やっぱりこちらも熱い夏。(後編)

今年の府大会、
中学Aの部は7月31日・8月1日・2日の三日間。
三日間で74校の学校が出場し、
うちの中学の出番は二日目1日の17時。

遅い時間でよかった。
高3の時、
出番が11時半の時があって、
朝5時に出てったりしたもんなぁ。

中2、
朝9時の集合時間に間に合うように、
パリッと演奏会服を着て、
保冷剤でグルグルにされたサンドイッチを持って
元気に出て行きました。

頭痛やなんとか痛がなくてよかった。
あってもそんなんゆうてられへんかったやろけどね。

中2にしたアドバイス。
「アンタはニコニコ笑ってなさい」。

ヨシコ先輩やら3年の先輩は最後の中学コンクール。
そーりゃ緊張もしてるやろしプレッシャーも感じてる。

アンタはゆうたら4th、
4thだって大事なポジションやけど、
ヨシコ先輩に比べたらまだ吹きやすいとこ吹いてるはずや。

アンタの笑顔はヒトを助ける力がある。
ニコニコしてなさい。


中2の出番に間に合うように余裕を持って会場に行きました。
3団体くらい聴いて、
いよいよ出番。

暗転の中の入場、
暗い中でも中2が舞台袖から出てくるのが分かりました。

まずはここですからね。
「よかった・・ちゃんと出てきた・・」。

バスに酔って倒れてしもたとか、
サンドイッチが当たってトイレに篭ってて欠場とか、
あらゆる心配をするもんですからw

中学名と課題曲自由曲の曲名のアナウンス、
拍手。
さぁいよいよ!!

課題曲最初のサウンドのアンサンブル。
この曲はこれで決まると思ってました。

おおお!!
あん時からまた上手なってるやん!!

分かってるような分かってないようなmiyanさんやけど、
「ここは決めてや」と思ってたところ全部クリア!!

自由曲、
何この自信。
「アタシらの演奏聴けよおまいら!!」みたいな。

他の強い学校を聴いてへんから比較はできへんのやけど、
ほんまにほんまに立派な演奏でした。

どうしても身内かわいさが先に立つ聴き方しかできへんけど、
ほんまに凄い演奏やってんて!!

miyanさんねぇ、
絶対泣くと思っててんね。

舞台の中2を凝視しながら
「アンタよー頑張ったなぁ・・」って想いながら。

けど泣けんかった。

中2から「タイムオーバーがめっちゃ心配やねん」って聞いてたんね。
演奏が12分を超えるとタイムオーバーで失格。

金も銀も銅も
なんの評価もつけてもらえない失格。

それだけはお願いやから・・と祈ってて、
終盤は腕時計を何度も見ながらの鑑賞。

そりゃ泣けんわw

演奏が終わったら写真撮影、
全員がホール前に出てきます。

泣いてる子とかいなくて、
みんなニコニコしてた。

パート写真。
20140801_173418.jpg

毎年毎年帽子にするんだコイツらは。
高3も何度か被ってた。

なんか他に考えとけよw

ちなみに中2は向かって一番左のでっかいの。
これでもめっちゃ痩せたんよ。
ダイエットもなんもしてないし、
お菓子もバリバリ食べてたのにね。


発表の時間が来ました。
ホールの一番後ろで立って
その時を待つmiyanさん。

この日の出場は25組。
朝一の出番の中学から金銀銅の発表が続きます。

もちろん金賞を戴きました。
もうなんか「金は当たり前やろ」ってとこでした。
だってあの演奏が銀やら銅であるはずがないもん。
当社比やけどw

よかったよ・・失格じゃなくて・・。

代表は金賞校から出します。
まずは代表を獲れる資格は戴けたんだと!!

その後、
保護者込みでのミーティングがありました。
指揮者の顧問もニコニコでした。

中2はいませんでした。
運搬係ですもん、
疲れた身体を奮い立たして立派に仕事してるんやろなと
心から「お疲れさま」と思ってました。

先に帰って晩メシの支度。
中2帰宅。

「ゴールドおめでとう!!」
「ありがとう!!」。

「よかったなぁ・・失格ちゃうくて・・」
「ほんまやで・・
 昨日なんか12分2秒やってんで・・」。

こえーーーーーーー!!

