お義母さんのこと。

もうね、
いまでは一昔前になってしまってね、
手帳と過去ツイッター見なきゃ思い出せなくなったぐらいでね、

ってか、
その間にもいろいろあったじゃん、
それにいまは平穏だし、
気持ち的にも前のことを振り返ってる場合ではないんだよね。

やし「もう記事にするのやめよかな」とか、
「先に色眼鏡で月影記事??」とか考えたけど、

やっぱ上げとく。
文字にして残しておかなきゃな。


3月22日(土)、
藍染さんは翌週の実演の最終リハ真っ最中でした。

お義母さんから電話がかかってきました。
きっとノブちゃんのことだなとゲンナリしつつ、
「ちょっとスマヘン」とリーダーにゆうて外に出て
「どした??」。

言いにくそうな詰まり詰まりな感じでお義母さん。
「あんな・・実はな・・今日から入院しててな・・」。

「はーーーーー!?
 なんでやの!!
 こないだ電話した時元気やったやん!!」

「や・・
 ちょっとおかしなことがあってな・・
 すぐ診てもらお思って病院来たら入院になってな・・
 けど痛くも痒くもないねん!!
 やし心配せんといて!!」

心配するなゆうても・・さ・・。

「検査入院やねん。
 今日どうのこうのやないし今日は来ていらんし、
 悪いねんけど明日家行って荷物まとめて病院来てくれる??」

「ごめんな・・
 明日でええんやったら明日行くな
 ほんまごめんなぁ・・」

「ほんま今日来てもろてもしゃーないから!!
 明日お願いなぁ」。

大事な大事なリハでした。
心がザワザワし始めたけど、
今日はちゃんとリハやんなきゃな・・。


翌日、
お義母さんちに行って、
お義母さんと電話しながら必要なものをコロコロに詰めて
タクシーで病院に行きました。

談話室でお義母さんから話を聞きました。
ほんのちょっとの異常。

「そんなん絶対ストレスやって!!
 変な病気なはずないって!!」
miyanさんは言いました。

お義母さんも
「だって痛くも痒くもないし、
 熱あるとかそんなん全くないし元気いっぱいやねんで??
 私もストレスや思うねん!!
 けどちゃんと検査してもろたら安心やろ??
 心配かけてごめんやで」。

お義母さんは1月に仲良しの妹を亡くしました。

お義父さんが3年前に亡くなってその後、
お義母さんはカラッポになり生きる気力を失くし、
胃の病気で入院したり軽い鬱になったり、
生きがいだった指圧の診療所まで手放すと言ったり。

そんなお義母さんを救ったのが仲良しの妹、
洋子ちゃんでした。

洋子ちゃんが亡くなって、
miyanさんたちは
お義母さんがお義父さんの時のようにならないよう注意してたし、
お義母さん自身でも「あんなんなるんもう嫌や」ゆうて気をつけてたし。

でも計り知れないストレスは抱えててんて。
だってあんな仲良しやった洋子ちゃんがいなくなってんもん。

あとさ、
お義母さんにはもう一人妹がいて、
前述してるノブちゃんとゆう施設に入ってる妹。

子どもいなくてダンナさんも早くに亡くして
ひとりきりのノブちゃん。

後見人みたいなのにお義母さんがなってて、
まぁ・・それがややこしいんだわ・・。
これもすごいストレスなはずで・・。

絶対そんなんが原因やって!!
お義母さんが変な病気なはずないし!!


miyanさんはお義母さんが大好きです。
お義父さんも大好きやったけどお義母さんも同じです。

miyanさんが育児の真っ只中、
バンド活動を再開したいと相談したその日から、
全面的にバックアップをしてくれたのがこの二人です。

「じゅり連れておいでーや
 みゆきちゃんおらんでもワシらがちゃんと見といてあげるから
 みゆきちゃんは好きなことやったらええんやで」。

「みゆきちゃんが笑顔でいてくれることが
 アタシらの幸せやねん」。

この二人がいなかったら、
いまのmiyanさんはなかったと思います。

お義父さんが亡くなってからも
お義母さんはずっと
あの時と同じ。

そんな大好きな大切なヒトが
変な病気になるなんてありえへん!!
お義母さんはずっとずっと長生きするんやし!!

