一体なんだったんだ、4days。

2月2日、
おっちゃんの葬儀が終わって、

まだ日も高い、
なんか甘いもんでも食べて帰ろかとかゆうてたら
おとんもおかんも弟も行くとゆう。

二台の車でファミレスに行って、
わいわいとパフェやらなんやらを食べました。

さすがに疲れていたmiyanさん、
早く帰ってソッコー風呂に入って落ち着きたいと思っていました。

そやけど
とーちゃんと娘さんたち、
買い物行きたいとかゆうんやな。

「かーちゃんは勘弁してー」ゆうて
miyanさんだけ弟に駅まで送ってもらって
先に家に帰りました。

風呂に入って、
ボーッとして、

ボーッとして・・
ボーッとして・・

「あの子ら何やっとんねん、
 明日は学校やんに」

なっかなか帰ってこない3人。

「西武とか行ったー♪」。
やーっと帰ってきて、
ゴロゴロしだす娘さんたち。

ほどなくです。
中1が
「かーちゃん・・
 なんかしんどい・・」。

熱を測ってみたら38度。

「インフル!?」。

次週に研修旅行(シンガポール)を控えてる高2、
その週に実演を控えてるmiyanさん、
「ぎゃーーーーーー!!」。

「いや!!
 単に疲れてるだけかも知れん!!
 とりあ寝ろ!!」
「マスクマスクマスク!!」。

インフルの予防接種は11月に済ませておる。
そやけど受けててもかかることはあるし・・。

しんどい・・と中1がゆう回数に比例して
熱はどんどん上がってゆく。

熱が出たのが20時過ぎ。
明日の朝ならインフルの判定も出るだろう。
医者連れて行かな。

戦々恐々の我が家でした。


2月3日朝、
かかりつけの小児科へ。
体温を測りました。

39.9度。
miyanさんもお医者の奥さんもギョッとしてた。

インフルの恐れがある時は別室で順番を待つんやな。
そこでも「しんどい・・」と唸っている中1。

「寝てても起きてても座っててもしんどいねん・・」。
そりゃそうやろ、
そんだけ熱あったら。

名前を呼ばれて診察室へ。

「クラスにインフルエンザの子いた??」
「いないです・・」

「お姉ちゃんとかご家族は??」
「ピンピンしてます」

「そっかぁ・・
 ま、
 検査しようね」

鼻の奥に綿棒入れる検査、
半泣きの中1。

結果が出るまで
また別室。
名前呼ばれて再び診察室。

「インフルエンザは陰性です」。

へ!?
インフルと決めかかってたmiyanさんは驚いて、
「じゃ何の熱なんでしょう・・」。

「喉もそんなに腫れてもないし、
 んー・・
 ちょっと横になってくれるか??」。
おなか押さえたり身体中を診はるお医者。

「そこ痛いです・・」
首を持ち上げた時に痛がる中1。

ハッとした表情のお医者は言いました。
「首の痛みとゆうのは髄膜炎の症状なんです、
 検査をしてもらってください、
 紹介状書きますからね」。

うそん・・。
なんかオオゴトになってもうたなぁ・・。

「じゅんなちゃん、
 これからサイセイカイでな、
 腕から血ー取ったり、
 腰から髄液ゆうの取ったり、
 痛い検査せなあかんけどな、
 怖い病気やったらすぐ治さなあかんし頑張るんやで」。

