六年目の吹田JGLをレポります!!

動画を編集してダイジェストを作る作業に対し、
気も腰も重く、
UPが遅れてしまうのは、

実演での失敗箇所を切るために、
見たくない部分とガッツリ対峙せなアカンのがツラーだから
なのですが、

レポが遅れてしまうのは、
今回もどんだけ壮大なレポになるんだろうと想像して、
あーまたどんだけ文字打たなあかんのかなーと
なかなかモチベーションが上がらないから・・

ま、
ゆうてどっちも、

実演終わったー
終わったとこやしまだええよなー

って
ネット通販で服を見てる間に
二週間くらいサッと過ぎてしまう

ってのが主な原因です。

ネットの古着屋、
安くてヤバイ。


11月11日(土)、
今年で六回目の吹田ジャズゴス実演です。

今年は吹田のお祭りと別開催で、
毎年楽しみにしてる駅前広場の
たくさんの屋台も出てなくて、

だけど藍染さんは
くじけーないー。

ダイエー一階のドムドムで
ウマウマとハンバーガーを戴きました。

aa23844366_1749193535382048_2527498408645424971_n.jpg

やっぱ普通に歌うよな。
ドムドムだったら
うっまくっいくっ。

食べ終わったら、
例年通りにジャンカラリハ一時間半。

ジャズゴスアジトに「藍染来ました」のご報告をして、
1ステージ目の会場、
「今年で五回目演らせて頂きます」なリトゥムさんへ。

「早く着きすぎたくね??」って感じやったけど、
miyanさんはこーゆうの、
余裕の余裕を持って動きたいのです、
準備終わって
ゆっくり待ってるくらいがいいのです。

ゆっくり待ってたので、

b23472762_1744403199194415_618556129164290587_n.jpg
戴きました赤。

b23517509_1744403222527746_3885079045457177372_n.jpg
写真撮ったりしてたら
酔いが回ってきました。

ゆっくり待つのも考えものだなと思いました。

↑のお写真の店内には、
藍染さんよりも早くご来店くださって、
既にスタンバってくださってた
お友達のお背中が。

そのお隣に座ってらっしゃったアベックさんは、
ジャズゴスパンフレットに唯一
「昭和歌謡」と表記されてたユニットの実演を楽しみに、

今日一のお目当てとして
ご来店くださってたとゆう・・

なんてことは、
もうしばらく後に知ったことでした。


前のユニットさんが早くに終了されたので、
ゆっくりセッティングできるなー

やってんけど、
やっぱなんか知らん
こーゆうとこでは焦りますな。

焦って慌てて、
整えてあったシールドをバラけてしまって、
「うわーまた後で!!」って放置しようとしたら、

リーダーに
「俺はこうゆうの一番嫌いなんや!!」って怒られました。

たぶんこれ、
一生忘れないと思います。


11月なのに、
汗をかきながらセッティングを終えて、

店内に入ってこられた三人組のお客様にも
ご挨拶を済ませました、

さあ!!
藍染ノスタルジー、
第七十七実演の開演です!!


①ルージュの伝言

こんなことをゆうと叱られるかも知れんけど、
この曲に関しては、
そないに歌唱的なとこに気を遣う感じでもないかなーと、

それよりも、
伴奏に合わせたコケティッシュな歌い方を重視するとゆうか、

歌詞も、
ほんまは恐ろしい内容なんやろけども、
そう感じさせないゆうことは
そーゆう風に歌ってはるからやと思うので、

わざと語尾の音程を下げて、
コケティッシュさを醸しだす部分を作ったり、

そやけども、
ゆうてこの曲のことなので、
こんなもんです。

だって、
この歌い手さんの秀でてるとこって
歌唱よか歌詞でしょ??