miyanさんは
願いとかではなく、
そうあるべきだと思って疑いませんでした。


ノブちゃんのややこしい送り迎えだったり、
仕事だったり、
中1の定演だったりで
27日の一旦退院までには二日だけ病院へ行きました。

検査結果が出ました。
ガンでした。
家でとーちゃんから聞きました。

「でも切ったら治るらしーから大丈夫や」。

ショックで泣いたけど、
「切ったら治る」ゆう言葉に安心して。

お義母さんに電話しました。

「アタシもう79やで??
 何があってもおかしないし
 ここまで生かしてもろただけでありがたい思ってるんやで??
 それに手術したらまたすぐ元気になれるんやから
 みゆきちゃん心配せんといて」。

一番ショックを受けてるだろうお義母さんなのに、
しっかり心は据わっていて、
動揺してるのはmiyanさんのほう。

泣いてたらあかんなー
支えてあげなあかんやんmiyanさん。

「土曜日ライブやろ??
 精一杯楽しんできてや!!」。

miyanさんが励まされてどうすんのw


29日に実演があって、
30日にお歌教室の発表会があって、
4月。

保育所仕事は慣らし保育期間で割とヒマで、

けど、
パラダイス号仕様の桶屋通いだったり、
日向レポだったり動画編集だったり、
ノブちゃんのことだったり、
10年に1度の断捨離&整理整頓ブームだったりw
miyanさんは忙しかったようで、
お義母さんちに行くことはなかったみたい??

けど電話は毎晩のようにしてました。
「今日はこんなんこんなんして晩ごはん食べたで♪」。
そんなたわいない話だったり、

お義母さんがノブちゃんの話で怒るから
「血圧上がる!!」ゆうて笑ったり。

体調も心配やったけど、
お義母さんのココロも心配でした。
でもお義母さんの声は
いつ電話しても明るかったです。

みゆきちゃんに心配かけたらあかんって
めっちゃ思ってたんやろなって思うよ。

だってそれが
誰かのために生きてきたお義母さんだから。


22日、
お義母さん、
手術のための入院。

医者の説明を
お義母さんととーちゃんとmiyanさん3人で聞きました。

miyanさんは騙されてました。
初期なんやろ??って聞いたら
二人とも「そうやで」ってゆうてた。

でも違った。
ステージ3の進行期、
ガンはリンパにまで転移してると。

ハッとして二人の顔を見たら
「ハイ知ってます」みたいな。

分かるよ、
めっちゃ分かるよ、
進行期なんかゆうたらmiyanさんが悲しむ思って隠してたんよな。

その上、
医者の
「全部取りきれなかった場合、
 抗がん剤を使いますか??」とゆう問い。

「抗がん剤使っても1年伸びるだけですわー
 ○田さんの場合は年齡的なこともあるし
 使わんでええんちゃいます??」

「アタシ要りませんわ!!
 そんなしんどい思いしてまで生きてたくないですわ!!」

「もう寿命でええんちゃいます??」

「ほんまですわ!!
 使わんといてくださいな!!」。

医者とお義母さんのやり取りを聞きながら
miyanさん、

「なんでそんな簡単にゆうの・・
 私は1年でも長生きして欲しいのに・・」

そう言いながら我慢してた涙がワッと出てきて、
医者が困ってるのが分かりました。

この医者は副院長で、
お義母さんの過去の入院の時も、
お義父さんの時も、
洋子ちゃんの時も知ってる医者で、

お義母さんがすごい信用をしてるからこその
このやり取りなんだゆうのは分かってたけど、

お義母さんの命のことを
そんな軽く話されてるのが悲しくて、
ワンワン泣いてしまいました。

お義母さんが言いました。

「アタシはな
 全てを受け入れようって決めてん
 万が一手術中に死んでも
 ガンが取りきれへんかったとしても
 それは神様が決めたアタシの命の長さやねん
 だからみゆきちゃん泣かんといて
 もう十分アタシは幸せやってんからな」。