晩メシを食べながら二人で考察する。

「ここはやっぱりゴールド獲るわな・・
 ○2中が怖いわな・・
 おねえちゃんの時に代表かっさらっていきよったもんな・・
 ○住は絶対代表獲るやろし・・
 ○学院・・○京・・○修・・○命館・・○幡・・」。

「今年から代表3校やろ!?
 アカンて!!
 そんなすごいとこ押しのけて3校なんかに入れるはずないって!!」

「いや、
 ほんまにアンタら凄かったで!!
 (こないだ録音聴いた)おねえちゃんも行けん気せんゆうてたやん」

「でもでも・・
 あー行きたいなぁ関西!!」。

ついこないだまで「しんどい辞めたい」ゆうてたよなアンタw

その後に審査員の先生の講評を聞く。
5人の先生のうち4人がA+、
1人はどんなに良い演奏でもAしかつけない先生だとか。

二日目終了時点では京都1位かも知れんって顧問がゆうてたとか!!

うわあああ!!
関西!!
めっちゃ近い!!


翌日のお昼過ぎかな、
中2含む全員で同じ会場に代表の発表を聞きに行きました。

三日目のプログラムが全て終わり、
その後に代表の発表があるんですね。

miyanさんも朝からソワソワ。
一日目二日目の結果を吹連のHPで確認し、
いま演ってる団体の結果を予想して。

二日間で15校の金賞が出てました。
今日も6校くらい出るのかなぁ・・。

20校くらいの中の3校か・・。
うーむ・・。

ぶっちゃけゆうと、
「今日やってるとこみんな失格になれ」とか思ってましたw

発表は夕方。
結果は保護者会からのメールで届きます。

いまかいまかとスマホが鳴るのを待ち・・
でもいざ鳴ったら開けるん怖いんやろなと・・。

「こんなんやったら今日も行けばよかった!!」とか
とーちゃんがゆうてて、
でもアカンかった時に会場で泣くん嫌やし、

あーーーー!!
メールまだか!!

メール来た!!
誰や!!
おかんやったら「なんでいまやねん!!」ってシバくぞ!!

うわぁ・・
開けられへん・・

まぁ・・
誰から来たかだけ確認してみよか・・
とスマホを操作したら・・

おーい!!
件名に載せるなよ!!
見よう思ってないのに見てしもたやないか!!

件名に
「京都府代表になりました」。

miyanさんは
座り込んで泣きました。

ちょっとして
発表を観に行った次期保護者会会長からメールが来ました。
彼女の娘も2年でA組に出場しました。

「よかったなぁ・・
 嬉しいなぁ・・」
とありました。

miyanさんは
「うなもユウナも報われたなぁ
 ほんま2年生頑張ったなぁ」
と返しました。

中2の帰宅は笑顔で迎えてやりました。
興奮しきりの中2ととーちゃんとでケーキを食べました。

代表獲れたら「お祝いケーキ」。
あかんかったら「お疲れさまケーキ」。
でもちゃんと「お祝いケーキ」になりました。

あ、
高3??

アイツ呑気に本番前夜にジャニ観に東京行きやがったんですよ。

けど、
ほんま中2のこと心配してたし、
行く前もたくさんアドバイスしてやってたし、

結果はOB会からメールで届いてたんですね、
「かーちゃん、
 うなにご褒美買ってあげた??」
ってメールが来たので、
「ケーキだけやで」って返したら
「お土産買って帰るわー
 でも内緒な」って返ってきて、

代表発表の翌日帰ってきて、
中2好みのスマホケースを渡してました。
中2めっちゃ喜んでソッコー装着してた。

ええ娘やねん、
二人とも。


京都府代表として出る関西大会は8月26日。
けどその前にB組のコンクールがありました。

A組の代表は
B組に出るみんなの応援とサポートがあってのことです。

「みんなで勝ち取った代表や、
 次はBをしっかり応援するんやで」

「分かってる!!
 みほちゃんファイト!!やねん!!」。

すごいことです。
高3が中1の時に初めてBに出てからずっと銀だったのに
今年初金を戴きました。
中2もめっちゃ喜んでました。

さぁ!!
26日の関西大会へ向けて
いざゆかん!!