赤ちゃんの時から中1を診てくれてるお医者は
優しく中1にそう言いました。

紹介状と会計を待つ間、
あまりにしんどそうなのでと処置室のベッドに寝かされる中1。

「うなたんどうなんの??」
「サイセイカイにこれから行くんやで、
 検査してもらわななー」。

とーちゃんはちょうど仕事がゆっくりしてる時、
家から車で迎えに来てもらい、
そのまま山の手にある大病院へ。

順番を取ってくれてはったみたいで、
すぐ診察室へ。

若い小児科のセンセ、
かかりつけのお医者と同じところを再度診て、

「やはり髄膜炎の恐れがあります。
 このまま検査入院をして頂きます。
 日数はちょっと分かりませんが・・」

「じゅんなちゃん、
 頑張ろうな」

ベッドで寝ながら頷く中1。

と、
センセ。

「あ!!
 じゅんなちゃん!!
 念のために聞いとくで!!
 妊娠はしてないよな!?」。

「してないです!!」。

笑えないジョークw


大病院の中を車椅子の中1を連れ回して
血液検査・CT・点滴。
だーいぶ待って入院の手続き。

「おなか空いてないか??」
「空いてない・・」

「食べたいもんあるか??」
「・・じゃがりこ」

なぜw

二人部屋の病室、
けど誰も他に入ってないから個室状態。

ほどなくしてナースさんから髄液検査の説明があって、
お医者も来て、
病室の外に出されるmiyanさん。

怖いやろな・・。
頭痛起こらんかったらええけどな・・。

腰に針を刺して髄液を取る検査です。
miyanさんも10年前に原田病とゆう病で入院した時
やったことがあります。

骨髄を取るわけではないので、
針を刺す痛みはそんなでもないのです。

ただ、
髄液とゆうのは頭の中で脳を浮かばせてる液、
髄液を取ることで液の量が減り脳が下がる、
そのことでもっすごい頭痛が起こることがあるのです。

miyanさんは退院前日にその検査をして、
退院時には頭を上げると木づちで殴られるような激しい頭痛、

うつむいてたり寝てたら大丈夫なんやけど、
なんしか頭を上げて前を向くことができない、

これでは日常生活がでけん・・とゆうことで、
二週間ダンナの実家で寝たきりにさせてもらったとゆう経験があるのです。

「そやけどあの子若いしな・・
 大丈夫かも知れんしな・・」

だってその検査せなどないもこないもならんねんもん、
しゃーないわな・・。

病室の中が気になって、
泣いたりしてへんやろかと心配で、
病室前をウロウロウロウロするmiyanさん。

検査が終わって病室へ。

「そない痛くなかったでー、
 腰押さえてはる手の方が痛かったー」

よかったよかった。

「とりあ2・3時間は絶対頭上げたらあかんで、
 あの頭痛はほんまツライんやからな」
「わかったー」。

髄液量を回復させるためには
何時間でもできるだけ安静にしとかないと。


「ちょっと寝てええ??」
「ちょっとちゃうくて寝たらええ」
ウトウトする中1。

ちょっとして「熱い・・」ゆうて目覚めた中1。
顔もまっかっか。

おでこを触ったら燃えるよう。
怖くなったmiyanさん、
ナースさんを呼びました。

体温計、
41度!!

「解熱剤はまだあと1時間飲めないんです、
 布団を剥がして涼しくして様子を見てくださいね」

よかった・・、
なんの病気でも家で41度なんか出されたら
miyanさん怖くて気ー狂うわ・・。

ただのインフルは怖くない。
怖いのはインフル脳症。

あと一時間頑張れ・・。

一時間後の解熱剤が効いて、
「楽なってきたでー♪」

それでも38度は確実ありそうやぞ。

「じゃがりこ食べる!!」
寝転んだままベッドでポリポリ。

お行儀悪くていいんです。
できるだけ頭は上げさせないように。

食欲がない中1は中1ではないのでw
ちょっと安心したmiyanさんでした。

miyanさん、
ダンナに託して夕勤に行きました。

めっちゃ心配やったけど、
自分が動けるなら行かないと。

たったの2時間くらいのことやし、
心臓辺りにつけてる機械が
異常があればナースステーションに知らせてくれるらしいし。

入院の連絡を受けて飛んできたおかんは、
中1を一時間くらい見て、
グチャグチャの我が家を片付けに行ってくれた。

夕勤終わってタクに飛び乗って再び病院へ。
お義母さんが来てくれてた。

洋子ちゃんをちょっと前に亡くしたお義母さん、
心配で気が狂いそうやってゆうてた。

この日の入院食。
20140224.jpg

そうか・・
今日は節分やったんやな・・
それどころちゃうかったなぁ・・。

中1、
せっかくの特別メニューも
ちょっとしか食べられませんでした。

高熱でフウフウゆうてたのもあるし、
じゃがりこで腹が膨れてしまったのだとw

とーちゃんはお義母さんを駅まで送り、
そのまま高2とおかんを家まで迎えに行って病院へ。

「なんで入院とかー!!」
高2もめっちゃビックリしてて。

ちょっとしゃべって、
おかんを送りついでにメシを食べに行こうと。

腹減ったなぁ・・。

「かーちゃんも行ってええか??
 怖くないか??
 しんどないか??」
「大丈夫やでー、
 LINEしてるしテレビもあるし」

「メシ食ったら俺来るしな、
 夜中までおるから」
「え・・
 とーちゃんなんや・・」
「俺やったらあかんのか!!」

一同爆笑w

「ごめんな、
 かーちゃんは明日朝一で来るからな」
「ほーい」。

悪いな、
かーちゃんが倒れたらどないもこないもならんから
家で早く寝かせてな。

とーちゃんは4時くらいまで病室にいたらしい。
病状は落ち着いてたけど、
トイレに行くのをめっちゃ怖がってたから、
そのためだけにおったみたいなとこやったらしい。

そりゃ怖いわな、
なんか出てきそうやもんな、
病棟の夜中のトイレってw


2月4日。
9時に家を出て病院へ。
「朝ごはんおいしかった♪」。

おでこ触ったら熱はだいぶ下がってる。
「さっき測ってもろたら37度7分やったで♪」

解熱剤も昨晩から飲んでないと。
よかったよかった!!