分かってんねん・・
分かってんねんけど涙出て止まらんねん・・
ごめんなぁお義母さん・・。


24日、
手術。
10時開始。

9時に手術室に入ると聞いていたので
8時に家を出て病院へ。

病室には手術着に着替えたお義母さん。

「怖くない??」

「怖いゆうても切らなしゃーないねんもん!!
 チャッチャと切ってもろて早よ元気になって
 これからいっぱい楽しまな!!」。

お義母さんの人生、
決して順風満帆で幸せな人生ではなかったの。

キツイお姑さん、
キツイ小姑たち、
近しい身内の失踪、
miyanさんや孫には優しくてもお義母さんには厳しかったお義父さん、
お義父さんの看護、
洋子ちゃんの看護、
他こんなとこでは書けないこと。

こんなんが全部終わって・・

ノブちゃんのことはまだ心配でも、
ノブちゃんもきっと元気に戻る。

「やっと人生楽しめるねん!!
 見ててやみゆきちゃん!!
 頑張るしな!!」。

手術の不安を隠してる風でもなくて、
ほんとにそう思ってるんだなって。

頑張れ!!
お義母さん!!


ナースさんが迎えに来て、
手術室まで一緒に行きました。

お義母さんは「ありがとうな」って言って
手術室に入って行きました。

ここでお別れになるなんてこと絶対ないのに、
やっぱりそこでもちょっと泣きました。

家族控室に案内されました。

miyanさん、
こんな日に限って頭痛。

ソファーで横にならせてもらいながら見てたテレビ。
どっかの大統領の来日式典。

とっても大事なことなんだろうけど、
手術が心配だったのとか、
頭痛がつらかったのもあったし、

悪いけど今どうでもええわ・・と
テレビに向かってつぶやいてしまいました。


副院長に言わせれば「山ほどこなしてる手術」。
所要時間3時間程度の予定通り、
きっちり13時頃に終了しました。

14時にICUに呼ばれて、
まだ意識朦朧としてるお義母さんに面会しました。

医者が言いました。
「出血量はたったの20CC、
 よって輸血は行わずに済みました」。

ガーゼ一枚分だとか。

副院長が褒めてた
痩せててもちゃんと筋肉のある、
79歳とは思えないお義母さんの身体。

長年、
毎日一人でも二人でも
患者さんを治療してる間に鍛えられた身体。

その年齡だと普通は
手術できるかどうかゆうとこから考えなあかんねんてね。

「○田さんは元気やし心配ないわー」。
副院長のゆうてた通り無事に終わり、

「お義母さん
 明日も来るからね」って言いながら
お義母さんの手をさすって、
ホッとしながらICUを出ました。


25日、
朝10時過ぎに予告通り病院から電話。
「昨晩ICUを出て病室に戻りましたー」。

万が一不測の事態があればICUに留まるかもって聞いてたけど、
「大丈夫やったんやー」とまたホッ。

家事と中1の家庭訪問と夕勤を済ませ、
仕事から直でジャージのまま電車に飛び乗り病院へ。

面会時間は19時まで。
急げ急げ!!


それから、
毎日は無理でもほぼ毎日、
仕事があっても桶練に行ってもリハの日でも、
たとえ30分もおられへんって分かってても、
ちょっとでもお義母さんの顔が見たくて病院へ通いました。

お義母さんは日に日に元気になりました。

トイレに一人で行けるようになった
水が飲めるようになった
絶食終わった・・でも重湯とか水気ばっかり・・
病院内をウロウロしてリハビリ
管が一本外れた
普通のごはんが食べれるようになった
管が全部取れた

ビックリするほどの回復力。

リハの日に行った時なんかさ、
手術からまだ二日しか経ってないのよ??