かわいそうに、
中2の夏休みは盆休み4日間だけ。
他のクラブの子は遊びまくってるんに。

関西の日は始業式とかぶってます。
関西終わっても次の日も普通に学校あるから休めないのな。

加えて塾の夏期講習を入れてて。
朝から夕方までクラブで疲れて帰ってきて、
ごはん食べて少し寝て、
「眠い・・しんどい・・」とフラフラになりながら塾に行く1週間。

学校の宿題も終わるはずもなし。
ただそれは必死でやらないと
顧問が楽器吹かせてくれないのだとか。
眠い目こすって夜中まで頑張ってたり。

関西大会のホールでのリハーサルも二回ありました。
今年こそ!!と思ってのことでしょう、
顧問がホールを予約してたんですね。

一回目は夕方までやったけど、
二回目は夜、
解散23時。
翌朝は普通に7時40分集合。

ほんまにしんどそうで、
見ててかわいそうな中2。
やっぱり府大会前の低いテンションに落ちていきました。

関西に出れるのは嬉しいんやけど、
中2ゆうてもまだ子ども、
うまいこと割り切れないとこがあるんやな。

miyanさんは毎日毎日弁当作って、
メシもちゃんとして、
朝は大声で起こして、
そうやってサポートしてやるしかできないのな。

でも・・
アンタこれ乗り越えたら
これからの人生なんでもできるぞ。

あとちょっと。
終わったら辞めてもかまへん。
あんだけ行きたいって願って、
必死で勝ち取った代表やろ??

頑張れ!!