②愛の水中花

夏の月影から二回目ですな。

月影では、
風邪引き声で無理無理歌ったとこがあるので、
今回ガッツリとリベンジするぜと。

藍染さんは、
いろんな歌い手さんの曲をカバーしているので、
いろんな声色とか歌い方にチャレンジできるのが楽しい。

1曲目のルージュは
直線的でコケティッシュに。

次のコレは
持ち上げたり抜いたり
息を多様したりして女性らしく。

ゴロっと雰囲気変わったなと思ってもらえたら
嬉しいなと思うのです。

で、
次が・・


③時の過ぎゆくままに

まぁゆうて、
miyanさんの声を男声にはでけんので、
声色を変えるゆうても限界があるわけで、
そしたら違う方法で
歌い手さんの歌唱を表現しようとするわけで、

この曲やったら
「この退廃感をどう表現するべきか」と
考えるわけで、

そしたらやっぱ、
淡々と語らなあかんとか、
諦めてはるんを出さなあかんとか、
熱くなったらあかんとか、

こーゆうことを考えながら歌うことが、
miyanさんは楽しいのだなと。


④アラビア風奇想曲(リーダーステージ)

そういえばむっかしむかし、
藍染さんがワンマン実演をした時に、
リーダーが一曲演ったことあったなー。

だから二回目になるのか、
でもあの時はそないキッチリでもなかった気がするし、
初めてになるのか??

なんしか今回、
リーダーがクラシックギターの演目を演りました。

何故??みたいなことは
ダイジェストにも残してるし、
リーダーレポにて語るだろうと思うので割愛するけども、

なんしかmiyanさんは
またの実演でも演ったらええんやないの??
と思うのですよ。

お客様には
どうぞ温かく見守ってやって頂きたいのですよ。

で、

リーダーの演奏を目の前にした
相方のmiyanさんの感想はとゆうと、

スマセン
全く聴いてませんでした
時間が押してたからソワソワしてて
演奏どころではありませんでした

以上です。


⑤恋の売り込み

二人のステージに戻るとこなので、
切り替えのためにも
パッと明るいのんを持ってきたいと思い、
コレを演ろうってなりました。

歌唱においては、
これはもう
どんだけかわいく歌えるかってとこのみで、

しゃくりだったり、
語尾に「ん」をつけたり、
でもまぁそんなとこで、

この曲は歌唱よりも、
出だしに二人の息が合ってるかどうかにかかっていて、

初回はココがあかんくて、
miyanさんがスムーズに入れんかったゆうのがあって、

まぁ今回は大丈夫やったかなー。
きっとー。


⑥色彩のブルース

これ、
なんでずっと忘れてたんやろ。

藍染さんの記念すべき
2007年の第一実演に演って、
2011年のあびこが最後、
そこからずっと演ってなかったんだよな。

もしかしたら、
そのあびこの色彩でのヤラカシ、

歌詞を間違えて、
そこから気持ちを立て直すことができず、
実演自体がしんどいものになってしまったこと、

それがトラウマになってて、
レパリストの「色彩のブルース」の文字が
見えなくなってしまってたのかも・・

って
そない大袈裟な話ではないわな
ただ忘れてただけやわな。

いやそれでも、
いまだに忘れられへんヤラカシって
それくらいやもんな、

やっぱわりかしトラウマなのかもー。

でもそれから6年が経ちましたよ
立派な大人になりましたよ
もっかいちゃんと歌いたいわー

ってとこで、
リーダーに演りたいと言いました。

昔はいまほど
原曲をちゃんと聴こうぜって考えがなかって、

今回久しぶりに歌うに際し、
初心に戻って原曲を聴き直し、
昔のmiyanさんの歌唱と比べてみたわけですが、
「なんやわりかしちゃんと原曲聴けてたんやん」と。

この曲、
すごい好きやったんですわ、
すごい聴き込んだんや思いますわ、
自然に身体に入り込んでたんでしょな。

だからといって、
あの歌い手さんの気だるさだったり、
絶妙な語尾のカスレだったり、
そんなんまで取り込むことは難しい。

そやけどコレは、
もっかい練習積んで、
また近いうちに歌いたいですな。

藍染さんの色彩のブルース、
チーム藍染さんに人気やったもんね。

またそうなればいいなー。


⑦喝采

こんなこと言っちゃーなんですが・・
miyanさん的には結構飽きてきてる感じで・・
だって最近結構詰めて演ってへん??