病室の仕切りカーテン開けたら、
ベッドにチョコンって座って
シャカシャカ歯磨きしてんのよね。

「もう座ってええの!?」
「だってヒマでしゃーないねん・・」。

カーテン開けた瞬間、
イヤミさんみたいに「シェー!!」やったmiyanさんw

楽なスパッツが欲しいゆうてたから買って行ったのね。
「これなー」って渡したら
「ええやん♪」ゆうてサクッと立ち上がって着替えようとするのよ。

「ちょいちょいちょい!!
 そない勢いよく立って痛くないのん!?」

「だってトイレももう一人で行ってるんやで??」。

膝の手術後のおとんのほうが「痛い痛い」言いまくって
よっぽど病人やったわw

5月3日、
高槻ジャズストパラダイス号実演。

翌日4日のボランティアを終えて
病院へ行きました。

「私頑張ったでー
 お客さんいっぱい乗ってくらはって
 すごい楽しかったで!!」

「よかったなー!!
 ビデオ(YouTube)また見せてや!!
 楽しみやわぁ♪」。

これはリーダーには内緒ですが、
一度だけ、
どことは言えませんが、
藍染さんの実演に呼んだことがあります。

その日以来、
お義母さんは藍染さんのファンです。

基本、
家族は呼ばない主義の藍染さんですが、
お義母さんだけは
親友みたいなもんだから。

パラダイス号実演を心置きなく楽しめたのは
お義母さんのおかげです。

お義母さんが苦しんで生死の境を漂っていたなら、
miyanさん・・
どうしてたかな・・。

感謝です。


「入院期間ですかぁ・・
 最短で二週間ゆうとこですかねぇ・・」
とゆう副院長の言葉通り、
最短の二週間で退院をしたお義母さん。

病院の玄関を出た瞬間、

「やっぱ外の空気は違うなぁ!!
 入院した時は寒かったのに
 もうこんなええ季節なんやなぁ!!」

「だってお義母さん、
 あん時は不安でいっぱいやったやろ??
 余計寒かってんて」

「そやな!!
 今元気いっぱいやもんな!!」。

だからって・・
お願いやから無理はせんといてくらさいw


退院してからのお義母さん。

ちょっとしたら
電車に乗って自分の診療所に毎日通う
元の生活スタイルに戻しました。

「無理してないで!!
 ゆっくりゆっくり行ってるしな!!」。

患者さんの治療を始めるのは6月からにして、
それまでは用事がなくても
リハビリついでに行くことにしてんって。

「家に閉じこもってたらあかんねん
 閉じこもってたらトヨさん(お義父さん)時みたいになるしな
 外出て行かな逆にしんどいねん」。

そやろなーとは思うねん。
洋子ちゃんもいないし、
ひとりきりのおうち。

「テレビ見てるしかないねんで!!
 ずっとそんなんしてたら年取って病気なるわ!!」

そんなお義母さんですw

ちょっと前の電話。
「ハーモニカの教則本ってどこに売ってる??」。

昔々に遊んでたハーモニカが出てきて、
「もっかいやってみよー思って」ってさ。

楽天で買ってそっち送るわーゆうたら
すごい楽しみにしてて、
届いたーゆうて電話があって、
ちょっとずつ練習してるみたい。

ビートルズが聴きたいゆうては
とーちゃんがダウンロードしたのを聴いたり、
入院中にmiyanさんが作ってあげた演歌集CDも
時々聴いてるみたい。

PCも設置したし、
株の研究とかね。

こないだの土曜、
ごはん食べに行くわーゆうて
お義母さんの好きなウナギを買ってって
一緒に食べておしゃべりいっぱいして。

なんしか、
あの小さい身体のどこにそんなパワーがあるのかとビックリするくらい
元気です。


実は・・
これも隠されてたことなんやけど、
手術は大成功ではなかったのです。

小さい小さいガンが一つだけ、
お義母さんの身体に残されているのです。

「大丈夫大丈夫!!
 それがいつ大きくなっても、
 動けんようになるまで精一杯生きていくしな!!」。

とーちゃんがゆうのです。

「ガンがあろうとなかろうと
 誰かて明日生きてるかなんか分からへんねんしな
 あのヒトがそーゆうてるんやから
 応援したったらええやん」。

そやんね。
誰だって
今日を精一杯生きなきゃね。

何年も先、
駅からの川沿いの道を通って
またあの病院へ行く時は、
もしかしたらお義母さんが天寿を全うしようとする時かも知れません。

精一杯生きて、
ちゃんと元気で、

「お義母さんお疲れさま
 お義母さんありがとう」

って、
ちゃんと言ってあげたいと思います。


しかし!!