お医者が来ました。

「血液検査も髄液検査もCTも異常なしでした。
 先ほど再度インフルエンザの検査もしましたが陰性でした。
 他にこれと言った原因が見つからないので、
 んー・・
 おかあさんがおっしゃってた疲れとか女の子的なこととか
 なんかいろいろ重なってこうなったのかなぁ・・と」。

「へ!?」
ハニワ顔のmiyanさん。

なんもなくて・・
41度とか出るんかい・・。

なんかめっちゃ「???」ですが・・。

ま!!
変な病気でないのはよかった!!

「このまま熱が下がれば
 明日には退院して頂けますんでー」
「ありがとうございますー」。

お医者が病室から出て行って・・

「一体なんやったんや!!」
「そんなんうなたんが一番聞きたいゆうねん!!」。

そりゃそうだw

お医者の報告をおかんとお義母さんに連絡。

おかんは
「なんやうなぼんらしいなぁw」。

ほんまほんまw

その日は13時まで病院にいて、
元気になりつつある中1の横にいて、

帰って、
高2の晩メシの支度はどうしたのかなぁ・・
なんか買って帰ったのかなぁ・・

16時に夕勤に行って18時15分まで、
んでタク乗って再び病院。

中1はほぼ平熱。
けどやっぱり髄液検査による頭痛が出てきてしまって、
起き上がると痛い痛いとゆう。

トイレに行くのも頭を点滴の台に添わせて
うつむいて歩かせる。

かわいそうやけど、
これは日にち薬でしかないんだよな。

早く髄液量が増えて治りますように・・。

23時に最後のトイレに行かせて、
miyanさんは帰りました。

ちょっとでもしんどなったらすぐナースコールするんやで
って何度もゆうたけど、
もう大丈夫ですわー、
ナースさんも一時間に一度来てくれるらしいしね。


2月5日、
朝勤上がってそのまま病院。

中1の顔を見るなり
「大丈夫やったか!?」

「全然大丈夫ですけど何か??」

だよねw

お医者から退院の準備をしてくださいとゆわれる。
もらった診断書に書かれてる病名は「ウイルス感染症」。

なんやあやふやな病名やのう・・
ほんま中1らしいわw

慌ただしく荷物をまとめて、
診察の日を決めて、
頭痛の鎮痛剤をもらって。

晴れ晴れしい退院の日なんだから
中1のお出かけ服を持ってきてやればよかったと後悔しつつも
忘れたもん仕方ない、

けど中1は
「帰ってソッコー風呂入るんやから
 そんなんどうでもええわー」ゆうて
パジャマのままで帰り支度。

エレベーターを待ってると
ナースさんがいっぱいお見送りに来てくれた。
「お世話になりました!!」。

このまま昼メシでも食べて帰ろうぜーとゆうも、
「うなたん何日風呂入ってない思ってるんさ!!」とゆう抗議と、
やっぱ頭痛がしんどいみたいやったんでやめました。


帰りの車の中のmiyanさん、
どれだけホッとしてたか分かりません。

なんかよー分からん出来事ではあったけど、
なんでもええわ、
中1が元気に戻ったなら。

8日の実演も
なんの心配もなく迎えることができる。

や、
もし変な病気やったとしても、
とーちゃんか誰か大人に付き添ってもらって、

リハはもうええ、
往復の時間含む3時間くらいだけ抜けて出て、
実演はしなきゃと思ってたよ。

穴空けるわけにはいかないもん。

生死に係わる事態やったらそうもいかなかったけど、
この状況やったらなんとかなるかなって。

けど大丈夫だもん。
ほんとにほんとによかった・・。

ジタバタしても大事なことにはちゃんと間に合うmiyanさんって
きっと何かに守られてるんだろうなって
めっちゃ思ってました。

こうなると、
最初にかかったあのお医者は
誤診しはったのか??とゆう話になりますが、

二泊三日の入院費用3万もいらんかったんちゃうん!?
とゆう話になりますが、

いいんです、
万が一の可能性を考えてゆうてくらはったことやもん。

もし「家で様子見てください」とか軽くゆわれてたら、
あの41度の事態をmiyanさんはどう乗り越えたらよかったのか・・

引きつけでも起こされたら・・
それが原因で脳症にでもなってしまったら・・

それを思うと怖くて仕方ないです。

ありがとうです、
ほーじょーセンセイ・・。


それから数日、
やっぱり頭痛はツラかったみたいで、

退院祝いにごはん食べに行きたい!!ってゆうから連れてったのに、
椅子で横になりながらしか食べれなかって、

「やっぱ今度にしたらよかったやないか!!」って怒られては