そやけどリーダーは演りたいゆうし・・

まぁな、
飽きたとかゆうてたらあかんのよな、
何度も何度も演ってこそ
自分のものになってくるんやしな、

リーダーはコレ飽きたとか
よくゆうけどな、

ヒトはヒトやしな、
miyanさんは頑張ったらええわな、
喧嘩売ってるわけではないけどな。

お客様がおっしゃったに、
冒頭のリーダーのテクには、
皆様驚きの声を上げてらっしゃたと。

そやけどな
ギターもすごいかもやけどな

歌も
すごい難しいのを頑張って歌ってるんやしな
そこも見ておくれよな

ほんまにコレ!!
めっちゃ難しいんやからな!!

と、
いつかどこかで言いたいと思います。
言っちゃってるけど。


⑧太陽がくれた季節

リーダー、
「ジャカジャカ弾いてるだけでつまんない」とか思ってそうやけど、

喝采の後やし、
最後の曲やし、

ジャカジャカで
勢いがええ曲で
藍染さんもお客様も盛り上がったらええやない

と、
コレ演ろでーって
miyanさんが言いました。

だってさ、
フォークなんやから、
ジャカジャカでええんやんかー。

思った通り、
お客様みんな笑顔で
ノッてくださいましたよ。

リーダーのコーラスも、
盛り上がる大事な要素やしね。

「終わり良ければ全て良し」
ですな。

(良かったのか??)


1ステージ目、
終了しました!!

バタバタと撤収して、
お帰りになるお客様に
お礼をいっぱいゆわせてもろて。

吹田ジャズゴス唯一の昭和歌謡ユニットを楽しみに
ご来店くださったアベックさん・・
もうほんまビックリした・・。

「観させてもろた他のとこには要らんかなと思ってるんですけど
 藍染さんには是非お渡ししたいんです
 めっちゃ楽しかったので」

と・・
お手々に握り締めたお金を・・
お札も見えました・・

アカンアカンアカン!!
ウチそんなん戴けるような身分じゃないんです!!
困ります!!

リーダーと二人して
丁重に辞退させて頂きました。

でもいま思うと、
せっかくのお気持ちだったのだから、
気持ちよく戴いておくべきだったのかなと。

でも、
miyanさん、
お断りしながら、

その代わりと言っちゃーアレやけど
もし来年もウチが出ることがあれば
是非観に来てやってね
と。

ほんまさ、
お金を戴くよりも、
また観に来て頂く方が
ほんとにほんとに嬉しいの。

あんなお若いアベックさんの、
心もとないだろう
お財布の中のお金を戴くような・・

や、
そうやね、

いつかは、
そんなお金でも自信を持って受け取れるような
実力を持てたらいいなと思うよ。

なんとなくご来店くださったのか、
昭和歌謡を目当てにご来店くださったのか、
最後まで察することができなかった
三人組のお客様。

実演途中で出にくかっただけなのかなーとは思いつつも、
最後まで楽しげにご覧頂けて嬉しかったー。

そして、
事前に行きますよ宣言をくださってた
お友達のお二人さま。

今回・・
吹田のお祭りと別開催とゆうこともあり・・

「お客さんゼロやったらリハやな」
とかゆうてたくらい、
その辺がすごい不安やって・・

それが蓋を開けてみれば、
これだけのお客様のご来店。

ほんまに有難かったです!!


さーて、
藍染さんには次のステージもありますからね、
駅前のカレー屋さんでの2ステージ目。

a123547117_1109636422506230_2007895636_o.jpg
(お写真 by ゆっけちゃん)