一体なんだったの!!
1月からのmiyanさんの逆風!!

周りがバッタバッタ倒れて、
忙しいてしゃーなかったゆうねん!!

けどほんま
実演を飛ばすことにならなくてよかった・・。

もうこんなん終わりにしたい!!

とりあ月影までは頼むよ・・。

あ!!
リーダーの指関係もマジで頼むでしかし!!w




ノンタイトル。(けど最後はやっぱり告知) | Home | 高槻ジャズストリート2014パラダイス号実演レポ!!

コメント

miyanさん、ここ数ヶ月いろいろとあり、怒濤のような日々でしたね。でもその度に、当事者の方を深く思いやる気持ちと、miyanさんのやさしさが伝わってきます。

実は私の父も2年前にガンを患いました。ステージ4でした。社交ダンスを習ったり、ボランティアでソフトボールの審判をしたりと元気だったのに。ガンが破れてあちこちに散らばってたので手術の施しようがないと言われ、年内いっぱいの命という宣告。もうショックで毎日泣き暮らしました。だからmiyanさんの気持ちがすごくわかります。

父も覚悟をきめて身辺整理をし出すし。。しかし、父のような状態の患者を手術できる唯一人の先生を紹介していただき、苦しい抗がん剤治療に耐え、数ヶ月してガンが小さくなったところで8時間の大手術。無事成功しました(^-^)

昨年の、夏に転移が見つかり、また手術しましたが、それから10か月経ったいま、市の審判委員長としての仕事のほか自ら審判をすることも。さらに先日からは絵手紙教室に通いだしましたよ(^-^)前みたいに元気ではないですし、本人も覚悟はしてると思いますが、同じ患者仲間とも励まし合いながら前向きに頑張ってます(^-^)

長くなってしまいました(ごめんなさい)今のガン治療はかなり進んでいます。先生いわく、これからも進むから治療するうちにいい治療も受けられるとのこと。お義母さまにも、ぜひお伝えください(^-^)同じ病気の方もみなさん頑張っておられます。病は気から。前向きな気持ちが生きる力になるのではないかと思ってます!

2014/06/04 (Wed) 13:08 | HAMA #QDJqihkY | URL | 編集
わーお!!HAMAさん!!

>HAMAさん
長くなってとかとんでもない!!
ほんまに嬉しいです!!

同じFC2仲間として
これからもよろしくです♪ヽ(*´∀`)ノ

もしかしてこんな秘境をお読み頂いてたのでしょうか。
ほんまここ数ヶ月「一体これなんやねん・・」ゆう感じでした(´Д`)

お父様のお話ありがとうございました!!
HAMAさんも悲しい想いしはったんですね・・。

ステージ4なんて・・。
しかしガンって分かんないですよね!!

そんだけ進行してるなら
もっとなんか不調があって日々しんどいとか
そんなん絶対あると思ってたんですよ!!

でもお義母さんも全然元気やったし
HAMAさんのお父様も元気にされてたのに
「なんでなん!?」って思いますです・・。

いい先生に出会えてほんまよかったです!!
抗がん剤治療はしんどかったでしょうね・・。
手術の成功もめっちゃ嬉しいです!!

お父様・・
すごい頑張らはったんやろなぁ・・。
それを支えてはったHAMAさんも
ほんまに優しい娘さんだと思います!!

そして今も前向きに頑張ってはるお父様。
お義母さんに話させてもらいますね。
めっちゃ勇気が出ると思います(´▽`)

副院長のゆう抗がん剤
これも後で聞いた話ですが
79歳とゆう年齡では効果があるかどうかの実証がないらしいんです。

でもガン治療は進むのですね!!
嬉しい言葉!!

HAMAさんのお父様も
お義母さんも
前向きな気持ちなまま長生きできますように!!ヽ(*´∀`)ノ

ちなみに別件ですが♪

こないだ
「ジャズストの日に来てくらはった真ん中に座ってはった美人さん
 東大阪やんな??」
とかゆうので

「美人は間違ってないけど奈良じゃ!!」

って言いましたーw

2014/06/04 (Wed) 20:45 | miyan #MS4DxwAY | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する