「だってぇ・・おいしいもん食べたかってんもん・・」って、

お前はどんだけ食い意地張ってんねん
まるでかーちゃんやないか

ってゆう
とーちゃんが次に怒られたりw

学校も2日休んで、
けど横になってたら何の痛みもないので
うるさくて元気でw

けどめっちゃ寝てたなー。
入院って疲れるんだよって
そっと寝かしといてやりました。

実演の8日は
「かーちゃん頑張れー♪」って
玄関まで来て送り出してくれるくらいに回復してて、

9日はお友達とひらパーへ。
入院中からずっとご懸念だったのね。

「ゆいと約束してるん!!
 9日までには治さなあかんねん!!」

髄液量が回復するのにいいらしいと聞くや、
美味しくないOS1も必死で飲む中1でしたw


そんな感じで、
二回の葬式と中1の入院で
フワフワしてた実演直前でした。

ほんとにほんとに
実演ができてよかったです。

やし!!
歌詞間違えたのも許してくれるよね♪w





















P・S

miyanさん、
実演翌日からいきなり風邪を引きました。

咳がひどくてツラかった・・。

「しかし翌日いきなりってどうよ、
 さすがのmiyanさんにも疲れが出たんだな」
とか考えてたけど、
先日のリハでリーダーがゆうてました。

「そーいえば実演の日にリハってた時、
 ロビーでめっちゃ咳込んでたヒトおったで」。

それか!!w


おかんがバタン。(前編) | Home | 1月後半~2月はじめ。

コメント

でも、良かったです。何も無くて。

むっちゃ分かります。何だったんだ? って。うちは2週間だったけど。
でも、本当に何もなくて良かったんですよ。もう、何だって良いんだから。無事なら。
すごい、心配だったでしょ? 心配しても何も出来ないし。
僕も子どもの病気ではいやというほど、親の無力さ経験したから、その時の気持ち分かります。
昨日は家の前でぶっ倒れてるし(笑)。ねーちゃん、超反省状態だから、何も言いませんでしたが。

でも、本当に何もなくって良かったです。

2014/02/25 (Tue) 04:46 | ヨッシー #195Lvy4Y | URL | 編集

娘さん、元気になってほんまによかったですねえ。
この時期高熱出て、インフルちゃうかったら一体なんなん!?ってなりますよねえ。
でも大事にいたらずホッとしましたね。

私も数年前、インフルじゃない謎の熱病に苦しんだ時、ウイルス性の気管支炎ってことで落ち着きましたが結局はっきりとわからずじまいでした。
何なんでしょね、ウイルスってやつらは!

miyanさんも大変なことが重なって疲れましたね。
風邪はよくなりましたか?
お大事にしてくださいね。

2014/02/25 (Tue) 19:41 | ぼす #TSlgfI4k | URL | 編集
お互いさまですねー。

>ヨッシーさん
ほんと病っていろいろあるんですねー。
けどウチは4日で済んだんだから
娘さんの二週間はもっともっと
ご家族皆さんが大変だったんだろうなーって思います・・。

けどほーんと
ヨッシーさんの娘さんもウチも
無事で生きてくれてたら
それでオールオッケーですね(´∀`)

って・・
元気になればなったで「テスト勉強せえ!!」って
ついうるさくゆうてしまうのですがw

ウチは入院騒ぎもそうですし
大病したこともいままでなかったので
ほんま大騒ぎでしたです(◎o◎)

ヨッシーさんは・・
昨日のこともあったし・・


酔いつぶれても
反省できるぐらい元気ならw

2014/02/26 (Wed) 01:39 | miyan #MS4DxwAY | URL | 編集
いらっしゃーい♪

>ぼすちゃん
ほんまにねぇ
絶対インフルだ!!って疑いもしなかったんだよー。
そう思うよねぇ誰だって!!w

ぼすちゃんもウイルスにやられたのね!!
ほーんま一体なんなのウイルスってやつらは!!

しんどかったねぇ・・。
けど
ぼすちゃんも元気になってよかった!!

なんかよー分からんくても
治って元気に楽器吹けてたらオッケー♪(´▽`)

心配ありがとー!!
風邪はすっかり治ったよ♪
咳だけ残って少しつらかったけど・・。

ぼすちゃんも体調に十分気をつけて
元気でいてね(´∀`)

2014/02/26 (Wed) 01:46 | miyan #MS4DxwAY | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する