トロトロと歩いてすぐ、
お店に到着すればブルースバンドさんの演奏中。

お客さんは
おじいちゃん一人。

あー・・
これ嫌な状況やなぁ・・と
三脚を組み立てながら店の外から見てると、
出演者さんに「中入ってー」と言われ、

「あーこれ悲鳴やな」と思い、
リーダーと店の中に入ることにしました。

miyanさんはなんとなく普通に
ビールを注文してしまいました。
本番前なのに。

リーダー、
ギターを渡され、
少し弾いて「できません」ゆうてすぐ返しやったけど、

それを見てたおじいちゃんは
「さすがすぐに弾けるんやなあ!!」ゆうて
感動したはった。

ブルースバンドさんが終わらはって、
藍染さんがセッティングを始めて・・

おじいちゃんも
別のブルースバンドさんを観に行かはったし・・

あーこれ
ほんまにリハする感じかなー
って思ってた時、

来てくれたよー
お友達アベックさんがー。

ほんま救われたよー
マジでありがとー。

こーゆうのさ、
ほんまはイベント自体の集客があってしかるべき
って考え方もあるやろけど、

まぁそれでもやっぱりさ、
ミュージシャンも努力せなあかん思うしさ。


藍染さんとお友達アベックさんのみの店内。

お友達アベックさんな、
miyanさんにとっては
大昔からの連れですわ。

そういえば男子の方とは
一緒にバンドしたこともあったやん、
いま思い出したけど。

そんな場やったので、
つい自然にユルユルの実演になろうとしてました。

そんなとこ嬉しいご来客、
お兄さんがお一人。

とってもノリの良いお兄さんでした。
藍染さん、
また救われました。


終始、
ええ意味で和やかーな実演だったと思います。

「楽しかったー」ってゆうてくれて、
「もう40分も経ったん??」ってゆうてくれて、
藍染さん嬉しかったよー。


あー・・
2ステージ終わったなぁ・・
疲れたなぁ・・
カレー食いたいなぁ・・

と、
次の出演者さんのステージを見ながら、

c23473156_1744403379194397_8288142277050321459_n.jpg
ナンとカレー!!

お友達アベックさんとノリのいいお兄さんと席を並べて、
疲れを癒しました。

長い一日が終わりました。
ええ一日でした。


※実演ダイジェストはリトゥム分で作成して
いつものとこでUPしてますのでー。
https://www.youtube.com/user/aizomenostalgie/

※戴いたお写真は色眼鏡にー。
http://aizome0706.blog98.fc2.com/blog-entry-571.html


翌日は例年通りに、
吹田へお手伝いに行きました。

23795731_1749193555382046_5650068799569303362_n.jpg

たった三時間のことやのに、
すごい感謝してもろて申し訳なかったです。

別にさ、
来年も誘ってもらいたいとか思って
参加してるわけではなくってさ。

miyanさん近いし、
「少しだけでもお礼させてもらわなな」って
そんなとこですよ。


藍染さんの実演を観に、
吹田ジャズゴスへお越しくださった皆さん、
誠にありがとうございました!!

ボランティアの時にいつも、
実行委員会の方が
「お客さんどうでした??」って聞かはるんですけど、

今年も
「たくさん来てくらはりました!!」って言えました。

藍染さんは勿論嬉しいけど、
実行委員会の方々もすごい喜んではるんですよ。

実演を楽しんでくださって、
ええノリをしてくださって、
ほんま嬉しかったです!!

お写真の送付、
動画撮影セッティングのお手伝いも嬉しかったです、
ありがとうございました!!


藍染さんはちょっとの間、
時の過ぎゆくままにダラリンとしておりますが、

来月からはキリキリ、
次の実演、
その次の実演に向けて
動いて参りますよ。


第七十九実演
2018年1月7日(日)
高槻 JK RUSH
詳細後日
※お友達主催イベントに参加させて頂きます。

第八十実演
藍染ノスタルジー主催
「明星ラプソディー vol.3」
2018年2月24日(土)
Open18時 Start18時半
南森町D45
Charge:1000円(ドリンク代別)
《出演》
和×和
藍染ノスタルジー
他1組


高槻ミュージシャン憧れのJKグループでの実演!!
翌月に控えるは藍染さん主催の明星3!!

来年のスケジュール帳に
要赤丸チェケラですよ。

夜露死苦ねー、
押忍!!