関西大会前日。
やっぱりカツ丼とサンドイッチ作り。

「夏に二回もカツ丼とサンドイッチ食べれるなんて♪」。
ほんま頑張ってるわmiyanさんもw


関西当日、
学校は始業式でした。
京都だけなんでしょうかね、
始業式と関西がかぶるのって。

部としては始業式なんかどうでもええとこやけど、
校長が「頑張れ!!」って全校みんなで送り出したいから
始業式だけ出て欲しいとかゆうてて。

水泳部なんか全国大会行ってるのになんもなし、
何故か優遇される吹奏楽部w

授業中に校内で音出しするわけにはいかないから、
となりの会館で練習して
昼過ぎにホールへ出発した吹部。

miyanさんたちも少し遅れた時間に出て、
ホール近くの駅で応援部隊のお義母さんと高3を拾い、
決戦の場、
尼崎アルカイックホールへ。

ホールへ入る。
どこかの中学の演奏がロビーにも流れてます。
「上手いな・・」。

買ったパンフレットを持って客席に座る。
次の演奏は何度も全国大会に行ってる中学。

pとmp、
fとffの違いが目で見えるような演奏、

横には広がるけど前に飛んでこないとゆう音響的に難しいホール、
それでもパンパン目の前に飛んでこさせるとゆう技術、

失点のつけようのない素晴らしい演奏を聞きながら、
miyanさんは大きな間違いに気がつきました。

「うちとこは関西目指して頑張ってきたんよな・・
 けどこの学校なんかは最初から全国目指して頑張ってきてんよな・・」。
その差もあれば、

大阪兵庫なんかの学校数の多いところは
地区大会→府(県)大会→関西大会、
二回勝ってココに来てるわけです。

学校数の少ない京都は地区大会を飛ばして、
府大会一回のみで来れるわけです。
その違いって絶対ある。

顧問の目標が全国ではなく、
関西金ってゆうてたこと、
なるほどなって思いました。

そりゃ・・
全国なんか到底無理だわ・・。

府大会との圧倒的な空気の違いを感じながら
打ちのめされたようなmiyanさんやったけど、

願わくば、
中2もみんなも、
この空気に飲まれることなく、
ノビノビと自分らの演奏をしてくれたらなーと。


うちとこの中学の演奏が始まりました。

課題曲、
あんなに素敵だった最初のサウンドが濁りました。

自由曲、
タイムオーバーが怖かったのか、
響かせて欲しい部分がサクッとやり過ごされ、
音もだいぶ向こうで鳴ってる感、
響いてこない。

疲れも絶対あるだろうし、
このホールの音響が悪いのも絶対あると思う。
でもそれはどこの中学にとっても同じ条件。

二回戦ってきた中学なんかは
もっとしんどい思いしてココに来てるんだ。

差は歴然でした。

それでもとっても立派でした。
ウチの中2もみんなも。

京都府74校の代表として、
堂々と演奏してくれました。

演奏終わり、
miyanさんは「うんうん」って何度も大きく頷きながら、
今度はちゃんと泣きながら、
大きな拍手を送りました。

もういいよ。
十分頑張った。

12年連続金賞、
4回目の関西大会出場を果たした、
もうそれだけで十分だ。

ありがとうな、
夢やった関西に連れてきてくれて。

ありがとうな、
うなぼん。


写真撮影。
みんな清々しい顔してたなー。

やり切ったもんな。
みんなで乗り越えたんやもんな。

20140826_161136.jpg
背後から撮ってみたw

写真撮影まで見て
お義母さんと高3は帰りました。

高3が一言、
「アタシも楽器吹きたくなってきた!!」
とかゆうてましたけど、

そんなんゆうたんは
この時一回こっきりですw


結果は銀賞でした。
miyanさん、
めっちゃ嬉しかったです!!

あの演奏はねぇ・・
関西レベルでは銅がお似合いやと思ったんやけど・・
どこかが審査員の先生の胸に響いたんでしょうね。

ありがとう!!
審査員の先生!!

ちなみにこの関西大会で代表を獲ったとこ、
10月の全国大会へ出場できる中学3校は
2校が兵庫、
1校が大阪。

後日の高校Aなんかは3校ともが大阪。

兵庫大阪強いよなぁやっぱ・・。


発表が終わって帰ろうとホールから出ると、
うちとこの中学が集まってるとこに出会いました。

うちの中2もいました。
ちょっと眺めてたら目が合ったので
「お疲れ!!おめでとう!!」って叫んだら
「ありがとー!!」って笑顔で返ってきました。

かわいいねんなー。
めちゃめちゃ手はかかるけど、
めちゃめちゃかわいいねんなーあの子。

図体はmiyanさんよかデカイけどなw


ホールを出たのが夜。
晩メシのことまで考える余裕のなかったmiyanさん、
帰りにとーちゃんにマクドに寄ってもらいました。

いいんです。
家族全員の大好物ですからw

中2が帰宅して、
今度は家族4人で食べました。

「心情的には三日くらい休ませてやりたいとは思うんやが
 明日も学校やしテストやなぁ休めんわなぁ」

「そうやねん・・
 クラブもあるねん・・」

「夏期講習もまだ残ってるなぁ」。

「うわあああ!!
 もう嫌やああ!!
 こんなしんどいクラブ辞めるうう!!」

「けど今週たそ(がれ)コン(サート)やろ??
 ポップス楽しいでー♪」←高3

「そうやねん・・
 ライオンキング吹くんが楽しみで・・」。

揺れ動いてるようですなw


かくして、
中2の、
我が家の熱い夏が終わりました。

ほんまmiyanさんも、
我が家まるごと大変やった・・。

最後の最後に泣かされたのが、
中2が見せてくれた顧問(指揮者)からのメッセージが書かれたメモ。

“Hr2年1人でここまでよく頑張ってきました。
 確実に伸びています。
 そのことに自信を持って
 本番では堂々と笑顔で
 最高のパフォーマンスをしていこう。”

何度休みますの電話したか分からへん。
本番直前にメンバー欠けるん勘弁してって
顧問思ってた思うねん。

けどきっと分かってくれてはるって思ってて。
吹奏楽知ってるハハやもん、
そのハハが休ませるゆうんは簡単なことちゃうんやろなって。

中2が悩んでたのもちゃんと分かってはってんて。
床に転がってた全員の決意表明のプリント読んだらさ、
中2の文章に
「何度も突然泣き出したりしてごめんなさい」ってあったよ。

ちゃんと分かってくれてはってんなぁ・・
あんな厳しい顧問やのに
いまだに高3も大好きやし、
現役もOBもみんなみんな顧問のこと大好きやもんなぁ・・

そこなんやな・・

泣いたわ。


熱い夏が終わり、
3年生は引退、
今週から2年生主体の新体制が始まりました。

「辞める」「頑張る」「辞める」「頑張る」の繰り返しの中2やったけど、
いまんとこはちょっと落ち着いているようです。

まぁ分かんないけどねー、
どこまでもつやろかねー。

miyanさんもw


みたいなとこで、

来年の夏もこんな長文のコンクール記事があるのか!?
これが最後になるのか!?

乞うご期待w








あったとしても来年は関西無理や思うから二本立てにはしないはず


夏の終わりに寄せて。 | Home | やっぱりこちらも熱い夏。(前編)

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する