよ・・(>_<、)

2012/08/09 (Thu) 20:19 | miyan #MS4DxwAY | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する