心優しい方々がご心配くださるmiyanさんの体調について。(4) | Home | 心優しい方々がご心配くださるmiyanさんの体調について。(3)

コメント

思い出して、ニタついてしまいました(笑)

>お手々に握り締めたお金を・・
>お札も見えました・・
>アカンアカンアカン!!
>ウチそんなん戴けるような身分じゃないんです!!

”そういえば、もう4年半も前、
まるっきり初めての土地にやってきて、居並ぶおっちゃんたちをまとめてメロメロにした挙句に、ビール奢ってもらってた人たちがいたなぁ・・”

そんなことを思い出して、笑ってしまいました。
お名前、忘れましたが(笑)


まあ・・  難しいところですが・・
お渡しする側の人間の一人としては、ありがたく受け取っておけば良かったのでは?と思います。

”すげー・・・”とか、”楽しかったなぁ・・”
と心から感じた時には、その気持ちを「何か形にしたい」気分になりますよね。
おそらく誰しも。

自分は、普段はケチ臭い人間ですが、
CDを販売されている方なら、買う(←インディーズCD、両手ではとても足りないぐらいの数、家の中にあります 笑)
そうでない方なら、次にお邪魔した時に、なんかちょっとした食べ物とか。

例によって、たった一人の体験ですが、
「チャージなし、投げ銭制」システムのライブで、少々気分悪くなった言葉と、その反対、嬉しくなった言葉を書いておきます。

△ 「ありがとうございます。このあとの打上げの足しになります。」
◎ 「ありがとうございます。今後の活動資金にさせて頂きます。」

後者の方が、発展的。
もし仮に、今回のお二人に今後二度と会うことがなかったとしても、受け取った気持ちを糧として、今後のステージに生かすことができるのなら、充分恩返しができてると思うんです。
後々、「お渡しして良かった」と、きっとどこかで喜んでくれるはず。

って、読み進めると、こことカブる記述がありますね(笑)

>miyanさん近いし、
>「少しだけでもお礼させてもらわなな」って
>そんなとこですよ。

これこそ、「気持ち」。

校歌・社歌・CMソングなどの一部例外を除き、歌の大半は、喜怒哀楽のどれか。
すなわち、「気持ち」。
miyanさんが歌に乗せて気持ちを伝えて、それを気持ちで返してくれるなんて、最高じゃないですか。

まあ・・
現金だったということで、お断りした「気持ち」もよくわかりますが(笑)


曲ごとの記述に関しても食い付きたいところを、ぐっとこらえて1点に絞ったつもりが、結局は長文になってしまいました(苦笑)
失礼しました。

2017/11/28 (Tue) 22:02 | 川崎 #8H6NTJFg | URL | 編集
懐かしなー

>川崎さん
メロメロにまでさせたかどうかはわかりませんけど、
喜んでもろたみたいで、
ビールも嬉しかったなー・・

あ、
ウチとちゃうんでしょうかw

ほんまねー
もろても良かったかなーとは考えるんですよー。

ただねー、
お相手がナイスミドルだったり、
セレブな奥様な感じだったら、
あんな必死に辞退してなかったかもで、

あんな二十歳ちょっと超えたくらいの
お若いアベックさんでしたからねー、
戴きにくいゆうのはどうしてもねー・・。

ってか!!
打ち上げ費用に使うだなんて
そんなんゆうミュージシャンいたんですか!?

実際そうやったとしても、
それゆうたらあきませんわー。

投げ銭ではなくチャージバックで戴いたお金だったとしても、
ウチは飲み食いには使いませんよー、
次の実演の参加費だったり、
ほんま活動資金として使わせてもろてます(´∀`)

感じ方ヒトそれぞれだとは思いますけど、
「ごはん代に使う」なら、
「腹いっぱい食えよ」って思えたりもするかもですがw

あのアベックさん、
ほんま来年も来てくらはったらいいなーと♪

ほんまお二人の「お気持ち」
嬉しかったですよー。

もし来年来てくらはったら
それこそ演奏で「気持ち」をお返ししようと思います♪

2017/12/01 (Fri) 23:29 | miyan #MS4DxwAY | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する